米国けんきゅうにっき 2014年10月
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blog_10_31_2014_00.jpg


 今日はハロウィンだが、外は風がビュウビュウと吹いておりスゲー寒そう...こんな中、トリックオアトリートを果敢に挑む子供たちには脱帽である。


 ハロウィンといえば日本の渋谷でバカ騒ぎがあり、機動隊が出動したとか。どーなんすかね?ハロウィンはヨーロッパにはなく米国特有の習慣だと思ってたからな。日本でもいつのまにかこんなに大衆化してたとはちょっとしたカルチャーショックである。


 まあいいんだけど。写真は今年のハロウィンセールで買ってきた暗闇に光るダックリンのはずだが、暗闇では光らないのである。Targetめ...

 仕方がないのでV字編隊を組んで、カキのようなカボチャのキッチンタイマーにアタックである。


スポンサーサイト

FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2014/10/31 17:55】 | 生活
トラックバック(0) |
 なんか業界の回し者みたいなタイトルだが、最近、スマートウィッチに関するエントリばっかり書いている気がするのだが...ASUSから9月に発表されていたZenWatchなるものが日本でも発売される。

ASUS ZenWatch (WI500Q)">ASUS ZenWatch (WI500Q)

ZenFone5とシンクロするAndroid Wear搭載 スマートウォッチ

クラッシックで高級感のあるデザイン
従来の腕時計のような、自然な装着感とスリムさ
スーツにもカジュアルにも、シーンを選ばず装着できる、エレガントなデザイン
上質なイタリア製の本革ベルト。取り外しも簡単。
TPOや気分に合わせてカスタマイズできる、多彩な時計画面
鮮明なAMOLEDディスプレイと、耐久性に優れたCorning® Gorilla® Glass 3
スマートなパートナー
ASUS ZenUIと、いつでもシームレスに連携
ZenWatchでスマホのロックを自動で解除。
スマホが見つけられない時、ZenWatchから電話を鳴らして、探し出すことができます。
ZenWatchを覆うだけで、即座にミュート。会議中の着信にも、もう慌てません。
スマホのカメラを、ZenWatchで簡単操作
プレゼンも手元で、スマートにコントロール
Wellness機能で、心身の健康を楽々管理
1日の歩数や心拍数を、日や週単位でグラフで表示
消費カロリーやリラックスレベルの測定



 デザイン的には例のApple Watchみたいにスクエア型の腕時計である。現物を見てみないとわからないんだが、この辺のデザイン(つまりスクエア型)はホントーに高級感のあるモノになるんだろうか?と正直思うんだがどうだろう。もちろん腕時計にもスクエア型のものはたくさんあるから、一概には言えないのだろうけれど。


 できることはMoto360などとほとんど変わらない。OSがAndroid Wearだからね。お値段は29800円ということで、日本で正規に購入できることと考えるとフェアが価格設定だろう。先ほどLG電子が発表したLG Watch Rはまだ価格が発表されてないが、ヨーロッパですでに販売されており250ユーロのプライスタグがつけられている。日本円にして約34000円なので、そこそこ競合するね。ちなみにMoto360は米国では$250であり、ほかの機種と比較して安い印象を受けるんだが、これを日本に並行輸入するととたんに3万円台半ばになる。こっちは技適を通ってないので正規利用というわけにはいかないから、いろいろとあるんだろうが。


機種ZenWatchMoto360
メーカーASUS (台湾)Motorola (米国、ただしLenovoの傘下なので中国が正しい?)
CPU (GHz)Qualcomm Snapdragon 400 (1.2)Texas Instruments OMAP 3 (1.0)
RAM (MB)512
ストレージ (GB)4.0
ディスプレイ1.63インチ 有機EL、320×320(278ppi)1.56-inch Backlit LCD IPS、320 x 290(205ppi)
バッテリー369mAh、マイクロUSBによる接点方式の充電320mAh、Qi互換(諸説有り)の無線充電
防塵・防水IP55(機器の正常動作や安全性を阻害するほどの粉塵が、内部に侵入しない/あらゆる方向からの噴流水によっても、有害な影響を受けないIP67(粉塵が内部に侵入しない/規定の圧力と時間の条件で一時的に浸水させた場合に、有害な影響を受けない)
重さ約50g/約25g(本体/リストバンド)49g
サイズ39.8mm(幅)×50.6mm(高さ)×7.9~9.4mm46mm(直径)×11.5mm



 使っていくうえで一番の違いはバッテリー関連かね。容量の差はともかく、充電方式によってはLG Watchみたいな接点不良問題があるかもしれないから。防塵・防水についてはMoto360の方がより厳しい条件に適合しているみたいだけど、わざわざ水に浸けたりすることもないだろう。


 メーカーであるASUSも自作PCの世界では有名メーカーだし、ノートPCなんかでも日本では名が知れ渡っているかもしれない。


 いずれにせよ使ってみないとわからないけど、CPUなんかもMoto360より性能のいいやつを使っているみたいだし、ディスプレイもLG Watch R同様に有機ELを使っているから消費電力も小さいから稼働時間も長いことが期待できるね。まあ今後、サークル型が出てくるといいんだが。





FC2blog テーマ:スマートウォッチ - ジャンル:携帯電話・PHS

【2014/10/29 09:04】 | ケータイ
トラックバック(0) |
blog_10_27_2014_01.jpg 先週行ってきたFrankenmuthの入り口には小さな礼拝堂がある。Bronner's CHRISTmas Wonderlandの創始者であるWally BronnerさんがクリスマスキャロルのひとつであるSilent Nightに感銘を受けて、それにちなんだ礼拝堂をつくったものであるとか。


blog_10_27_2014_02.jpgblog_10_27_2014_03.jpgblog_10_27_2014_04.jpg
小さな礼拝堂きよしこの夜のいろいろな言語バージョンが展示されている礼拝堂の前に飾られているキリスト生誕と東方の三博士の礼拝



