米国けんきゅうにっき WHS
FC2ブログ
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
 今日、出社したら直属の上司からメールが来た。まだ日本に居り、七草(というかそこからさらに1週間)までこっちに戻ってこないのだが、初孫が生まれたらしい。御目出度い話である。

 まあ上司はおめでたくて良いのだが、会社の方は新年早々(というかクリスマス直前からだが...)いろいろと問題が発生している。業務進捗とか内容というよりもインフラ側の問題なのだが。

 さてウチはエンジニアリング業の会社なので、基幹ツールとして某D社のCADを使っている。このツールをウチの会社ではライセンスサーバーを立てて、そこから各ユーザーが適宜、クライアント端末にライセンスを取得する手法をとっている。

 このライセンスサーバーはこれまでスタンドアロンの状態で運用されていたのだが、この年末に3台のサーバーを相互リンクさせることで冗長化することにした。これによりどれか1台、サーバーが落ちてもライセンスの取得は可能になるという塩梅なのだが、この年末にネットワーク障害があり、3台のサーバーがすべて落ちてしまったため、基幹ツールが使えなくなる事態に陥ったわけである。

 さてこのライセンスサーバーの管理がワタシの主業務ではないのだが、ほかに誰も面倒をみないので、私がベンダーと協力してこの年末年始の間で復旧作業に取り掛かったわけである。それがこの年末年始の休み中に精神的に駆り出されたことに対する不満である。こーいうのは平社員ではなく、もっと責任のある人がやるべきことではないのかね?と思ったり。まあ前述の上司はこのサーバー構成とかを把握しているわけではないので、無理な相談なのだが...

 3台のライセンスサーバーのウチ、1台が完全稼働停止に陥っており、復旧に数日かかることを情報システム部から報告されており、仮サーバーを立ててクラスタを再構築・再稼働したのが昨日。そして本日、分かったのが、このCADシステムと協調して動いているデータベース(PDMという)がやはり稼働していないということ。もはやPDMの管理はワタシの権限ではどうしようもないので、お手上げである。

 ただ設計部門から来週中には早急にアクセス復旧が必要との要望を受けており、ちょっとアタマがいたいところだ。

 まあこんな背景のなか、ちょっと自宅のWHSの後継のこともあり、この2,3カ月の間、サーバーOSについて少し調べていた。今回、完全に沈黙したサーバーはこの11月に新規導入したWindows Server 2016をインストールしていたものだったのだが、当初はベンダーを通してサーバーライセンスをバンドル購入したのだ。そのあと紆余曲折があり、CAL(Client Access License)がアクセスユーザー分必要ということがマイクロソフトから通達され、新たな知見を得たわけである。

 システム管理者ならだれでも当然と思うかもしれないが、ライセンスサーバー運用ではダッソーとベンダーの見解ではCALは必要ないというものだったので、ユーザー分のCALは発注しなかったわけ。WHSやWindows Server 2008もそんなの必要なかったし、D社もライセンスサーバーへのライセンス取得は間接アクセスだからCALは不要という見解を示していたので、とんだ落とし穴である。

 話を自宅に戻すのだが、たかがNASの運用でわざわざWindows Server 2016/2019および2,3CALを購入するの?という話。WHS2011はすでにサポートサービスは終了しており、WSS (Windows Storage Server)は単体販売はなし。ではFreeNASのようにLinuxやBSDベースのフリーサーバーウェアをインストールするのかというのもあまり気が進まない。WindowsってなんだかんだいってLAN経由でのアクセスが速いんだよね。

 落ちはないんだが、自宅のNASとしてつかっているWHS2011のバックアップおよび後継をどうしようか。で、会社のネットワーク・サーバー障害を体験して、ますます危機感を感じているのである。


【2019/01/03 00:00】 | WHS
トラックバック(0) |
blog_0312_2014_00.jpg 今日はサンプルを回収しにあいせんた~まで行こうかと思っていたら、大雪である。風がビュンビュン吹いているのである。こんな中、実験の時間を割いて出かけるのは馬鹿を見そうだったので、先方に明日回収するとメールで伝えた。だってラボに来るのだって一苦労だったしぃ。

