米国けんきゅうにっき 2008年07月
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 あー、2ちゃんねるのニュー速プラス板で母校ネタのスレッドがたっていた。

光だけで動く世界初のモーター開発 東工大資源化学研究所
2008.7.19 17:03

光でモーターが動く様子。数字は左上の画像から何秒後かを示す。大きな車輪に可視光、小さな車輪に紫外線を当てると、プラスチックのベルトが伸縮して回転する(池田富樹東京工業大教授提供) 光を当てるとプラスチックのベルトが伸縮して車輪を回す。そんな世界初のモーターを東京工業大資源化学研究所(横浜市)の池田富樹教授(高分子化学)と山田宗紀研究員らが開発した。ドイツ化学会誌に発表した。光のエネルギーを電気に変えて利用する太陽電池とは違い、光を動力に直接変えるため、太陽エネルギーを効率よく利用する未来の動力源として期待できそうだ。


 池田研かぁ......あそこはいつもいつも光、光、光!!って言ってたなぁ......

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2008/07/19 11:24】 | 時事の話題
トラックバック(0) |
 さて前回のエントリでもふれたように、クルマのカーゴルームがとってもくさいのである。ヒトによっては気にならないとゆーのだが、ワタシは気になる。そーいうわけで春先から悪戦苦闘していた。

 その前にまずアメリカの洗剤の話をしよう。基本的に無臭のものは皆無だ。何らかの香り付きなのだが、どいつもこいつも強烈な芳香を放つ。

2008_0716_MT0003.jpg
2008_0716_MT0008.jpg
2008_0716_MT0011.jpg
台所汎用洗剤だその姉妹品、風呂場用抗菌スプレーだね
2008_0716_MT0007.jpg
2008_0716_MT0004.jpg
2008_0716_MT0005.jpg
皿洗い用洗剤食器洗い器用パイプクリーナー


 そんななかでも比較的ましなのがgreen appleの香り。だからなにげに統一している。

2008_0716_MT0006.jpg
2008_0716_MT0009.jpg
2008_0716_MT0010.jpg
ガラス磨き、これはアンモニアなしカビ取りスプレーナゼか染み抜き、stain remover
2008_0716_MT0012.jpg
2008_0716_MT0013.jpg

ファーブリーズ今回の目玉!


 一人暮らしの独身男性にしては妙にたくさんの洗剤をもっていると思う。まあこれも試行錯誤の末だ。特にガラス磨きは2種類も持っていたのだが、片方はアンモニア配合で超臭いのだ。こんなの室内で使えるか~ということでポーチに放置。ファーブリーズなんかも逆に芳香がきつすぐる。まあいろいろと試したワケよ。

 さて話をもどそう。こんなカーペットに染みついた酵母のニオイなんてどーやってとるよ?と思っていたのだが、まずは科学者らしく生き残っている酵母どもを殺そうと思い、消毒用アルコールを買い求めに町に出かけた。するとエチルアルコールではなく、イソプロパノールが大量においてあるのだ。こんなの消毒に使ってダイジョーブなの?と思いつつ購入。こいつをカーゴルームにばらまいて日干しにする。そのあと(引っ越しでどこかにやってしまったのだが)カーペットにこびりついた汚れを取るとかゆー洗剤でごしごし磨いてみるも、ニオイはとれず。そこで上記の目玉にであったのだ!

 これは粉末洗剤で汚れているカーペットにふりかけてしばらく放置。そのあと掃除機で吸い取るとゆーカンタンなもの。でも、こいつで少なくとも酵母のニオイはしなくなった。まあまだ油断はキンモツだが......

FC2blog テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

【2008/07/16 20:36】 | 生活
トラックバック(0) |

まあ笑い事デス
cooyou
なぜか部屋にたくさんある洗剤。こんなに買ってどーするんだというカンジです......