 礼拝堂の中は外からのイメージ通りに小さくまとまっている。それでも祭壇があり、安息日のサービスを行えるようにはなっている。また出入り口の上にはそれぞれステンドグラスがはられており、荘厳さを醸し出す。


 礼拝堂はきよしこの夜の世界各地に散らばる言語の訳が書かれたポストで囲まれており、正面にはキリスト生誕のモチーフが飾られていた。


 Wallyさんはきよしこの夜が作曲されたといわれるオーストリアのオーベンスドルフを訪れ感銘を受けたそうだ。そしてFrankenmuthのその地にかつてオーベンズドルフにあったといわれるオリジナルの聖ニコラス礼拝堂の複製を建造することにしたのだ。


 礼拝堂のファウンダーであるWallyさんはBronner's CHRISTmas Wonderlandの店舗の方によく顔を出していたらしく、名物おじさんだったらしい。そんなWallyさんも2008年に食道がんで亡くなったそうである。


FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2014/10/27 20:22】 | 生活
トラックバック(0) |
 Moto360に続いて、LG電子からもサークル型のスマートウォッチが発売される。


丸型スマートウォッチ「LG G Watch R」、11月発売決定">丸型スマートウォッチ「LG G Watch R」、11月発売決定

  LG Electronics Inc. (本社:韓国 www.lge.com 以下、LGエレクトロニクス)は、2014年10月24日、最新のAndroid™ を搭載したウェアラブル端末「LG G Watch R」を、11月初旬から各主要地域にて販売開始することを発表しました。11月初旬からイギリスをはじめ、フランス、イタリア、スペインなどのヨーロッパ各地の販売小売店から発売を開始し、その後北米、アジア、独立国家共同体(CIS)などの各市場へ発売地域を拡大します。なお、一部の主要市場においては、Google Play™ ストアでも購入が可能となります。

 長年使って頂けるよう設計されたこの「LG G Watch R」は、耐久性のあるフレームを採用し、410mAhのバッテリーを搭載しています。パワフルで効率の良い1.2GHz Qualcomm® Snapdragon™ 400プロセッサを搭載する「LG G Watch R」は、4GBのストレージで512MBのメモリを使用し、日常生活で使用するのに最適な性能を備えています。さらに、市販の22mm標準ストラップと付け替えることもでき、自分好みのデザインにカスタマイズすることができます。






 デザインは既存の腕時計のものを踏襲していて、個人的にはアリだとは思う。某掲示板の評価では3つの欠点が出ているけどね。まず有機LEDなので画面焼き付きが厳しいとのこと。Moto360もデフォルトでは充電中に画面が点灯し続けるので焼き付き問題があったが、このLG電子のヤツはもっとシリアスだとのこと。


 2つめはベゼル部分がかっこわるいとの意見。個人的にはダイバーズウォッチなんかに見られるベゼルだから違和感はないんだが。たぶん、スマートウォッチの性質上、文字盤を変えられるのが、このベゼルのおかげで限定されてしまうということだろう。


 3つめは充電方式が最初のLG G Watchと同様に接点式を採用しているらしいこと。これはちょっと前に問題になっていて、汗などで簡単に接触不良になってしまい充電できなくなるとか。この辺は改善されたのかという不安要素がある。Qi方式にしなかったのはなんでだろうね?スペックの高いCPU使ってるから充電時の廃熱が追いつかないのかしら。


 値段とか実機の動画(上のリンクの公式動画はCGだな)を見てないからわからんけど、チョイスが広がることは良いことだ。あくまで個人的になんだが、もっとサークル型のスマートウォッチが出てくるとこの市場は活性化されるのではないかね。





FC2blog テーマ:スマートウォッチ - ジャンル:携帯電話・PHS

【2014/10/24 09:58】 | ケータイ
トラックバック(0) |
 先日、自宅にある2台の自作PCが立て続けにクラッシュした。そしてこのブログを改めて眺めてみると、ミシガンに来てからのPCの構成をアップデートしてないことに気づいたのである。そーいうわけでここでアップデートしておこう。


 ミシガンに来てから直ちに自宅のPCをアップグレードした。まず居間に置いてある娯楽用のPCはCPUに6コアをもつAMD Phenom II X6 1090T Black Edition、ビデオカードをRadeon HD 6850 1GB 256-Bit DDR5に変更してた。


居間PC
古い構成新しい構成
OSWindows XP Home (32bit)Windows 7 Professional (64bit)
CPUAMD Phenom II X2 555BEAMD Phenom II X6 1090T BE
クロック周波数 (GHz)3.2@3.74.0
メモリ (GB)DDR2-400 (6.0)
ビデオカードRadeon HD5670Radeon HD 6850
ビデオメモリ (GB)0.5 (128 bit)1.0 (256 bit)



 まとめてて気がついたんだが、メモリをアップグレードしてないな。まあマザーボード自体が2010年の初め頃に買ったヤツ(ASUS M4A785-M AMD 785G)を未だに使っているからね。すでに4年半も動いているんだから、十分に元は取れているんだろう。


 このPCは8月ごろのWindowsの定例アップデートでMSがポカやらかしちゃって、システムがグチャグチャになってしまったのだ。それでもこっちは復旧後も問題なく使えたのでよかった。


 問題はもう一方のほう。仕事用のPCだ。


仕事PC
古い構成新しい構成
OSWindows 7 Home (64bit)
CPUAMD Athlon64 X2 4200+AMD Phenom II X6 1045T
クロック周波数 (GHz)2.22.7
メモリ (GB)DDR-400 (4.0)DDR3-400 (8.0)
ビデオカードRadeon HD3870OCRadeon HD5670
ビデオメモリ (GB)1.0 (128 bit)0.5 (128 bit)