 
 さて先日触れた新生MediaSmart Server EX495なのだが、ついに搭載されている3台のハードディスクのうちの1台が壊れた。このサーバーを買ってから最初に増設したHDDだ。まあS.M.A.R.T.の情報から遅かれ早かれクラッシュすることは予想していたので、重要なデータは外付けのHDDにバックアップしてあるのだが。しかし、この壊れたHDD、Seagate製なのだが、最近のGigazineの記事でこのSeagateのHDDがテストした中で一番寿命が短いとかいう不吉なことが書かれていたので、まさにその通りとなったわけだな。記事によれば3年間で2割強のSeagate製HDDに不具合が生じたとか。ウチのHDDも約3年で壊れたので、この2割強のHDDに運悪く含まれることとなった。そもそもWHS2011にアップグレードした理由もこのHDDがおかしな挙動をしていたことが発端である。だから予定調和のウチなんだがね。


 さてさてWHS2011にアップグレードしたことでナニが変わったのかと言えば、特に何も変わっていない。しいて言えば、NASとしての性能がWHSよりも安定したか?まあ一番の理由がWHSがマイクロソフトのサポート切れになってしまって仕方なくWHS2011にアップグレードしたというところなので、そんなに変化を期待していたわけではないのだが。


blog_2014_0309_07.jpgblog_2014_0309_02.jpgblog_2014_0309_03.jpg
右上の赤丸のところにネットワーク内でのアラートが表示されているハードディスクの構成を見ることができるこちらはアドインで拡張したドライブ情報の表示、三月ウサギのドライブが今回おなくなりになりました
blog_2014_0309_06.jpgblog_2014_0309_01.jpgblog_2014_0309_05.jpg
ユーザー管理画面、ここでユーザーの権限をコントロールできる。もちろん遠隔地のユーザーにもリモートでアクセスできるようにすることができるネットワーク内のPCのバックアップ状況、この機能、ちょっと不安定これもアドインで各HDDのS.M.A.R.T.情報を表示できる



 一番大きく変わったのがこのコンソール画面だと思う。このコンソールはダッシュボードといってWHSのコネクターに対応するもの。基本的にWHSはクライアントにインストールされたコンソールアプリを使って制御する仕様なのである。旧WHSはXPというかWindows Server2003がベースだったが、WHS201で1はWIndows7とモジュールが共通らしく、Win7との親和性も高い。ああちなみにこのWHS2011は64bitのみだ。その一方でなぜかWindows8との相性は悪いらしい。ウチでは試してないからわからないけどね。ウチのWin8PCはACアダプタから異音がするということで使用を中止している。


 上でも触れてるけどクラアントPCの定期バックアップがちょっと不安定だ。ウチの場合、PrimaryPCがうまくバックアップされない。またそのクライアントのシステムトレイのアイコンもサインインしているはずなのにサインインしてないとかいって挙動不審である。


Blog_2014_0305_00.jpg


 外出先から自宅のWHSにアクセスできるリモートアクセスは健在。設定は以前よりも簡単になった。この機能、旧WHSよりも速くなったような気がする。


 まあ紹介にもならないことをダラダラと書いたのだが、WHS2011のもう一ついいところ。ファイルコピーの体感速度が旧WHSと較べて速くなった気がする。それとWHS自体のバックアップ機能がついたことだな。これは専任のHDDを用意しないといけないけれど、サーバーがクラッシュしたときに助かる機能だと思う。



FC2blog テーマ:周辺機器 - ジャンル:コンピュータ

【2014/03/12 12:48】 | WHS
トラックバック(0) |
blog_2014_0305_08.jpg ちょっと前に自宅のWHSの調子が悪いことに触れた。まあ2つ入っているHDDの内の1つが風前のともしびってやつだったのだ。そのため急遽、外付けのHDDを買ってきて、データを退避させたのがこのエントリである。


 データの退避をさせたあとしばらく時間がとれなかったのでWHSを放置していたのだが、やっと復旧することができた。そもそも復旧に時間がかかる理由なんだが、Windows Home Server(WHS)は昨年の1月にサポート終了となっていたらしい。さらに後継OSのWHS2011も昨年いっぱいで販売終了ということだった。まあセキュリティの懸念もあったので、この機会にWHSからWHS2011へのアップグレードを画策していたわけである。


