米国けんきゅうにっき コンピュータ
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今日はマーチンルーサーキングJrの日ということでウチの会社はお休み。正直、この日が休みだったことはこれまでの職場では無かったので、ちょう違和感アリまくりだが、前の職場(今日は働いている)の同僚とランチを取る約束をした。場所はA2で一番、韓国料理がウマい場所である。


 さて年末に自宅に2台あるデスクトップPCのアップグレードをした。タイトルにあるようにSSD(Solid State Drive)へのシステムドライブ換装である。

blog_01_19_2015_01.jpgblog_01_19_2015_02.jpg
今は東芝傘下のOCZ製のArc100というSSDとこれまたOCZからOEM供給されているAMD製のRadeon SSD R7



 2台のPCにということで240GBのSSDを2つ購入。OCZのARC100とAMDのRadeon SSD R7だ。どちらもSATAIII対応なので理論転送幅は600 MB/secだが、SSDそれぞれに性能が決まっているので実際はARC100で480/430 MB/sec (seq. read/write)、Radeonで550/530 MB/secだということだ。これがHDDと比較してどれだけ速いかといえば、一般的なHDDの転送速度が100~150 MB/secだそうなので、実質的に3,4倍ほど速いことになるね。


 とはいえあくまで理想的な環境で理想的な利用形態に限るので、そこまでの性能は期待できないのが実情だ。実際、ワタシのPCのマザーボードはSATA IIまでしか対応していないので理論転送幅は300 MB/sec。つまり今回、購入したSSDのピーク性能よりも狭いので、転送速度は頭打ちになるはずである。


 それでもだ、今回システムドライブをSSDに換装して正解であった。たぶん巷でも情報があふれているだろうが、Windows(ワタシの環境ではWindows7)の起動時間がきわめて速くなった。これなら今までハイバネーションでPCを落としていたかわりに、完全に落として使うときに起動するというのもアリかなと思うくらいである。またアプリケーションの起動速度も速くなった気がする。特にExcelとかPowerPointとか結構、大きなファイルを開いたときにも遅延を感じられないのはいいね!


blog_01_19_2015_03.jpgblog_01_19_2015_04.jpgblog_01_19_2015_05.jpg
Radeon SSDとApricornというメーカーのSATA拡張カードをつかってボトルネックである理論転送速度の底上げを試みた



 さてさて、上でだらだらと書いたようにウチのPCだとSATAIIしか対応していないので、Radeon SSDのように理論転送速度が600 MB/sec近くに達するSSDだと宝の持ち腐れってヤツだ。そーいうこともありPCIeスロットに挿せるSATA拡張カードを買って見た。Apricornのやつで400 MB/secの最大転送速度をウリにしている。これにRadeon SSDを装着してシステムドライブにできないかと試みたわけだ。


 結果からいえば、失敗した。最初はうまく動いている様に見えたんだが、2,3日で起動に失敗するようになり、しまいには動かなくなったのである。いろいろいじったんだが、SSDをマザボ側のSATA端子につなげた場合には問題ないので、SSDの問題ではいと考え、Apricornのサポートに連絡して交換プロセスを申請した。現在はマザボに直接つながるぶん、速度は遅いけど十分に安定しているので、個人的には満足している。とはいえRMAで戻ってくるハズの拡張カード、やはり試してみたいので、返ってきて時間があればまた装着してみるかも。そのときにはベンチでも取ってみるわ。


スポンサーサイト

FC2blog テーマ:自作パソコン - ジャンル:コンピュータ

【2015/01/19 10:58】 | コンピュータ
トラックバック(0) |
 先日、自宅にある2台の自作PCが立て続けにクラッシュした。そしてこのブログを改めて眺めてみると、ミシガンに来てからのPCの構成をアップデートしてないことに気づいたのである。そーいうわけでここでアップデートしておこう。


 ミシガンに来てから直ちに自宅のPCをアップグレードした。まず居間に置いてある娯楽用のPCはCPUに6コアをもつAMD Phenom II X6 1090T Black Edition、ビデオカードをRadeon HD 6850 1GB 256-Bit DDR5に変更してた。