 こちらもミシガンにきてから、大改修している。そもそもマザーボードをBIOSTAR A880G+ AMD 880GっていうDDR3対応のヤツに交換している。またビデオカードを居間PCのお下がりということで、Radeon HD5670を差していたんだが、この間のWindowsのアップデートでビデオチップがやられたらしく、ビデオ出力できなくなった。ので、再びRadeon HD3870OCをカオスボックスから取り出してきて装着した。


 だが音がやたら大きいのである。しかもチップ温度がやたら高い。別に負荷のかかる仕事をしていないのにである。で、ビデオカードの放熱板を見るとだね...放熱板のファンからの風を受ける側が埃で詰まっているわけですよ。ちょっとテクスチャ的にも放送禁止てきなカンジ?急いでビデオカードから放熱板を取り出して水洗いした。


 さらにビデオカードだけじゃなくてマザーボードもやられたらしく、予備にもってたMSI 760GM-E51(FX) AMD 760Gをインストール。事実上、新しいPCになったのでWindowsのアクティベーションがオンラインで認証されず、電話するはめになった。


 まあそれ以来、仕事用PCは少しは静かになって安定したんだがね。それでも何か負荷がかかると雄叫びを上げるようにはなっている。そんな感じなので、そろそろビデオカードでも新調したいところである。ああ、そういえばこのWindowsアップデートで光学ドライブも道連れにされたことを思い出した。これもなんとかしないとな。居間PCのやつを仕事PCに移植して使っている状態なのだ。でもMacもそうなったが、光学ドライブってOSのインスコ以外で使う場面がほとんどないんだよね。


 また気が向いたらPCのアップグレードをしたいものである。



FC2blog テーマ:自作パソコン - ジャンル:コンピュータ

【2014/10/23 21:03】 | コンピュータ
トラックバック(0) |
blog_10_22_2014_00.jpg この間の日曜日にミシガン州、ロウアーペニンシュラの真ん中らへんにある街、Frankenmuthに行ってきたんだが、実を言うとここは年中クリスマスの街として有名なのである。というのは、この街には世界最大のクリスマスショップ、Bronner's Christmas Wonderlandがあるからだ。


 それではそこになにがあるのか?まあ有り体に言えば、クリスマス関連のデコレーション用品、たとえばクリスマスツリーにつるすオーナメントとか、キリスト生誕関連の置物とかが、それは大量に売られている。


blog_10_22_2014_01.jpgblog_10_22_2014_02.jpgblog_10_22_2014_03.jpg
入り口からしてすでにクリスマス風になっている店内は電飾でいっぱいだ



 まず店内がとてつもなく広大である。今回、店内を一週しただけで8000歩以上歩いたとワタシのペドメーターには表示されていた。


blog_10_22_2014_05.jpgblog_10_22_2014_06.jpgblog_10_22_2014_07.jpg
このシロクマとペンギンの組み合わせは定番なのか?なにかヘンな置物とか今回はハロウィン特集も併設されていてそれをモチーフにしたスヌーピー置物もあった



 奥に行くとクリスマスツリー用のオーナメントやら星やら、人工のもみの木やらが大量に置かれている。


blog_10_22_2014_08.jpgblog_10_22_2014_09.jpgblog_10_22_2014_10.jpg
グロウラーのオーナメントとかヘン顔アヒルとかワタシの琴線に触れるハンバーガーとか



 特にワタシの琴線に触れたのがハンバーガーのオーナメントである。ワタシはハンバーガーの造形に目がないのだ。


 店内を回ってみて、いつかはでっかいクリスマスツリーを飾りたいかなと思い始めたのである。



FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2014/10/22 21:20】 | 生活
トラックバック(0) |
 先日からMotorolaのMoto360というスマートウォッチを使っている。以前のエントリでファーストインプレッションを書いたが、ここではさらにこのMoto360の個人的に感じる魅力について触れよう。


 Moto360というかスマートウィッチ全般にいえることだが、その魅力として針や文字盤のデザインを簡単に交換できることにある。極端にいえば、腕時計を見るたびに文字盤が異なるということもできるのだ。これは伝統的な腕時計には無い特徴だ。というか別物と考えるべきだろうな。だから腕時計そのものが好きな人たちには受け入れられないだろうと思う。


blog_10_21_2014_01.pngblog_10_21_2014_02.pngblog_10_21_2014_03.jpg
Facerというアプリをスマホにインストールして、好きなデザインファイルをダウンロードする選んだデザインをスマートウォッチにアップロードスマートウォッチ側はfacerからファイルを受け取る



 文字盤デザインの変更はフリーウェアのもあればrich watch=faceなどのシェアウェア(in-app purchase、デザインごとにチャージがかかる)のものもある。その中でfacerはアプリそのものは有償($1)だがデザインは無料で公開されているので、いろいろんなデザインを試すことができる。

blog_10_21_2014_06.jpgblog_10_21_2014_04.jpg
比較的単純なデザインの文字盤からクロノグラフ風のもの



 アップロードされている文字盤は単純なデザインのものもあれば、クロノグラフのような複雑なものまである。特に複雑な文字盤のやつが結構、アップされている。


blog_10_21_2014_05.jpgblog_10_21_2014_08.jpg
時計内部構造が見えるスケルトン風演出ふたたびクロノグラフ風のもの
blog_10_21_2014_07.jpgblog_10_21_2014_09.jpg
色違いデザインのクロノグラフ