 WHS2011自体は未だに通販等で購入できるが、ちょっと不安だったので昨年末にAmazonで購入したのだが、問題はそのあとである。ワタシのウチにあるWHSをインスコしてあるサーバーはHPのEX495という機種なのだが、WHS2011時代になりHPはサポートをやめてしまった。つまりこの機種のWHS2011へのアップグレードパスは提供されていないことになるわけだ。さらにこのEX495はVGA端子(映像出力)を持たない上に起動時にBIOSへのPOST画面にならないようにマザーボード上にジャンパーピンが抜かれているというユーザーによるメンテナンスを徹底的に除外している。まるで往年のAppleのようだ。


 しか~し、チップ自体は映像出力をサポートしており、マザボ上には映像出力を取り出せる端子がある。さらに有志によりネット上でその映像端子のアサインが解析・公開されており、自作して映像信号を取り出す人たちもいるらしい。秋葉の近くに住んでいれば映像出力ケーブルの自作もありえたんだけど、ここアメリカだとそーいうのってどこで手に入れるのよってちょっと思ってしまった(まあたぶん通販だろうな)。そーいうわけで、日本で自作してヤフオクを通じて販売している強者がいるので、義妹に頼んで買ってこっちに送ってもらった。


 まあそのケーブル製作・販売をしているヒトのホームページはちょっと個性的なんだが、そのウェブページからの印象とは裏腹に送られてきた品は非常に丁寧に作られていて好印象である。お値段は日本円で3000円くらいか。付属するEX490の図解も懇切丁寧だったので、自作PCとかに慣れていないヒトでもバラせるんじゃないかと思った。それでも分解するのが不安なヒトのために分解の簡単な工程を写真に撮ったので公開する。


blog_2014_0305_01.jpgblog_2014_0305_02.jpgblog_2014_0305_03.jpg
まずは上半分のHDDトレイを4つ全部はずす次に下半分のメッシュカバーをはずすのだが、これはたしか3つのビスで固定されている。特に左下のビスはドアの固定にも使われているので、これをはずすとドアもとれる左右の化粧板をはずす。コレは内側の四角い穴に固定されている爪を押し出すカンジではずす
blog_2014_0305_04.jpgblog_2014_0305_05.jpgblog_2014_0305_06.jpg
次に天蓋の化粧板をはずすが、これも左右の化粧板と同様の要領で。これらの操作は本体奥に見える緑色のドーターボードをはずすのが目的である天蓋をはずすとドーターボード上部にアクセスできるようになるので、3つの端子をはずすしゃしんを撮り忘れたけど、ドーターボードを水色のT型ロックを90度まわすと、ドーターボードを引き抜けるようになる



 本体下部(メッシュカバーの奥)には底から、電源、マザーボードと配置されている。そしてマザーボードの奥の方には垂直にドーターボードがささっており、このボードに4つのHDDがつながる仕組みである。だからマザーボードを本体から引き抜くにはこのドーターボードをまずは抜かなければならない。いろいろ端折っているが、流れは上の写真のようなカンジ。


Blog_2014_0305_09.jpgBlog_2014_0305_10.jpg
これがマザーボード。真ん中らへんの剣山みたいなヒートシンクの横の正方形状の黒いチップの右にあるベージュの端子から映像信号が出ているとのことマザボの上にあるケーブルが今回、ヤフオクで買ったもの。原価は2,3百円くらい?丁寧にマザボのチップレイアウトにあわせてケーブルに癖をつけてくれている



 簡単に解説してみたが、どうしても作業中に写真をとっているので、あとから説明する際に撮って置けばよかったと思われる写真がたくさんあるな。さらにこのマザボと取り外した際に、BIOS画面に入れるようにジャンパピンをショートさせなければならないんだが、このジャンパピンもケーブルとともに送られてきた。至れり尽くせりである。