洗剤に詳しくなったなあ
ronpon
KOYUが車で酒を作ったらしい、と噂をたてようと思った。
きっとそのにおいは笑い事ではないのだろうと思いつつ、
笑ってしまいました。すいません。

コメントを閉じる▲
 モンタナにきてからすでに3年半。東海岸からBozemanまでやってきてその日にクルマのバッテリーを交換した。だからそろそろ替え時かと思っていたのだが......この間のKalispell遠征時にFlathead Lakeの南にある町、Polsonでダウンタウンをノロノロと走っているときに突然ストールした。


 ワタシは日本でのMiniの経験もあり高速巡航時以外ではエアコンをつけない習慣があるのだが、Polsonに入ったとたんに信号につかまりまくったのだ。そしてついうっかりエアコンをつけっぱなしにしていた。Miniと違って今、乗っているクルマはアメリカ車。日本ではまず乗ることがないだろう3.5Lのフルサイズサルーンだ。だから当然、積んでいるバッテリも大容量......だと思ったのだが、さすがに3年超モノでは負荷が高すぎたよーだ。そーいうわけで土曜日にWal☆Martで新しいバッテリを購入して自分で付け替え、そして古いほうを店に戻した。(モンタナでは新品バッテリを買うと$9のリサイクルフィーがチャージされる。もちろん古い方を店に戻せばリファンドされるが)


 ついでにトランクルームを掃除した。じつわ、去年の夏にキャンプに行った際に、カーゴルームに米をばらまいたのだ。その後、常備してあるクーラント(主にエチレングリコール)がうまい具合にブレンドされ酵母の助けにより発酵したらしい。そこはかとなく車内で酵母の香りがしていた。カーゴルームのカーペット内にまでにおいがしみこんでしまったため、それをのぞくのに多大な努力が要求された......orz

まあその話は次エントリでね。

FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2008/07/15 22:05】 | クルマ
トラックバック(0) |
 先週はまるまる学会でBozemanを空けていたわけであるのだが、学会期間中は開催者のよるBBQやらバンケット、ランチもでてくると至れり尽くせり。なので元ボスとディナーとか行こうと言っていたのだが、お流れになってしまった。代わりに日本からの参加者とともにMissoulaのブルワリやレストランに行って来た。ワタシ自身はあんまりMissoulaのことはよく知らないのだけどね。

 さて今回のエントリは久しぶりにブルワリだね!Missoulaでは2つのブルワリを回ったのだが、いずれもすでに過去にココで紹介している。そして今回の学会の前にmixiでKalispell在住のマイミクさんに連絡をあらかじめ取っていたのだ。そう学会後にワタシがMissoulaからKalispellまで行くので一緒に飲みましょうという。

 Kalispellはモンタナ州の中でもっとも北にある大きな街だ。Missoulaからはクルマで2時間半。まあ大した距離ではない。Missoulaから北上するとFlathead Lakeという大きな湖の畔を走り続けることになる。当然、この湖はモンタナ州のリゾートだ。またKalispell自体もGlacier国立公園のそばにあるため、公園観光の玄関となる。故に夏場のモーテルの相場はべらぼうだ($100~200)。そーいうわけで、モーテルに一人で泊まるとゆーもったいないことは躊躇していた。マイミクさんの軒先を借りられないか訪ねるも、旦那さん方の家族がちょうど泊まりにくるとゆーことでムリ。そんなわけでBozemanをでるときにテントと寝袋を持参したのである。まあブルワリでビール飲むんだからね。そのあとBozemanまで運転するワケににはいかんでしょ?

 さてさてブルワリである。じつわワタシはKalispellまで行かなかった。実際に合流したのはLakesideという小さな町。ここにTamarack Brewing Companyというブルワリがあるのだっ!!

2008_0711_Kallispell_00.jpg
2008_0711_Kallispell_01.jpg
全景入り口の様子

 ちょっとおしゃれな感じだよね~?(田舎に似つかわしくない?)このブルワリ、ちょっと茂みにかくれていて見つけだすのに苦労した。Lakesideとゆー町はかな~り小さいにもかかわらずだ!結局、マイミクさんに連絡して指南を受けることに......orz

2008_0711_Kallispell_02.jpg
2008_0711_Kallispell_03.jpg
Dock Days Hefeweizen
2008_0711_Kallispell_04.jpg
2008_0711_Kallispell_06.jpg
Switchback StoutとBear Bottom Blonde Kolsch AleYard Sale Ale

 今回、ガッカリしたこと。IPAが品切れだったのだ~まあ気を取り直してウェイトレスのオススメをチョイスする。Dock Days Hefeweizenだ。左は最初にオーダーしたやつ。右は後から。同じものなのにこんなにも見た目が違うでしょ。とーぜんツッコミを入れたら、ちょうど樽を換えたんだとか。で新しい樽からでるこのHefeweizenはこうなるのだそーな。その日に知り合ったビール好きのアメリカ人とともに唸っていた。

 ほかにもクリーミィなSwitchback StoutやKölschスタイルのエール。よりどりみどりだ。特に今回はその辺でキャンプするつもりだったのでガバガバ飲む飲む。マジで幸せなひとときであった。

 あっ、最後に集合写真......なんだか犯罪者集団みたいだな......il||li _| ̄|○ il||li

2008_0711_Kallispell_05.jpg


FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2008/07/14 20:14】 | ブルワリ
トラックバック(0) |
 米国でもそうだが日本でもとうとうiPhoneが発売されたようだ。大変な大騒ぎになっているとか......