 クロノグラフ風文字盤はカッコイイのがたくさんあるんだが、機能があるものやないもの玉石混淆である。ただスマートウォッチの場合、メールやステップ数、現在地にメモ帳などのノーティフィケイションカードが出てくるので、文字盤の下半分がカードで隠されることがたびたびある。だからアナログ文字盤のデザインだと、もしカードが出ているときはスワイプしてカードを消さないと時刻を見られないことになるわけだ。まあこの辺をどう考えるかがスマートウォッチに価値を見い出せるかどうかの試金石になるだろう。


blog_10_21_2014_10.jpgblog_10_21_2014_11.jpgblog_10_21_2014_12.jpg
某アニメキャラのものとか...著作権とか大丈夫なのかね某アヴェンジャーズとか



 キャラクターものもけっこう上がっている。某ネズミキャラもあるが、特に厳しいネズミーランドのこと。どうなることやら...


blog_10_21_2014_13.jpgblog_10_21_2014_14.jpg
現在地の気温や気候を表示できるものもある世界各国の時間を感覚的に知ることのできる文字盤



 基本的にはデジタル表示の文字盤デザインのほうがスマートウォッチの機能と親和性が高いと思う。まあワタシは目が悪いので、たとえはっきりと見えなくても直感的に時刻がわかるアナログ表示の方が好きなんだけどね。


 という感じで文字盤デザインを日替わりで変えて使うことができるのも、これまでの腕時計とは違った特徴だ。まあだからといってスマートウォッチが普及するのかの訴求力になるのかはわからん。某匿名掲示板でもだれかが書いてたが、ケータイがあるから時計はいいやといって腕時計をはめるのをやめた人たちがふたたびスマートウォッチをつけるわけないという意見がある。ワタシはまさにそういって腕時計をするのをやめたが、再びスマートウォッチを装着している。まあライフスタイルは人それぞれだからね。少なくともワタシは電子メールが来るたびにスマホを取り出さなくてすんでいるのがとても便利に感じているし、天気や気温をスマホを取り出さずに知ることができることにも恩恵を感じている


 いずれにせよ、スマートウォッチが大衆に受け入れられるかどうかを判断するにはもうちょっと時間がかかるだろう。




FC2blog テーマ:スマートウォッチ - ジャンル:携帯電話・PHS

【2014/10/21 17:29】 | ケータイ
トラックバック(0) |
 さてこの紅葉の美しい季節を堪能しようとClevelandのちかくにあるCuyahoga Valley国立公園にこの週末に行こうかと思っていたその矢先に、Ebola感染者がテキサスからオハイオのClevelandまで飛行機で往復したというニュースが先週ながれたわけだ。おかげさまでCleveland周辺のいくつかのカウンティ内にある学校が休校になったり、Cleveland住人はその看護師に対してtwitter上でキレまくったりと、プチパンデミックになっていたようだ。そんな我々もわざわざそんな状態の場所に飛び込んでいくこともあるまいと思い、紅葉を見に行くのを断念する。


 代わりに3年ほど前に行ったことのあるFrankenmuthという観光地にあるブルワリに行くことにした。

blog_10_20_2014_01.jpgblog_10_20_2014_02.jpg
IPAとHefeweizendark IPA



 久しぶりにFrankenmuthを訪れて思ったのが、相変わらずのブルワリの混みっぷりだ。3年前もさんざん待たされたあげくにバースツールの席に座ってこれまた待たされた記憶が...


 今回のビールで特筆すべきなのはdark IPAだな。スタウトみたいなクリーミーさにもかかわらずシトラス風の後味といったIPAの特徴をうまく残してあるビールだった。これはオススメ。


 ただ今回、改めて思ったことがある。店が混んでいて順番待ちをしたい場合、ホストのひとに名前と人数を告げるんだが、その対応がちょっとイラッときた。まあ最近、英語会話をする機会が減っているので耳が慣れてないのかもしれないが、そのホステスの言うことが聞きとりにくかったので再確認を促したら、ちょっとうんざりした顔になったんだ。店内の喧噪も手伝ってたとのもあるな。


 順番がくると点滅するコースターみたいな受信機を渡されるんだが、それが点滅したので、さっきのホストのところに行くと何でワタシが?みたいな顔をされたのもなんだか微妙な雰囲気。別のホストカウンターみたいなところに行けみたいに言われたんだがね。ナゼか微妙にイラっとくる店員の態度にちょっと居心地の悪さを感じた。





FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2014/10/20 16:28】 | ブルワリ
トラックバック(0) |
 満を持してなのか、おとといGoogleからNexus 6が発表された。個人的には待ちに待ったMotorola製のNexusシリーズだ。

Nexus6
More space to explore
A stunning 6-inch Quad HD display that’s great for movies, videos, gaming, e-books, and surfing the web, plus round-the-clock battery life*. Available in November off-contract or with a service plan from carriers.





 スペックを見る限りでは最近、発表されたiPhone6 Plusにも匹敵する性能のようだ。CPUは4コア(最大2.7GHz駆動)でメモリは3GBっていうのはiPhone6 Plusに搭載されているApple A8プロセッサ(2コア、最大1.4GHz駆動で1GBメモリがビルトイン)と単純比較しても圧倒的のような気がする。もちろん走っているOSが違うから単純比較できないが。まあiPhoneはともかく、あたりまえなんだが自分の持っているDroid4なんかより圧倒的に速いんだろう。


 またGoogleのNexus紹介サイトで対応キャリアのところにVerizon Wirelessが含まれているから、Nexus5とちがってVerizonのネットワークでも使えるんだろう。


 個人的には性能もさることながら、Qi非接触充電に対応しているのがポイント高いね。では買うのかといえば、残念ながらノーかな。というのは6インチディスプレイはワタシにとって電話としてはやっぱりでかすぎるんだな。せめて5インチだったら許容範囲だったんだが...腰のホルスターにつけるのが前提なんで、違和感ありまくる。デザインとかこれまでのMotorolaのフラッグシップ、MotoXに似ていて良かったんだが。