 こんな感じでEX495の映像出力を出せるようになったので、WHS2011のインストールもカンタンになったわけである。なぜカンタンになったのかというと、デフォルトでは当然ながら内蔵HDDが起動ディスクになっており光学ドライブを起動ディスクとは認識しないのである。だからBIOSに入って起動デバイスシークエンスをいじらなければならない。このためだけに上記の作業が必要だったといってよい。中にはインストール用のパッチを作ってUSBメモリに入れ、そこからインストールする方法も紹介されているが、トラブルがあった場合に少なくとも個人的には対処が難しそうである。


 インストール自体は外付けの光学ドライブ(ワタシの場合はUSBの外付けドライブを使用)にWHS2011のインストールディスクを入れてダイアログに従うだけである。kただサーバーなので、イーサーネットにケーブルをつなげてネットワークアクセスが可能な状態にしておく必要がある。

 
 こんなところだろうか。WHS2011自体の使い心地はWHSとほぼ同じか、ちょっとレスポンスがいいかくらい。4年前のハードウェア構成でも動くんだからたいしたものである。



FC2blog テーマ:ハードウェア - ジャンル:コンピュータ

【2014/03/05 16:47】 | WHS
トラックバック(0) |
blog_01272014_01.jpg 4年ほど前に購入したWindows Home Server(WHS)の調子が悪くなってきた。特に増設したHDDがたまに認識しなくなるのだ。おそらくはHDDの寿命なのだろうということで、外付けのHDDを買いに雪の中、近くのBestBuyまで行ってきた。


 まあ年末のブラックフライデーセールとかクリスマスセールに買えばよかったんだけどね。その頃にはWHSに不吉な予兆が出てたからさ。まあまだいらんだろうと高をくくっていたわけですよ。でも経験上、HDDは突然壊れるからねぇ...ということで、今回は躊躇せずに購入である。Seagateの外付けドライブ、3TBで$109だった。


 最近のGigazineの記事でSeagateのHDDの平均エラー発生率が他の2社(日立とWestern Digital)に較べて高いということだったのだが、WDの外付けは$10高かったのと、日立のはベアドライブしか置いてなかったのでコレになった。東芝のも同じ値段であったんだが、ワランティの記述がなかったのでパス。


blog_01272014_02.jpgblog_01272014_03.jpgblog_01272014_04.jpg
箱の中身は本体、ACアダプタ、USB3.0対応ケーブルケーブルは汎用USB3.0端子オスAに対してもう片側は”醜い”と言われているマイクロBオス端子本体の下部には電源LEDと使用量の目安になるLEDが4つ
blog_01272014_09.jpgblog_01272014_06.jpg
本体裏は排気スリットにACアダプタ用の端子とUSBの端子本体上部は排気スリット、SeagateのHDDは結構発熱するから、その辺を気遣っての設計なのだろうか



 今の外付けHDDはほぼいずれもUSB3.0対応みたい。少なくとも売り場にはUSB3.0のものしか置いてなかった。USB2.0とは互換なので、今までの端子にさしても動くのだが、やはり大容量のファイルを転送するときはUSB2.0では心許ない。そういうわけで、この間増設したUSB3.0端子にこのHDDをさす。


blog_01272014_07.jpgblog_01272014_08.jpg
以前、増設したUSB3.0のフロントパネルにさしました自動的に認識しました



 ケーブルをつなげて電源を入れると自動認識。便利なものである。初期状態のHDD内部にはユーティリティアプリのインストーラが入っていた。まだインストールしてないし、使うかどうか不明だな。


 さてUSB3.0の速度だけど、まあまあ速いと体感できる。もうUSB2.0で大容量のデータを転送したときの時間なんて忘れちまったが、今回は平均で約30MB/sec出ているね。それでも理論値(5GBps、だいたい600MB/sec)の20分の1程度しか到達してないがな。これでWHSのデータ(約1.5TB)を転送したところ、ほぼ2日かかった。


P.S. よくよく考えたらWHSからこのHDDへの転送はネットワークを経由している。つまりWHSから外付けHDDがつながっているPCにはギガビットイーサーネット、そしてUSB3.0なので、ネットワークがボトルネックになるね。だから30MByte/secっていうのはネットワークの実効速度に対応するんだろう。実際のUSB3.0の速度はもっと速いと思われる。