買えた?:iPhoneは感動を与える製品だ――iPhone 3G、アキバで完売
iPhoneを並んで買うまでの16時間
ソフトバンク孫社長、iPhone 3Gに並んだ800人の前に姿を現す
iPhone 3Gの発売待ち行列、前日夕方の原宿に200人
iPhone狂想曲 みんな並んだ?
米国でも「iPhone 3G」発売開始 - アクティベーション停滞で大混乱


 ......まああえて多くのコメントは避けたいと思う。確かにこれまでiPhoneやiPod touchを使ったことがないという人たちならば今回のSoft Bankから販売されるiPhone 3Gは魅力的だと思う。実際、あとで説明するがFirmware2.0にアップグレードしたiPod touchのアプリ群はとっても興味をそそるし、このOS上でのエコシステムがおそらく構築されていくであろう予感がある。のだが上記の狂乱が起こるようなくらいにいままでケータイとか持っていなかったヒトとかiPhoneがないと仕事にならないヒトとかがそんなにいるのかね(^^;) とくに16時間並んだっ!とか書かれていると他人事ながら翌日の仕事とかダイジョーブなのかって思ってしまうよ......

 さてワタシはiPod touchユーザーでケータイも持っているので今のところiPhoneにはあまり興味を示していない。それよりも今回のFirmware2.0へのアップグレードパスの方が遙かに楽しみであった。今回は前エントリでも書いた様に学会で町を離れており、ほぼ1週間ネットにアクセスできなかったので、帰ってみればちょうどFW2.0が利用可能になるかどーかというタイミングであった。以前にもふれたがワタシのiPod touchは1月の有償ソフトウェアアップグレードをしていた。個人的にはメールとか天気のアプリはとっても気に入っていたのだが、XPの再インストールの際にうっかりiPodをつなげっぱなしにしていたため、iPod内のデータ類もすべてダメージを受けた。工場出荷状態にリカバリしてもメール類のアプリはリカバリされなかったので、Appleに問い合わせたところ1月の有償アップグレード分の代金が返ってきた。(その時点で1月アプリの配布を停止していたため)そういったわけでFW2.0はちょっと心待ちにしていたのである。

 某掲示板の過去ログやら上記の引用記事にもちょっとふれられているのだがこのFW2.0へのアップグレード、かなり混乱があったよーだ。アナウンスされた金曜日の時点ではiTunes経由でのアップグレードはうけつけず、こっちでは土曜日の朝になって可能となった。ファイルサイズは200MBを超える大きなもの。このアップグレードには1月のアプリ類も入っており、さらにサードパーティ製アプリを利用可能にするツールも導入されていた。

Home01_20080713.png
Home02_20080713.png
AppStore_20080713.png
ホーム画面ねホーム画面2AppStoreに入ったところ

 当然、アプリが増えればホームの1画面では収まらなくなる。この場合は指を画面でスライドさせる(フリック)と隣のホーム画面2へ。JailBreak時にはスクリーンショットを撮る方法があったのだが、今回のFW2.0ではないものかとネットで探してみると......ありました!JailBreakのときよりもはるかにカンタン。Homeボタンを押しながら(touchでは)左上のsleepボタンを押すだけ。画面が一瞬、真っ白になってスクリーンショットが撮られる。そしてこれは写真アプリで閲覧可能。(ファイル形式はpng、だからここのスクショもpng)

 サードパーティアプリはiTunesStoreアプリ同様、AppStoreアプリ経由でiPod上でダウンand/or購入できる。(ただしiTunesStoreのアカウントと無線LANによる接続の確保が必要)今回、特にカンドーしたのがRemoteアプリ。いままでiTunesで音楽を聴く場合、たいていPCの前にいるとかだったのだが、このアプリを使えばPC上のiTunesを遠隔操作できるよーになる。これで部屋のカウチやベッドの上で寝そべりながら、自在にスキップやら音量調節ができるよーになるのだ。しかもiPodの画面上には(登録してあれば)現在、演奏されている楽曲のアートワークが表示される。ちなみにSafariはAdobe Flash未対応だ。というのはFlashはそれなりのマシンリソースを消費するためらしい。