居間PC
古い構成新しい構成
OSWindows XP Home (32bit)Windows 7 Professional (64bit)
CPUAMD Phenom II X2 555BEAMD Phenom II X6 1090T BE
クロック周波数 (GHz)3.2@3.74.0
メモリ (GB)DDR2-400 (6.0)
ビデオカードRadeon HD5670Radeon HD 6850
ビデオメモリ (GB)0.5 (128 bit)1.0 (256 bit)



 まとめてて気がついたんだが、メモリをアップグレードしてないな。まあマザーボード自体が2010年の初め頃に買ったヤツ(ASUS M4A785-M AMD 785G)を未だに使っているからね。すでに4年半も動いているんだから、十分に元は取れているんだろう。


 このPCは8月ごろのWindowsの定例アップデートでMSがポカやらかしちゃって、システムがグチャグチャになってしまったのだ。それでもこっちは復旧後も問題なく使えたのでよかった。


 問題はもう一方のほう。仕事用のPCだ。


仕事PC
古い構成新しい構成
OSWindows 7 Home (64bit)
CPUAMD Athlon64 X2 4200+AMD Phenom II X6 1045T
クロック周波数 (GHz)2.22.7
メモリ (GB)DDR-400 (4.0)DDR3-400 (8.0)
ビデオカードRadeon HD3870OCRadeon HD5670
ビデオメモリ (GB)1.0 (128 bit)0.5 (128 bit)



 こちらもミシガンにきてから、大改修している。そもそもマザーボードをBIOSTAR A880G+ AMD 880GっていうDDR3対応のヤツに交換している。またビデオカードを居間PCのお下がりということで、Radeon HD5670を差していたんだが、この間のWindowsのアップデートでビデオチップがやられたらしく、ビデオ出力できなくなった。ので、再びRadeon HD3870OCをカオスボックスから取り出してきて装着した。


 だが音がやたら大きいのである。しかもチップ温度がやたら高い。別に負荷のかかる仕事をしていないのにである。で、ビデオカードの放熱板を見るとだね...放熱板のファンからの風を受ける側が埃で詰まっているわけですよ。ちょっとテクスチャ的にも放送禁止てきなカンジ?急いでビデオカードから放熱板を取り出して水洗いした。


 さらにビデオカードだけじゃなくてマザーボードもやられたらしく、予備にもってたMSI 760GM-E51(FX) AMD 760Gをインストール。事実上、新しいPCになったのでWindowsのアクティベーションがオンラインで認証されず、電話するはめになった。


 まあそれ以来、仕事用PCは少しは静かになって安定したんだがね。それでも何か負荷がかかると雄叫びを上げるようにはなっている。そんな感じなので、そろそろビデオカードでも新調したいところである。ああ、そういえばこのWindowsアップデートで光学ドライブも道連れにされたことを思い出した。これもなんとかしないとな。居間PCのやつを仕事PCに移植して使っている状態なのだ。でもMacもそうなったが、光学ドライブってOSのインスコ以外で使う場面がほとんどないんだよね。


 また気が向いたらPCのアップグレードをしたいものである。



FC2blog テーマ:自作パソコン - ジャンル:コンピュータ

【2014/10/23 21:03】 | コンピュータ
トラックバック(0) |
blog_2014_10_09_00.jpg これまで通勤のときや歩いているときに使っていたBTヘッドフォンの右の枝が折れた。どうやらバックパックに無造作に入れていたときに無理な力がかかったらしい。第4世代のiPodのドック端子にBTアダプタをつけてこのBTヘッドフォンをペアリングして使っていたんだが、iPod側の電池消費量がとても早かった。まあiPod自体の設計がBTを使うことを前提でデザインされてないからね。とにかくこのヘッドフォンが壊れてからは優先のイヤフォンを使ってiPodで音楽を聴いていたわけである。