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:周辺機器 - ジャンル:コンピュータ

【2014/01/27 10:02】 | WHS
トラックバック(0) |
 今日はMartin Luther Kingの誕生日ということで休日だったのだが、研究室でこの間、精製したシュードアズリンの分析を行う。久しぶりに実験らしい実験をしているので、リハビリも兼ねた作業のつもりだったのだが、こーいう立ち上がり時は大抵、失敗ってゆーかうまくいかないもの。今日、行ったBCAアッセイによるタンパク質濃度の同定値と紫外吸収強度から見積もられる値が一致しないというのも、そーいうことなんだろう。学生の時から思うんだが、実験って常にやってないと余裕でなまっちまうよね~♪

 さて昨年の終わり頃にWHSを購入してサーバー(もどき)を自宅に立ち上げたお話をしたと思う(このへん)。一応、サーバーなので連続運転が基本なのだが、ここ米国も電源の安定供給という観点では心許ないのである。そーいうわけで、それを解決する手段として無停電電源装置(UPS、Uninterrupted Power Supplyの略)を購入することにした。

WHS_UPS_01.jpgWHS_UPS_02.jpgWHS_UPS_03.jpg
CyberPowerのLCD CP850PFCLCDってやつLCDにはUPSの状態を表示できる、例えば内蔵バッテリーの充電状況とか
WHS_UPS_04.jpgWHS_UPS_05.jpgWHS_UPS_06.jpg
これは外部電源フルロード状態を示す(たぶん)内部電源が供給できる時間を表示米国なので電圧は120Vね

 選んだのはCyberPower社のPFC Adaptive Sinewave Intelligent LCD CP850PFCLCDという製品でバッテリー容量が850VA(510W)のものである。さてVAとWの違いについてはコチラを参考にしていただくとして、この機種を選んだ理由はずばりLCDが搭載されていてカッコイイから......ではなく、バッテリーによる電源供給時においても正弦波出力を維持するタイプということである。まああんまり心配する必要はないらしいが、PCの電源はATXと呼ばれるもので商用電源(交流)を内部で直流に変換しボードに出力している。だからUPSはバッテリー駆動時では出力を商用電源と同様の波形、すなわち正弦波にしなければならないんだが、安いUPSは正弦波の代わりに矩形波(正弦波が綺麗な曲線を描くのに対して、矩形波はデコボコの波形)で出力している。まあ短時間なら良いらしいのだが、特にPFC(力率改善回路、Power Factor Correction)を搭載しているATX電源に矩形波が入力されると負担が蓄積されるらしく、最悪、火を噴くんだそうだ(真偽は不明)。そういうわけで正弦波出力のヤツを探していたら、この機種に行き着いた。ちなみにUPSでは有名なAPCの機種を探してみたのだが、同じ価格帯で正弦波出力が見つからなかった。(実はBlack FridayでAPCのUPSが安かったので買ったのだが、これは予想通り矩形波出力の上、PCとインタラクティブ接続できないので、停電時に自動シャットダウンができないものだった_| ̄|○)

WHS_UPS_07.pngWHS_UPS_08.pngWHS_UPS_09.png
付属するユーティリティアプリの画面外部LCDからだけでなくUPSの情報を取得できるWHS上のデータ保護の為、自動シャットダウンも設定可能


 このUPSはUSB経由でWHSとつながっており、上の写真の様なユーティリティアプリでシステムのシャットダウンなどを自動制御できる。例えば、画面では内蔵バッテリーの電源供給時間が5分を切ったらWHSをシャットダウンするように設定してある。

 まあそんなわけでこいつらをつけっぱなしにして日本に行ってきたわけですよ。実際、その3週間の間、何事もなかった様子。(クリスマス頃にWHSに日本からアクセスしてみたが問題もなかった)あとは自宅インターネットの帯域がもっと速ければ言うことないんだけどねぇ(クライアントからのダウンロードがめちゃ遅い!!理由は自宅の回線のアップロードの帯域が低いから、ADSLの弱点だね)。


FC2blog テーマ:ハードウェア - ジャンル:コンピュータ

【2011/01/17 19:18】 | WHS
トラックバック(0) |


cooyou
わださま、コメントありがとうございます。ご質問ですが、メールで別途、お送りいたしますので、しばらくお待ちくださいませ。

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