Photo_20080713.png
remote_20080713.png
Safari_20080713.png
スクショはこちらへRemoteSafari

 ほかに便利なアプリとゆーかダウンロードしたユーティリティはSNS系のfacebook、myspace、旅行などでしばしば使う飛行機のチケットやホテルの予約などの検索エンジン、Travelocity、ご存じeBayに送金でよく用いられるPayPal、大気の状態を詳細に教えてくれるWeatherBug、PDB(Protein Data Bank)ファイルなんかも読み込めるMolecule、Dance Dance Revolutionのパクリ、TapTapRevengeである。これらはすべて無料のアプリだ。

facebook_20080713.png
myspace_20080713.png
travelocity_20080713.png
ebay_20080713.png
facebookmyspaceTravelocityeBay
paypal_20080713.png
WeatherBug_20080713.png
molecule_20080713.png
ttr_20080713.png
paypalWeatherBugMoleculeTapTapRevenge

 さて有償アプリに関しては基本的にゲームが多い。個人的にゲームを離れて久しいのだが、ちょっといくつか購入してみた。昔懐かしいColumnsとボンバーマン、そしてアメリカンなレースゲームのCro-Mag Rallyというやつ。

columns_20080713.png
bomberman_20080713.png
Cro-Mag Rally02_20080713
ColumnsBombermanCro-Mag Rally

 とくに秀逸なのはCro-Magの操作方法。touchの重力センサを利用して傾きでステアリング操作、アクセルなどは画面左にあるスロットルを指でスライドさせる。たぶんほかにいくつかあるレースゲームもそんな感じだろう。コラムスはちょっとレスポンスがわるいかな?ボンバーマンは久しぶりにやって自爆した(^^;)

 まあまだまだゲームとかが多いけど、いろいろとおもしろいアプリも出始めている。このエコシステムは将来、もしかしたらWindowsの草の根アプリみたいに盛んになるのでは?と思ってしまう。特に上の狂乱をみているとiPhone/iPod touchはかなり普及しそうだし。touchの現状の問題はなかなか無線LANのホットスポットが見つからないこと。まあこれは田舎だからということもあるのだが、今回、Missoulaに行った時も少なくともフリーのスポットはいっさい、見つけられなかった。(この辺はiPhoneには有利だ......)

 まあそーいうわけで、今回のFW2.0へのアップグレード、かなりの満足度。mixiではJailBreakの話題とかでているけど、個人的にはこれで十分だ。(まあSNEなどのエミュレータをやりたいというのなら、JailBreakを選ぶしかないだろーけど、だってAppleが許さないだろうし)

FC2blog テーマ:iPod - ジャンル:コンピュータ

【2008/07/13 07:50】 | ケータイ
トラックバック(0) |
ISBOMC08_01.jpg モンタナ州Missoulaで開かれていた生物有機金属化学の国際学会に参加してきた。Missoulaはココ、Bozemanからクルマで約3時間、だいたい300マイルほど離れた場所にある。日本だと東京ー大阪間くらい?(もう地理感覚が狂っております......)さてそのヘンテコな名前の学会なのだが、デラウェア時代のボスが招待講演でしゃべるとゆーことで、再会のためも含めて参加することに決めたのであった。しか~し、フタを開けてみればかな~りヤヴァイ学会だった。参加しておられた日本人の方のお話とか、ウチの大学から参加している教授陣からとかなどなど。個人的には、「もうでねーよ」ってゆーのが正直な感想だ。国際学会とゆーからにはちゃんと査読審査してるんだろーな?ってゆー発表が結構あったのが個人的な印象。まあワタシも別に有機金属屋じゃないので、あんまりとやかく言うべきではなのだけれどもね......まあこじんまりした学会ではあったので、参加者とはそれなりに仲良くなれると思うので、関係者の方はその辺も考慮されると良いだろう。(次回、ドイツのどこかでやるらしいが、もし参加に興味があるならね)とゆーのはBozemanに帰ってきて久しぶりにネットに接続するとFacebookからメッセージが届いているのよ。(ワタシはFacebookにもアカウントを開いている)で、このISBOMCで参加したとゆーことからフレンドリクエストとISBOMCグループへの参加を依頼してきたのだ。まあFacebookなんてやっているのは学生だろーけど、おもしろそうなので承認した。再会できる可能性はほぼ皆無だがな。