 とはいえ手持ちのDroid4は性能的に限界に来ている気がする。以前のエントリでBTイヤフォンとスマートウォッチの連携について触れたが、おそらくDroid4の処理能力が追いついていないんだろう。また昨日も散歩して思ったんだが、Droid4のモバイルネットワークとWiFiや4G-3G間のスイッチングにばらつきがあり、ストリーミングをスムースに受信できない状態が続いた。特に後者はDroid4を購入したときから感じており、4G LTEの第一世代機ってのもあるんだろう。3Gの通信がかなり不得手に感じる。


 ではどーするか?なんだが、しばらくはちょっと我慢するしかないなぁ。2年縛りの機種変すると無制限データプランを失ってしまうし。それを回避するには実費でVerizon Wireless対応のケータイをかって($600~$900!)、交換するしかないな。今はVerizon Wirelessが提供しているラインアップに魅力的な機種がないのが、機種変のモチベーションを下げているんだが。


 そんな停滞感満載のなか、Verizon Wirelessのディザー広告を見つけた。ちまたではすでにリーク情報が出ているDroid Turboらしい。この機種もあくまでリーク情報が正しければなんだが、Nexus6とほぼ同等の性能のうえ画面が5インチくらいなので、ワタシのニーズにピッタリである。バッテリー容量が3900mAhはNexus6(3220mAh)を超えているし、画面解像度が2560x1440(565 pixels per inch)ってiPhone6 PlusのRetina液晶(1920 x 1080、401 pixels per inch)を圧倒しているよね。まあ実際に公式がどうなのかによるんだが、ちょっとたのしみである。




FC2blog テーマ:スマートフォン・アプリ - ジャンル:携帯電話・PHS

【2014/10/17 08:59】 | ケータイ
トラックバック(0) |
blog_10_16_2014_00.jpg 先日のエントリでredditにMoto360の裏面カヴァーのヒンジ近くにクラックができやすいという書き込みがあることに少し触れた。幸いなことにワタシがこれまで使っている3週間ほどではそういったクラックはできていないが、今後のための対策として透明の保護シールドを貼り付けることにした。スマホなどの保護シールドといえばZAGGのinvisible shieldというものがあり、むか~し自分のiPod touchに貼り付けた記憶がある。そういうこともありMoto360用のinvisible shieldがないか探したんだがまだ無かったので、Amazonでいち早くMoto360用のラインナップを出しているArmorsuitというメーカーの保護シールドを購入することにした。


blog_10_16_2014_01.jpgblog_10_16_2014_02.jpg
同梱物は保護フィルムと謎の液体、そしてヘラみたいなやつ保護フィルムは3ピース、液晶表面用、裏面カヴァー、そしてサイド



 Invisible Shieldもそうだったが保護フィルムを貼るためには液体でしめらせて貼り付けたあとに気泡をのぞかなければならない。そういうわけで専用の謎液とヘラが付属している。フィルムは全面保護用のキットを買ったので3ピースついてきた。それぞれのピースはMoto360にちゃんとフィットするようにかたどられている。


blog_10_16_2014_03.jpgblog_10_16_2014_04.jpgblog_10_16_2014_05.jpg
まずはフィルムの両面を謎液で湿らせて...ペタペタと液晶面に貼ります同梱のヘラで気泡抜きです



 いつものことだが気泡がなかなかのぞけない!湿っているときはキレイに貼られているなと思っても、乾燥後にでっかい気泡があることがたびたび...なんどか張り直す羽目に。また張り直すときはちょっとした注意が必要だ。フィルムの接着面にゴミが付着しないようにすることである。メーカーのインストには張り直しのさいのそういった注意書きが見あたらなかったが、ゴミがあると当然だが挟まるので気泡の温床になる。


blog_10_16_2014_06.jpgblog_10_16_2014_07.jpg
保護フィルムを貼る前と保護フィルムを貼ったあと



 最終的にワタシのフィルムは大きな気泡もなくうまく貼れたようである。ちなみにもし接着面にゴミが付着した場合は軽く水洗いしてみるといいかもしれない。さて結果だがフィルムを貼付した後だとちょっと表面がくすんで見えるようになる。タッチパネルの感度は良好で、通常利用には差し支えない。


blog_10_16_2014_08.jpgblog_10_16_2014_09.jpgblog_10_16_2014_10.jpg
貼る前の裏面の写真を取り忘れた...側面の貼る前とわかりにくいが貼った後である



 側面の貼付が一番難しかったかも。まあ裏面も側面もゴミや気泡が入っても目立たないから、適当でよいというのもあるんだが。個人的には裏面カヴァーのひび割れ対策にためにこの保護フィルムを導入したので、裏面がキレイに貼れて満足である。これでクラックができなければよいのだが...


