米国けんきゅうにっき ごあいさつ
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Blog_01_01_18_00.jpg


 新年あけましておめでとうございます。


 2005年から始めているこのブログもすでに13年目に突入ですね。途中でサボったりしているので、そこまで記事にしたら全体でのボリュームは多くはないのでしょうが、細く長く続けていきたいと思います。


 さて今年の抱負ですが、すでに過去3年くらいの新年のごあいさつと同様にマンネリ化しておりますが、まずはまだ世に出ていない3つの論文のパブリッシュです。そのうち1つのドラフトはミシガン大の元同僚が休み前に送ってきてくれたのですが、まだレヴューできてません。ただ良く書けているので、そんなに多くのF/Bはワタシからはないかなと思います。残り2つはワタシが主著者のヤツなのですが、どちらも元ボスに送ったまま音沙汰がないので、近いうちで新年のあいさつもかねて問い合わせてみようと思います。一方で現職の抱負ですが、これまでの管理業務ばかりでなく開発業務への進出ももっと見据えていかなけれればなりませんね。


 最後に私生活の野望(?)ですが、テネシーに長く住むことになりそうなので、家の購入資金を貯めていき、来年にはそこに住みたいです。それこそ野望ですがアメリカで人気のピックアップトラックを駐車できるような土地を確保しないと、それを買っても置く場所に困りますからね。ただエクスプローラーの代替になるようなクルマということだと、ピックアップトラックじゃなくてSUVなんじゃないのと自問自答中。まあまだ時間があるので、ほしい(買う)ときにどんなクルマが有るかで決めいようかなと。まだ2年くらいありそうだし...(昨年末に買ったCruzeのろーんもあるし)


 あたらためて、今年もよろしくお願い申し上げます。

スポンサーサイト

【2018/01/01 18:00】 | ごあいさつ
トラックバック(0) |
blog_2017_01_01_00.jpg



 新年あけましておめでとうございます。


 2014年の終わりに研究職から離れ、自動車業界で働き始めてからほぼ丸々2年が経ちました。その間に正社員への正式採用、そしてテネシー本社への転勤を経て、この業界にどっぷりと浸かりつつあります。また本社へ異動してから出張が多くなり、日本への弾丸出張も9月にありました(6年ぶりの一時帰国でしたが、時間の制限のため日本の友人・知人に声をかけらなくて申し訳ない)。今年の初めにはミシガンおよび再び日本への出張、もしかしたらメキシコへの出張もあるようです。


 とまあ、どうやら今の会社に必要とされているという実感を持てます。ただ本当に今更感もありますが、研究者としてのプライドも捨てたわけではありません。論文草稿を2報、前のボスたちに提出してレビュー中です。また同僚の書いているドラフトのF/Bやもう1報、今年中にドラフトを仕上げようと思っております。これらの活動が何かに結び付くかわかりませんが、何かしらの形で研究の世界にかかわっていきたいという気持ちは変わりません。


 今年は引っ越したばかりのテネシーで、いろいろな分野の人たちと交流を持ち、存在感を強めていきたいと思います。


 改めまして本年もよろしくお願い申し上げます。


blog_2017_01_01_01.jpg


FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2017/01/01 18:08】 | ごあいさつ
トラックバック(0) |
blog_2016_01_01_01.jpg



 新年あけましておめでとうございます。


 昨年は自分の専門分野の業種ではありませんが、正社員になることができました。とてもありがたいことです。ただここ米国では2,3年くらい勤続後、普通に転職していきます(実際に今の会社ではこの1年ちょいで半数くらいが入れ替わりました)。だから私自身も正社員という立ち位置で安泰だとは考えておりません。これからどのような道を歩んでいくか自問自答しております。この2016年が私と妻にとって意義ある年であることを願いながら。


 改めまして本年もよろしくお願い申し上げます。


blog_2016_01_01_00.jpg


FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2016/01/01 16:00】 | ごあいさつ
トラックバック(0) |
blog_0101_2014_00.jpg



 新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。


 大晦日のパーティでいただいたお餅と妻が作ってくれた年越しソバ・かきあげを使って新年のお雑煮を作りました。


 今年こそは躍進の年になりますように。



FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2015/01/01 22:12】 | ごあいさつ
トラックバック(0) |
blog_0101_2014_01.jpg



 新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。そして今年の抱負は昨年のご挨拶でも書いたように転職することです。


 昨年はいろいろとチャンスはあったのですが、結果的にオファを得るということには至りませんでした。ただ好材料として、ある会社に最終面接に呼ばれ、1時間のプレゼンとその会社の各部門の人たちとの面接は良い経験になったと思います。また後厄も含めて厄年が終わったことは精神的にも区切りがついて良い方向に向かうのではと思っております。


(自主規制...追記参照)



 ...なんだか昨年のことを振り返ると愚痴になってしまいました。新年の挨拶にはあんまりふさわしくないですね。まあ追記の方に備忘録として残しておきます。


 さて転職以外の今年の抱負ですが、また美味しいアメリカのビールを探し続けていきたいです。それにキャンプやハイキングなどのアウトドアアクティビティを楽しんでいきたいですね。あとこれは自分の性格によるのですが、休暇と仕事の気持ちの切り替えをしっかりできるようになりたいです。妻曰く、休暇の時も研究のこととか気にしているらしく、十分に羽を伸ばしきっていないということなので。まあ精神改革が必要なのでしょう。


 いろいろあると思いますがあたらためて、今年もよろしくお願い申し上げます。

 研究はあまり芳しくありません。少なくとも昨年のこのご挨拶を書いたときとほとんど変化していないことがそれを物語っております。私個人の感触としては、別に壁に当たっているとかそういうことではないのです。発現系やタンパク質精製法の確立、酵素速度論などの測定ですでに十分にデータはあるのですが、まあ上の采配ですね。少なくとも2013年の我々の研究室単体での投稿回数は1回のみ。そのデータ自体は私がこの研究室に参加した年にでているのですが...しかもリジェクトされたので、パブリケーションはゼロです。ボス自体はほかと共同研究しているということで、6報ほどのパブリケーションがありますので、グラントのディフェンスには支障がないのかもしれませんが、ポスドクとしての我々の立場ではそうも言ってられません。

 同僚ともその話によくなるのですが、少なくともこの研究室の方針はポスドクのためのトレーニングというスタンスではないです。毎週月曜日のレポートは良い経験にはなるとは思うわりに、ポスドクが書いた論文草稿をたたき台にして投稿論文を作成せず、その草稿を読んだ後に一から書き直しポスドクは投稿のプロセスから蚊帳の外となるという状態は非常に疑問を感じます。投稿直前のチェックも(タイポミスですら)訂正案を聞かないというのは、そのチェックの存在自体にも疑問だし、なによりもポスドクのやる気を大いに削いでくれます。


 一番の問題点はボスが人の話をあまり聞かないという点に尽きます。そのへんは昨年の時点からわかっていたので職を探し続けていたのですが...なかなか難しい現状です。


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2014/01/01 11:33】 | ごあいさつ
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。