ISBOMC08_02.jpg
ISBOMC08_03.jpg
ISBOMC08_04.jpg
学会の会場はココこの上ね最終日の会場

 うん、会場であるUniversity of Montanaはとってもキレいなキャンパスなんだわさ。たぶんBozemanのMontana State Universityよりきれいなんじゃないかな?Missoulaもヤッピーの街とかいわれているからさ、それなりに自由そうなふいんき(なぜか変換できない)なんだわさ......でもワタシの野生のカンとゆーかインスピレーションでそこはかとなくココわヤヴァイぞヤヴァイぞ......とぞわざわくるのよね。まあ水があわないんだろーね。同僚のDに対するワタシの印象もサイアクだし......(DはUMで学位を取っている)

 3日目くらいかな?大学の裏手にあるMトレイルの横で山火事が発生したのだよ。もうそれはそれは見事にね。で、もうMの近くまで燃え広がっていたんだよ。ちょうど夕食につきあっていただいた日本人の方々はちょっとびっくり興奮していたけど。ワタシはてっきり自然発火だと思っていたのだが、あとでDのUMにいる友達から聞いたら、その友達の隣人の子供がマッチで遊んでいて引火したとか......もしそれが事実なら、いったいどんなペナルティがあるんだろうとゾッとしてしまった......(その後、3日間ほど消防ヘリがガンガン飛んでいて、消化弾を投下していたのだよ)

ISBOMC08_05.jpg
ISBOMC08_06.jpg
もうMにとどきそう......まだ煙でてます

 まあ、なにわともあれ疲れた学会だった。まあ元ボスに再会できたりとかこの間のエントリでふれた有機水銀の著者も招待講演でしゃべっていたので、ちょっとだけこの間の抄録で疑問にあったこととか聞いたりとかできたので良い機会ではあったのだけどもね。

FC2blog テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

【2008/07/12 18:51】 | 研究
トラックバック(0) |
XP_desktop06222008.jpg ココに引っ越しをする前あたりに常用していたWindowsXP機が急に不安定になった。しかも合同研究経過報告直前だったためかなり焦ったのであった。そしてだましだまし使いつつ、さらに問題を特定した。メモリである。Vista機を立ち上げる際に、Vista機のベースとなったPC(Win2Kがインストールされていた)のメモリをXP機に載せ換えたのである。そのメモリ、オーバークロックを謳うDDR400のやつだったが、ワタシの環境ではオーバークロックどころかろくに安定しなかった。(MEMTestは実行したがエラーは検出されず)まあ自作PCにはこんなふうに相性問題なんかもあるとゆーことだ。

 引っ越しも一段落ついて新しいアパートでの生活も軌道に乗り始めたので、このXP機を本格的に手入れすることにした。というのは上記の様にメモリの相性問題を特定するまでXPを入れ直したりしたため、Cドライブのディレクトリがぐちゃぐちゃになっていてもうワケがわからなくなっていたのである。またどのファイルを消してよいのかとかがわからなくなったので、新たにHDDを増設することにした。(この結果、Cドライブに500GB、Dに160GBそしてEに200GBという構成となりトータルで860GBとなった。1TBに届かなかったのが口惜しい......orz)

 左の写真が今回、再インストールしたXPのデスクトップだ。基本的にVistaも併用しているのでVista風のデスクトップテーマにカスタマイズした。だからVistaのガジェットを使えるSidebarツールもあるしToolbarも透過処理(フリーウェア、WindowTPをスタートアップ時に起動)を実現、Vistaの目玉になっていたFlip3D(実際は使いにくいのだが......)を再現するWinFlipも常駐させてある。さらにシステムフォントはVistaから採用されている日本語フォント、メイリオにしてあり、まあ気分的にはVistaっぽくなったのだが、さすがにこれだけのユーティリティが動いているとちょっとXPでも動作は緩慢になるね。そう考えるとVistaはなかなかしっかり最適化されているのではないだろーか。