 さて最近、Google Musicに音楽をアップロードしてスマホかタブレットで聞くようにしたことを記事にした。そうなるとやはり有線のイヤフォンだとちょっと邪魔かなぁと思ってしまったので、BTイヤフォンを買うことにした。選んだのはJarv NMotionのBluetooth4.0対応のイヤフォンだ。


blog_2014_10_09_01.jpgblog_2014_10_09_02.jpgblog_2014_10_09_03.jpg
イヤフォンなので箱も小ぶりである同梱物はUSBケーブルや大中小のイヤフォンなどコントロール部分



 判断基準はまず軽いことと長時間装着しても痛くならないこと。特に前のBTヘッドフォンは耳介の上のほうにスタビライザがついていて歩行中に本体が落ちないようになっていたんだが、長時間装着しているとこのスタビライザが耳介を圧迫して痛くなってくるのである。だからスタビライザが無いかあっても取り外しができるやつを探した。


 またイヤフォン型にするかヘッドフォン型にするか悩んだ。後者だと大型になるがその分、電池容量を稼げるので再生時間が長くなる。だからイヤフォン型は長時間再生には向いていないとなる。まあ結果的には”かさばらない”チョイスにしたわけだが。


 今回は音質にはこだわらないことにした。だから値段があまり高くないヤツを探していた。それでも汎用性、つまり充電がマイクロUSBでできるヤツを探した。ミニジャックのやつでもっと安いのもあったんだけど、充電器を無くしたら使えなくなるからね。


 そんなわけでJarv NMotionのBluetooth4.0対応のイヤフォンである。リテールだと$70もするんだね。Amazonだと$29だ。



 今日、ちょっと散歩に出かけたときに使ってみた。そこで発見。ワタシのDroid4だと処理速度がすでに限界なのか、Moto360と併用すると音声が途切れまくる。その証拠にMoto360とDroid4のBTペアリングを切ると再生がスムーズになる。ただ不思議なのは自宅で机に向かってこのイヤフォンを使っているとき。Moto360とDroid4はペアリングしつつ、このBTイヤフォンもペアリングしてたんだが、楽曲はほぼスムーズに流れる。ちなみに再生中にはMoto360に楽曲名とジャケットが表示されるアプリをインスコしてある(このアプリは次の曲へスキップや一時停止などの基本操作もリモートでできる)。


 もう一つ実験してみたのが3つの機器をペアリングさせたまま、それぞれ離れた場所に置いた場合。Droid4を寝室に、Moto360を居間に、そしてBTイヤフォンを装着してキッチンで洗い物をしてみたらやはり音が途切れるようになった。歩いているときもそうだが負荷が高い場合、BT機器間の距離が変化すると途切れまくるみたいだ。試しにNexus7をそばに置いてBTイヤフォンを装着しつつキッチンで洗い物をしたら、曲の途切れはかなり軽減する。


 まあDroid4でスマートウォッチとイヤフォンをペアリングするというのがちょっと無茶なのかもね。最近の機種(たとえばMぽんのMotoX)でどうなるかは試していないのでわからないが。現実問題としてMoto360をペアリングしながらBTイヤフォンを使うというシーンはあまり意味がないだろう。メールやメッセがスマホに届くと再生中の楽曲の音量が自動で下がってBTイヤフォンにピロ~ン♪と着信音が鳴るからね。


FC2blog テーマ:スマートフォン・アプリ - ジャンル:携帯電話・PHS

【2014/10/09 16:05】 | コンピュータ
トラックバック(0) |
blog_2014_10_02_00.jpg もうずいぶん昔のことだ。修士論文を書くにあたりパソコンが必要になった。○工大の研究室ではAppleのMacintoshが主に使われていたので、自然と自分もMacがほしいと思っていた。当時、化学系の研究室でMacが使われていた理由はおそらくだがChem Drawというアプリケーションの存在が大きかったんだと思う。当時のWIndowsにはこれに匹敵する構造式作画ツールが無かったからね。ほかにもMicrosoftのWordはMac版じゃないと編集や絵の貼り付けが思ったようにできないとか、当時の指導教官たちは言っていたような気がする。ああ、あとPostScript対応のプリンタがMac対応のみとかもあるか。まあとにかくWindows(当時は3.1とか95/98)では代替にならないというのが周りのコンセンサスだった。