 さてMoto360ユーザーのなかには、どうせ画面のキズなんて使っていればいくらでもできるから気にしないという意見もあるだろう。ただ裏面のクラックができてしまうと防滴できなくなってしまい、将来的には故障の原因となりそうな気がする。また個人的になんだが、クルマのシートベルトは外すときにバックルがクリティカルに画面にヒットすることがある。注意すればいいんだけど、明らかにヒットしてヒビ入ったらちょっと悲しいのでね。この対策ということでも導入していいと思った。


 導入後の使用感などは追ってレビューしたいと思う。




FC2blog テーマ:スマートウォッチ - ジャンル:携帯電話・PHS

【2014/10/16 10:30】 | ケータイ
トラックバック(0) |
blog_10_15_2014_00.jpg 先日のエントリでAnn ArborからHowellにあるTanger Outletにいく途中に2件のブルワリを見つけたハナシをした。一つはBrightonのダウンタウンの端っこにあるBrewery Becker。もう一つはここで紹介するEternity Brewingである。HowellはAnn Arborの北西に位置する町で毎年6月に開催される気球の大会で有名かもしれない。元同僚曰く、昔は治安があまり良くなかったと言ってたが少なくとも現時点ではそんな悪い雰囲気はみじんも感じられない(まあアジア系がほとんど居ないからなんだろうけど、モンタナに住んでいた自分からすればこっちの方が米国の標準ではないだろうかね)。典型的な米国の郊外である。


 ブルワリはグランドリバーロード沿いにある。I96のランプ140を降りてラットソンを北にいくとグランドリバーとの交差点になるので、それの右側にモールのなかだ。ラットソンを挟んで左にはウォルマートとクレアリー大学がある。


blog_10_15_2014_01.jpgblog_10_15_2014_02.jpgblog_10_15_2014_03.jpg
店内に入ってすぐに気がつくのがメニューが書かれたブラックボードこっちのブルワリの店内も開店したばかりなのか綺麗で清潔感にあふれている



 ブルワリの名前はEternity Brewing。ウェブの説明を読むと出資者っていうかオーナーはミシガン大・メカニカルエンジニアリングのグラジュエートだったみたい。卒業旅行でミシガン州のブルワリを巡る旅に出てローカルブルワリビジネスに目覚めたと書かれていた。すばらしいきっかけとモチベーションである。


 店内に入って適当な席につくと、バーテンダーがオーダーを取りに来る。こういったホスピタリティは○だ。場所によってはカウンターに注文を頼みに行くまでビールにありつけないこともあるし、特に初めてのブルワリだったらどうすればいいか戸惑うからね。そういう意味でも、ここはいいと思う。


blog_10_15_2014_04.jpgblog_10_15_2014_05.jpgblog_10_15_2014_06.jpg
メニューは手作り感がいっぱいだが、わかりやすいのはいいね!パイントのEternal Season IPAとテイスティンググラスのOktoberfestそして追加でMI Pale Aleを注文



 なんだか名前のいいEternal Season IPA。自分的にはホッピーさが抑えられていて万人に飲めるようなIPAに仕上がっている気がする。いや~、うまいよこれ。一方でOktoberfestは日本のビールみたいにラガー特有の苦みが後味で残るね。Michigan Pale AleはIPAからさらにホップの苦みを抑えた感じかな。香りが芳醇だった。


 近いんだったらもっと頻繁に訪れたい気分にさせてくれるブルワリだ。ところでここのオーナーはかつてSouth LyonのWitch's Hat Brewingで働いていたとプロフには書かれていた。そのWitch's Hat BrewingだがSouth Lyonのもっと街中に移るみたいだ。店舗の規模も大きくなりそうだから、今度はレストランも併設かも。新装開店したら訪れたいものである。



FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2014/10/15 11:05】 | ブルワリ
トラックバック(0) |
 最近、ヒマなんで日本のドラマを見る機会がある。特に最近、観ておもしろかったのがSP 警視庁警備部警護課第四係っていうドラマだ。本広克行ってヒトが監督らしいが、踊る大捜査線シリーズの演出をやっていたらしい。そんで重度のアニメオタクだとか。


 内容は警視庁のSPにスポットを当てたドラマで、主人公は超感覚みたいな特殊能力をもつので、まあオトギ話なんだけどね。さらにテロリストがゾロゾロでてくるから、最近の東京の治安は知らんけど、こんなんだったらおっかないわぁと思ったわ。


 まあ通してこのドラマを観て思ったのが、踊る~もそうだったけどテンポがいいんだよね。ただあんなテロってゆーか革命?をテーマにしたドラマがアニメじゃなくて実写ドラマで作成・放映されるなんて自分が日本に居た頃には考えられんかったな。


 

FC2blog テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2014/10/14 19:22】 | 生活
トラックバック(0) |
blog_10_13_2014_00.jpg Ann Arborからちょうど真北にあるBrightonという町にあるブルワリに行ってきた。この辺はHowellにあるTanger Outletモールの通り道になるのだが、ここ3年ほどミシガンに住んでいて買い物帰りに気軽に立ち寄れるレストランがナゼか無いいわゆる空白地帯だったのである。そんな空白地帯を再び精査した結果、2件のテイスティングルームが最近、開店したことがわかった。そのうちの一つを今回は紹介しよう。


blog_10_13_2014_01.jpgblog_10_13_2014_02.jpgblog_10_13_2014_03.jpg
実は目立った看板がなく、入り口もあまり自己主張してないしかし屋内は改装されたばかりでとっても綺麗なうえ、落ち着いていて心地よい



 さてBrighton市だがwikiによれば1832年に設立された米国的には結構、歴史ある町である。だからダウンタウン(たぶんウェストメインストリート沿い)も歴史を感じさせる建物がちらほらある。またメインストリート沿いにはサウスオア川というちょっとした池っぽいせせらぎがあり、川沿いにミルポンドトレイルという市民憩いの場的なものがあり、訪れた時間帯も家族が散策していた。


 目的のブルワリ、Brewery Beckerはそんなウェストメインストリートのグランドリバーロードからみて反対側の端っこ、でも踏切やラウンドアバウトよりも手前の方にある。大きな看板が掲げられていないので、徒歩じゃないと見つけにくいだろう。


blog_10_13_2014_04.jpgblog_10_13_2014_05.jpgblog_10_13_2014_06.jpg
テイスティングルームなので食事はできないけど、持ち込みは可であるまずはFestbierをテイスティング後にHarvest IPAを堪能する