 なお今回からデスクトップの下段に常駐ランチャをインストールした。StarDockだ。まあOSXモドキといわれてしまいそーだがVistaにもインストールしており、これで使い勝手を一元化している。それにアイコンを探してきて割り当てるのがなかなかやみつきになりそーでイイね。


 これだけ画像処理が重くなるとRadeonX800ではきついかな~と思うのだが、実際はXPのデスクトップ処理はDirectDrawでの処理なのだそーなので、GPUを強化してもあまり大きな変化はないそーだ。ただ前エントリでふれたRadeonHD4870のものすごそーな性能にかなり惹かれているので、Vista用に買ってしまいそう......そして今のVista機につんであるHD3870をXP機にとか思ってしまうワケだ。

Radeon387001.jpgRadeon387002.jpg
RadeonHD3870装着状態

 単純にいってHD4870の性能はHD3870の倍はあるといわれている。上記の理由でXPではその恩恵をほとんど受けられないのだが(DX10世代以降のAMD系GPUはすべてDirectDrawのサポートをやめている)、単純に物欲がそそられるワタシはちょっとヘンタイ?と思ってしまう......(もし将来、MSがXP用のDX10をサポートするようなことがあれば、ハナシは変わってくるんだが......)

makercoreSPTMUROPmemory
codeprocessclockvertexpixelclock
NVIDIAGT20065nm602MHz240(1296MHz)8032GDDR32.2GHz
AMD(ATI)RV77055nm750MHz8004016GDDR53.6GHz
RV67055nm775MHz3201616GDDR32.3GHz
ATiR420130nm475MHz616--GDDR3980MHz

 上の表はGPUの概要だ。GT200、RV770、RV670、R420がそれぞれGeForceGTX280、RadeonHD4870、HD3870、X800だ。Impressのゴトーの記事によればAMDは数多くのSP(Streaming Processing Unit)をそれなりの速度で、NVIDIAは少ない数の高速で動作するSPで演算させているんだそーだ。その究極型が今回のGT200 vs. RV770となったわけだ。

 ゲームもしないワタシ的にはこのRadeonHD3870ですらオーバースペックなのだが、最近のGPUはグラフィクスばかりではなく物理計算なども視野に入れて設計されている。今でこそまだ"ゲーム物理"とかいってゲーム上でのオブジェクトの重みや重力などを(単精度で)計算させて動きにリアリティを出しているのだが、将来的には科学計算などにも応用していこうという流れができつつある。これをGPGPU(General Purpose Graphic Processing Uint)といっており、AMD(旧ATI)およびNVIDIAはこれらを視野に入れてチップを設計している。

 今回のNVIDIAの巨大チップはこれをハードウェアに内包したために大規模になったと言われているのだが、それでも倍精度浮動小数点演算ではATIのアーキテクチャに遅れをとっていることからどーなのだろうと言われてしまうワケだ。ただNVIDIAはソフトウェア開発環境で進んでいる。CUDA(Compute unified device architecture)というC言語をベースにしたGPU向けの統合開発環境を提供しており、AMDやIntelなどにも参画を呼びかけているらしい。またNVIDIAは上記のゲーム物理専用チップを開発したAGEIAを買収しており、GeForce8xxxシリーズ以降、PhysXの機能を内蔵している。これに対してIntelはHavok社を買収し、同名の物理演算用うミドルウェアを獲得、AMDがコレに賛同するカタチをとっているらしい。

 まっ難しい話はいいとして、GPUにはGPGPUの側面がでてきたワケだ。最近ではアルツハイマーなどのタンパク質に起因する疾病を理解するためタンパク質のフォールディングをクラスタ演算させるFolding@homeというものがある。これは最近、100PFLOPSを達成してもっとも強力なクラスターコンピューティングとして知られているが、このFolding@homeにGPUの余剰演算能力を参加させるクライアントが配布されている。まあコレ自体はボランティアの域を出ないので、コレの参加が物欲を誘うかといえば疑問なのだが、VistaのAPIであるDX10.1にはこういったGPGPU向けの命令セットも含まれているらしく、将来的にはより高速のGPUを導入することによってVistaのパフォーマンスの向上などが期待できるワケだ。これなら少しは物欲を刺激できるでしょ?