 そういうわけでワタシの最初のPCはPower Macintosh 6100という機種。これまでのMacに搭載されていたMotorolaのMC68K系CPUを搭載するMacからIBM・Motorola・Appleの3社共同開発されていたPowerPCシリーズを搭載する初めてのPower Macintoshの一つだった。ワタシのMacはAVシリーズということで映像出力用の拡張カードがデフォルトで刺さっており最高解像度が当時としては高い機種(1152x870だとか)だったそうだ。載っていたOSは漢字Talk7.0系で後にMacOS8までアップグレードした記憶がある。


 さて修論なんだが自宅ではこの6100の漢字Talk7上で走っていたMS Wordで書いていた(確か...)。ただこのOS、やたら不安定でしょっちゅう爆弾マークやらSadMacやらが出て苦労した記憶がある。研究室ではふる~いMacintosh SE/30というのを使って書いてたな。まあそれでも修論だったからね、なんとかだましだまし使って書き上げた。たしかその後、直ちに日本化学会の春季年会の準備もコレでやったな。


 その後、博士3年間もこのMacにお世話になった。ただ研究室の指導教官がMacオタクだったので、研究室内のMacがどんどんアップグレードしていき、自宅のこのMacの性能も陳腐化してしまった。そのあたりでPowerPC G3とかいう当時としては強力なCPUが登場し、ワタシの6100用のPowerPC G3搭載拡張カードも発売されたので、これを機にG3カードを搭載した(リンク先はワタシのものではないが、基本的に同じコトをした)。これでD論に臨んだわけである。まあいろいろあったがD論提出も終わり、公聴会も済み、そして最終試験も終わり晴れてDを取った。


 その後、最初に赴任したのが大分である。ここにはこの愛機のPower Macintosh 6100/G3を持っていき、これでデータ整理したり学会発表準備、論文作成をしてきた。大分には1年しか居なかったのでこのMacとは足かけ6年の付き合いであった。大分を辞して渡米するときにこの相棒は実家に置いてきたからね。それ以降、ワタシはWindowsユーザーとなったわけである。だから今のAppleのOSXについてはくわしく知らない。UNIXベースで作られたOSってくらいか?わかっているのは。まあ当時のMacOS系アプリをきれいさっぱり切り捨ててOSXにしたから、まったく未練がなかったんだよね。


 それがワタシのMacの思い出である。ではワタシの相棒のMacは今はどーなっているかといえば、東京の実家にある。しかも修士のときに研究室で使っていたSE/30も廃棄するとか言ってたので、もらってきて修理して一時期使っていた。メモリ増設したり、ネットワークカードを秋葉で見つけてきたりしたし、アナログボードが壊れたので半田ごて握って修理したり、さらにはMacOSのアップグレードパスからも見放されてたので、NetBSDっていうUNIX互換OSをインストールしてファイルサーバーにしたりしてた(ここでネットワークの知識やUNIXコマンドなんかも覚えたな)。それもまだあるはずだ。


 ワタシのコンピューターリテラシーを育んでくれた機体たちである。



FC2blog テーマ:Mac - ジャンル:コンピュータ

【2014/10/02 19:40】 | コンピュータ
トラックバック(0) |
 最近はブログに書くようなネタが尽きている。週末も基本的にはコーヒーを近くのスタバでゲットして妻の買い物に付き合い、今朝は洗濯をした。まあ日常的な生活である。


 ところで最近、iPod Classicの販売が終了したと聞いた。ワタシは通勤時のバスの中ではiPodを使って音楽を聴くのが習慣だったんだが、そのiPodは第4世代のやつで2005年にデラウェアからモンタナに引っ越したときに買ったものである。それをいろいろ改造したのがこのエントリ。その後、再びHDDに戻して通勤時やドライブの時に愛用している。そんな愛用のiPodの後継機であるiPod Classicがついに販売終了したということでカードのポイントで買おうかと思っていた。というのはたぶんだがAppleはiPod Classicのラインを終わらせてiPod TouchもといiOS系マシンに統一したいんだろうね(最近、iPod用のDockコネクタも廃止されたし)。個人的には大容量型のiPodとiOS系iPod(つまりiPod Touch)は棲み分けられると思っていたのでこの決定は残念である。特にワタシは古いiPodのOS搭載機でbluetooth対応機が出ることを期待してたんだがね。