 自己主張しない入り口から屋内に入ると、綺麗な内装の店内を見ることができる。内部を見渡すと右手にはバースタイルのカウンター、左手には醸造タンクがありツアーができるようだ。中央にはこれまたバースタイルのテーブルとバーストゥールがあり、そこに座るとバーテンダーのおねいさんが注文を取りに来る。


 Festvierはラガーっぽい味わいの一方でIPAはあまり強いホッピーさがなくて飲みやすくてオススメだ。プリッツェルやポップコーンみたいなスナックは提供しているみたいなので、ちょっと軽く飲んで会話を楽しむヒトがたくさんいたが、そんな喧噪にあふれているわけでなくとても落ち着いた雰囲気のテイスティングルームだ。またパティオもあり外でビールを楽しむこともできるので、夏には大変すばらしい経験をできるだろう。


 ということで2014年になりオススメのブルワリがまたひとつ開店した。



FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2014/10/13 11:04】 | ブルワリ
トラックバック(0) |
 ちょっと前に例の西アフリカで猛威をふるっているEbolaウイルスがアメリカに上陸したとかいうのがニュースでやっていた。その後、その感染者のリベリアのヒトは亡くなってしまったようだが、二次感染の可能性があるとかでテキサス、ダラスのあたりは結構、大騒ぎになったようだ。おとといほど二次感染疑いのあると報道された保安官は陰性だったらしく、あとはその亡くなったリベリア人との直接接触者たちの事後観察が続けられており、現時点では症状がでてないのでウイルスの拡散に対しては若干楽観視されているみたいだ。



 ところで今回の米国での感染騒ぎも十分おっかないハナシだったわけだが、個人的にもっと気になるのがマケドニアでそのウイルスに感染・死亡したと言われている英国人のこと。この男性、アフリカへの渡航履歴がないらしく、本来なら感染するいわれがないはずなんだが...もしこれがEbolaだったら発症前のキャリアからの感染ってことになる。ということはすでにヨーロッパのどこかでEbolaの暗黒期・潜伏期を過ぎ、かつ発症してないキャリアがうろついていることになるな。


 スペインでもこのあいだEbolaで亡くなった修道士を看護していた看護師の女性が感染し、悪化の一途をたどっているとか。その彼女の愛犬が殺処分を受けたとかも。犬はEbolaのキャリアになるが、発症はしないんだそうだ。仕方がないとは思うが、ちょっと考えさせられた。


 一方でPhiladelphiaからドミニカに行く飛行機内で、自分はEbolaだと叫ぶ乗客が取り押さえられたらしい。この乗客はEbolaに感染しておらずただの冗談だったらしいんだが、こんな風に愉快犯が出てくると騒ぎが増長されそうだな。


 ちょっと前からウイルスの殻タンパク質に興味があったので時間を見てはMolecular Viologyっていうテキストブックとにらめっこしていた。まだ1/4ほどしか読んでないけどね。日本だと化学畑の人間はこういったウイルス学を学ぶ機会がないんだけど、タバコモザイクウイルスの結晶化に成功したWendell Stanley博士は化学畑のヒトでノーベル化学賞を受賞している。学生の頃にもうちょっとウイルスの勉強をしておけばなぁと思うこの頃だ。


 最後にちょっと希望的観測を。まあ記事が古いけどグラクソ・スミスクラインとNIHが開発しているワクチンがヒトを対象とした臨床に入るとか。このワクチンが有効ならもうちょっと対処法がでてくるんだろうな。

米国立衛生研究所(NIH)と英製薬大手のグラクソ・スミスクラインが開発しているエボラ出血熱のワクチン候補がサルへの接種で予防効果を示した。

 このマカクザルを対象とした前臨床試験(動物実験)の結果は英医学誌「ネイチャー・メディスン」の電子版に7日掲載された。




 テキサスのことがあったし、ちょっと戦々恐々としているのである。



FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2014/10/10 22:28】 | 生活
トラックバック(0) |


cooyou
正直、いままでは対岸の火事と思ってましたが、さすがに米国内に入ってくるとやはり警戒してしまいますね。テキサスはまだここから遠いとはいっても陸続きですし。ワクチンもそうですがエボラに効果的な抗ウイルス薬も出てきてほしいものです。ところでウガンダではマールブルグで死者が出たというニュースを見ました。エボラもマールブルグもフィロウイルスなので、これも何か嫌な感じです。


misssy
アメリカ国内だからというのもありますが、感染が報道された人があっというまに亡くなってしまうというのを目の当たりにすると嫌な感じは倍増しますね。NIHにいたころとなりのベンチでエボラのワクチンを作っていた、と最近ブログに書いていた人がいましたが、そのワクチンなんでしょうね、グラクソが作っているのは。

コメントを閉じる▲
blog_2014_10_09_00.jpg これまで通勤のときや歩いているときに使っていたBTヘッドフォンの右の枝が折れた。どうやらバックパックに無造作に入れていたときに無理な力がかかったらしい。第4世代のiPodのドック端子にBTアダプタをつけてこのBTヘッドフォンをペアリングして使っていたんだが、iPod側の電池消費量がとても早かった。まあiPod自体の設計がBTを使うことを前提でデザインされてないからね。とにかくこのヘッドフォンが壊れてからは優先のイヤフォンを使ってiPodで音楽を聴いていたわけである。


 さて最近、Google Musicに音楽をアップロードしてスマホかタブレットで聞くようにしたことを記事にした。そうなるとやはり有線のイヤフォンだとちょっと邪魔かなぁと思ってしまったので、BTイヤフォンを買うことにした。選んだのはJarv NMotionのBluetooth4.0対応のイヤフォンだ。


blog_2014_10_09_01.jpgblog_2014_10_09_02.jpgblog_2014_10_09_03.jpg
イヤフォンなので箱も小ぶりである同梱物はUSBケーブルや大中小のイヤフォンなどコントロール部分