FC2blog テーマ:Windows 全般 - ジャンル:コンピュータ

【2008/07/06 16:22】 | コンピュータ
トラックバック(0) |
 気がつけばほぼ一月のブログ放置ですた。みなさま、ご機嫌いかがでしょうか?さてこちら、モンタナ州Bozemanは夏真っ盛りの気候となってきました。つい一月前に雪が降ったりしていたのがウソの様......どちらかといえば日中はカナリ暑いデス。そんな暑い中、昨夜は独立記念日とゆーことで、花火が打ち上げられていましたねぇ。思えばアメリカでの独立記念日も8回目を迎えるわけだ、思った以上に長くココにいます。

 明日から(聞いたこともないよーな)国際学会に出席するために、ココからクルマで3時間ほどの場所にあるMissoulaとゆー街にいく。(デラウェア時代のボスが招待講演でしゃべるというので、参加することにした)そんなわけで今週はずっとポスター作りに励んでいた。また書き上げていた論文の草稿もボスとはなして新しいデータを加えるとゆーことになったため、投稿は一時保留である。(まあもうちょっとマニアックな速度論を展開することになった......また新たに青酸物を用いた実験も取り込む予定なので、論文としては規模がおおきくなってまいりますた......)Missoulaの学会が終わるのが来週の木曜、そのあとは1日休みをもらってKallispellまで足をのばそうと思っている。(そのあたりのブルワリを攻略するため)そんなワケでまたココもしばらく放置気味になるでしょう(^^;)


 もう最近は”米国けんきゅうにっき”とはまったくカンケーないトピックに突っ走りまくっているが、まあコレも趣味の一環とゆーことで。今回もそんなわけでパソコンのおはなしだ。2週間前くらいかね?AMD(旧ATI)から新型のGPU(Graphic Processing Unit、はやい話が画面描写専用のチップ)が発表された。コードネームはRV770というヤツだ。ATIのチップといえば古くからマックユーザーにもなじみの深いものなんじゃないかな?(もっとも最近はNVIDIAのチップをオプションで選択できたりしたみたいだが......)

 今回、なんでまたこんなニッチなトピックに目を付けたのかといえば、このRV770を巡ってのNVIDIAとAMDのやりとりがおもしろかった為だ。(これはある意味、数年前のAMDとIntelの1GHzCPUの到達戦を彷彿させる)簡単な背景としてはGPUのチップベンダーは2強に分かれている。AMD(旧ATI)とNVIDIAだ。AMDはRadeonシリーズ、NVIDIAはGeForceシリーズを展開しており、その性能(特にゲーム性能)はこれまでNVIDIAのGeForceシリーズに軍配があがっていた。

 個人的にはGeForceシリーズは初代のGeForce256→FX5200→6200Aとゆー微妙な性能のカードしか使ったことがないのに対してATIでは(Rage128→)XPERT2000→ALL-IN-WONDER Radeon→Radeon8500LE→RadeonX800→RadeonHD3870というように、どちらかといえばATI寄りユーザーである。(たぶんマックユーザーだった頃の影響だろう)これまた個人的な感想だがRadeonは遅いけど描写がキレイ、GeForceは速いけどちょっと表示品質が美しくないという感じだ。

 NVIDIA陣営は2005年のGeForce7xxxシリーズ(G7x系コア)以来、ATI陣営(対するはR500系コア)を圧倒し続けていた。その後、G80コア(GeForce8800GTS初期型などの8xxxシリーズ)→G92(GeForce8800GTS後期型や98xxシリーズ)、G94(96xxシリーズ)とNVIDIAは続いていくのだが、GeForce9xxxシリーズあたりでリネーム商法と揶揄されるようになる。(コアデザインをほとんど発展させていないのに、商品名だけ変えて販売価格を維持している様にみえた為)そして2008年6月17日、NVIDIAの次世代フラッグシップモデルGeForceGTX280(GT200コア)が発表されるのだが、あまりに巨大なチップ(576mm2)と莫大なピーク消費電力(236W!)、そしてフル動作時のチップ中心温度が100℃を越えるという、ある意味、開いた口がふさがらないよーなシロモノであった。(発表でもこれまで製造されたシングルチップのなかで最大面積を誇るとか言っていたそーだが、自慢にはならんな~)