 そーいうわけでPCで使っている音楽プレイヤーもiTunesじゃなくて良くないんじゃいかと思ってきた。iTunesは度重なるアップデートで劇重になるわ何度かのアップデートで音楽ファイルがふっとんだり文字化けしたりして、あまり良い印象がない。iPodを使わないんならいらないなぁと思い始めたわけだ。そしてふと手元のスマホ(Androidケータイ)を見るとさ、Google Musicっていうのがあるじゃない?たまにGoogle Playからのお知らせで無料の音楽ファイルが放出されるので、Google Musicのアカウント内にはいくつかの音楽が入っているだけ。でもなんだかiTunesのライブラリをエクスポートできると書かれているのですよ。個人的にクラウドに依存しすぎるのはちょっと心地よくないんで躊躇してたんだが、グーグル先生にだまされたつもりでiTunesのライブラリをエクスポートしたのである。


 結果から言えば、すばらしい。便利である。最大2万曲をGoogle Musicのサーバーにアップロードできるそうで、どれくらいのサイズをアップしていいのかわからんのだがとりあえずワタシの手持ちの1万3千曲はアップされつつあるようだ。されつつと書いたのは、未だにアップロード中だから。どうやら320kpbsのmp3ファイルにコンバートしてアップロードしているらしい。それでもエクスポートされた音楽ファイルは適宜、Google Music上で再生できるようになる。そしてここがミソなんだが、Google Music上ということは基本的にGoogle Musicにアクセスできるデバイスがあればどれでもアップした音楽ファイルを再生できるというわけだ。たとえばスマホとかタブレットとかもね。ちなみに再生時はいわゆるストリーミングになるので、回線が確保されていないといけないんだが、スマホならモバイル回線を使うので事実上、米国のどこにいても音楽をたのしめるというわけだ。またiTunesでの履歴(再生回数やレーティング)などもエクスポートされているし、ジャケットもかなりの精度で自動的にクラウド上でコレクションしてくれているようだ。


 上でも書いたがワタシはもともとクラウドをつかった音楽ストリーミングにはあまり手放しで喜んで利用しようとは思っていなかった。だから大容量のiPodにローカルで保存された音楽ファイルを再生するのが性に合っていたんだが、唯一の不満としてイヤフォンのケーブルの煩わしさがイヤだった。というわけでBTのヘッドフォンを使うことになるんだが、今度はiPod側にもBTのサードパーティー製アダプタをつけないといけない。そしてこのBTアダプタをつけると電池の持ちが悪くなりというジレンマに陥るわけだ。だからBTをビルトインしたiPod(ビルトインBTなら省電力化も考慮されるだろう?)の登場を待ち焦がれてたんだけどね、残念ながらiPod touch系でしかBT搭載機は出なかったんだ。


 そこへ手持ちのスマホへ手持ちの音楽ファイルを(ストリーミングだが)聴くことができる。さらにスマホにはBTがビルトインされているので、BTヘッドフォンと組み合わせて非常に快適なリスニングを楽しめるというわである。場合によっては自宅の各部屋(キッチンとかバスルーム)にBTスピーカーを置いておき、スマホなりタブレットなりでBTスピーカーに音楽をストリーミングして楽しむこともできるわけだ。もうローカルファイルに煩わされることがないので、どこにいようと自分のすきなプレイリスト(ライブラリ)を楽しむことができる。


 ほかのユーザーはどう思っているかしらないが、少なくともワタシはGoogle Musicで今現在、十分満足している。最初はBTの有無がきっかけだった音楽プレイヤーの移行。Appleに期待して待っていたんだが、残念ながらAppleはワタシのニーズと異なる方向へ舵を切ったんだろうな。ちょっと残念である。



FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2014/09/29 21:45】 | コンピュータ
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。