 一方、NVIDIAの後塵を拝してきたAMDの方だが2008年6月19日(GT200の発表のすぐ直後)にRV770を発表するという、非常に戦略的なアクションをとった。GT200は(単精度で)1TFLOPS前後の浮動小数点演算性能と謳っていたのに対して、RV770も1TFLOPSを達成したと発表。しかもチップサイズは250mm2とGT200の半分かつ消費電力は180W前後でだ。さらに科学演算などで需要がある倍精度演算にいたってはRV770は200GFLOPSでGT200が90GFLOPSと大きく劣る。また末端の販売価格だがGeForceGTX280が$649でRadeon HD4870が$299。まあ専門分野でないのでアーキテクチャのウンチクをたれるほど詳しくはないのだが、”コレってNVIDIA、マズくない?”とは感じることができる。

 このAMDのスペック発表を受けてNVIDIAはただちについ先日発表したミドルハイエンド製品、GeForceGTX9800を$199に値下げし今回のRV770をコアにもつミドルクラス製品、Radeon HD4850($199)の価格帯にぶつけてきた。さらにGTX9800+という位置づけが不明の製品(GTX9800のオーバークロック版)も$229で発表。GeForceGTX280の値段を下げられないのは新製品ということのプライドと巨大チップのための1ウェハからの収率の低さ故だと思われるのだが、そのすぐ後日、NVIDIAはコレを$90値下げすることとなる。このようにNVIDIAの迷走ぶりが伺えるのだが、このあおりを受けるのが小売り業者。以下のコメントがウェブに掲載されており、その事実を端的に表している。

 最も影響を受けるとみられているのは、GeForce 9800シリーズ搭載カードだ。フェイス パーツ館は「次世代のGeForce GTX 280が登場したことで存在意義がなくなり、さらにはコストでも性能でも勝ると評判のRADEON HD4850もデビューしてしまいました。私どもとしては赤字覚悟で特価セールを打つしかないですね」と、近日中に在庫一掃の特価販売を行うことを示唆していた。
 また、別の店員さんはさらに過激だ。「正直、GeForce 9800シリーズに関しては“今すぐにいなくなれ!”という感じです。別に悪い製品でもないですけど、現在の状況としては、ね。TSUKUMO eX.さんでも特価セールを始めたそうですが、ウチも続くでしょうね」という。

古田雄介のアキバPickUp!より(6月22日)


 GeForce 9800 GTXと後述するRADEON HD 4850のヒットであおりをうけたGeForce 9800シリーズは、各ショップで特価販売が始まっている。某ショップは「店舗レベルで赤を切ってでも早く放出したい。NVIDIAとAMDともにGPUの発表から発売までほとんど時間がなかったので、在庫調整ができなかったのが正直なところ。勘弁してほしいですよ」と漏らしていた。

5分で分かった気になる、6月のアキバ事情より(7月2日)



 そしてさらに間の悪いことに不安材料が......

エヌビディア、5-7月期の売り上げ見通しを下方修正
 ニューヨーク(ウォール・ストリート・ジャーナル)グラフィックス・メディア・通信用半導体メーカーの米エヌビディア(Nasdaq:NVDA)は2日、5-7月期(2009年1月期の第2四半期)の売り上げ見通しを下方修正した。理由として、世界の最終需要家市場の弱さ、次世代メディア・通信用プロセッサー(MCP)の増産の遅れ、画像処理半導体(GPU)の価格調整を挙げた。(中略)
 エヌビディアはそのほか、既存シリーズのGPUとMCPの一部バージョンに見つかったダイ・パッケージング素材の弱さがもたらすと予想される保証・修理・返品・交換の費用をカバーするため、営業費用にかかわる特別費用として5-7月期に1億5000万-2億ドルを計上する予定とした。同社は、そうした製品を搭載したノートパソコンの一部に「通常より高い割合で」不具合が生じている、とした。
 エヌビディアはこの問題についてサプライチェーン側と話し合っており、保険による補償を求めている。同社は、異なる素材による製造に切り替えたほか、GPUの発熱管理を向上させることに取り組んでいる、と述べた。



 というように、今回のGPU戦争はAMD(旧ATI)が制したといってよいだろう。ワタシ自身はもうあんまりゲームとかやらんのだが、Radeon HD4870はちょっとほしいかな~と思ってしまった。2ちゃんねるの自作板とかウェブに掲載されているRV770のアーキテクチャとかの説明を読んでいると、よくわからないのだがなんだかすごそうという感じがしてイイ。(たぶんRadeonシリーズを使い続けていたこともあり、ちょっとひいき目でみているのだろーけど)

FC2blog テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

【2008/07/05 11:58】 | コンピュータ
トラックバック(1) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。