 判断基準はまず軽いことと長時間装着しても痛くならないこと。特に前のBTヘッドフォンは耳介の上のほうにスタビライザがついていて歩行中に本体が落ちないようになっていたんだが、長時間装着しているとこのスタビライザが耳介を圧迫して痛くなってくるのである。だからスタビライザが無いかあっても取り外しができるやつを探した。


 またイヤフォン型にするかヘッドフォン型にするか悩んだ。後者だと大型になるがその分、電池容量を稼げるので再生時間が長くなる。だからイヤフォン型は長時間再生には向いていないとなる。まあ結果的には”かさばらない”チョイスにしたわけだが。


 今回は音質にはこだわらないことにした。だから値段があまり高くないヤツを探していた。それでも汎用性、つまり充電がマイクロUSBでできるヤツを探した。ミニジャックのやつでもっと安いのもあったんだけど、充電器を無くしたら使えなくなるからね。


 そんなわけでJarv NMotionのBluetooth4.0対応のイヤフォンである。リテールだと$70もするんだね。Amazonだと$29だ。



 今日、ちょっと散歩に出かけたときに使ってみた。そこで発見。ワタシのDroid4だと処理速度がすでに限界なのか、Moto360と併用すると音声が途切れまくる。その証拠にMoto360とDroid4のBTペアリングを切ると再生がスムーズになる。ただ不思議なのは自宅で机に向かってこのイヤフォンを使っているとき。Moto360とDroid4はペアリングしつつ、このBTイヤフォンもペアリングしてたんだが、楽曲はほぼスムーズに流れる。ちなみに再生中にはMoto360に楽曲名とジャケットが表示されるアプリをインスコしてある(このアプリは次の曲へスキップや一時停止などの基本操作もリモートでできる)。


 もう一つ実験してみたのが3つの機器をペアリングさせたまま、それぞれ離れた場所に置いた場合。Droid4を寝室に、Moto360を居間に、そしてBTイヤフォンを装着してキッチンで洗い物をしてみたらやはり音が途切れるようになった。歩いているときもそうだが負荷が高い場合、BT機器間の距離が変化すると途切れまくるみたいだ。試しにNexus7をそばに置いてBTイヤフォンを装着しつつキッチンで洗い物をしたら、曲の途切れはかなり軽減する。


 まあDroid4でスマートウォッチとイヤフォンをペアリングするというのがちょっと無茶なのかもね。最近の機種(たとえばMぽんのMotoX)でどうなるかは試していないのでわからないが。現実問題としてMoto360をペアリングしながらBTイヤフォンを使うというシーンはあまり意味がないだろう。メールやメッセがスマホに届くと再生中の楽曲の音量が自動で下がってBTイヤフォンにピロ~ン♪と着信音が鳴るからね。


FC2blog テーマ:スマートフォン・アプリ - ジャンル:携帯電話・PHS

【2014/10/09 16:05】 | コンピュータ
トラックバック(0) |
blog_2014_10_08_00.jpg 今朝、洗濯しようと思い、下のランドリールームにいったら洗濯機が使用中だった。午後になっても放置してあるから、どかそうか検討中である。ゴミ箱に入れないだけ良心的である。まあ冗談はさておき、先日購入したMoto360のファーストインプレッションでも書こうか。


 Moto360っていうのはMotorolaが販売する同社の最初のスマートウォッチであり、世界最初のサークル型ディスプレイを搭載したスマートウォッチでもある。だから腕につけていてもフツーの腕時計のようであまり違和感がない。スクエア型ディスプレイのLG G WatchやSamsungのGear Liveと違ってとってもスタイリッシュに見える(あくまで主観だが)。ただやはりちょっと厚さはある。男性の腕ならそんなにヘンじゃないが、女性などの細腕だとちょっと存在感がありすぎるかも。



blog_2014_10_08_03.jpgblog_2014_10_08_04.jpgblog_2014_10_08_06.jpg
左が男性、右が女性の腕に装着した状態、写真だとわかりにくいが右だとちょっと存在感がある厚さはフツーの腕時計よりはあつい




 時計のフェイスはいろいろと用意されており、自分の好きなデザインを選べる。だからこれは結構、新しい感覚だ。あたりまえだけどフツーの腕時計ならその外観は固定されるけど、これなら気分や服装によって違うデザインに変えられるからね。





 ただまだAndroid Wearが安定していないのか、それともMoto360のファームウェアが熟れていないのか、挙動がおかしいときがあるね。それと搭載CPUがちょっと非力なのか、スワイプ時にちょっとラグがあったりでぎこちない。タッチセンサーの感度もスマホに比べてラグあるね。ちょっと昔のAndroidみたいだ。これはほかのスマートウォッチは性能の高いCPUをつんでいるらしいからこういうラグが無いのかもしれないけど、ワタシはそんな欠点なんかどーでもいいくらいの魅力的なデザインがMoto360にはあると思うよ。


blog_2014_10_08_01.pngblog_2014_10_08_02.pngblog_2014_10_08_05.png
Android Wearの画面、これらの音声コマンドが使える、最初に"OK Google"っていってそのまま続けて音声コマンドを発音する感じこちらはMotorolaの管理アプリ、Connect、フェイスの変更、健康状態(心拍計がMoto360には搭載)、そして現在地の表示もしてくれる



 では何がスマートウォッチでできるのかといえばだね、一番使うんだろうなっていうのが時計を見ることだろうね。え~?って思うかもしれないけどさぁ、最近はケータイ(つうかスマホ)のサイズがデカくなってきているから、カバンなんかにしまうヒトもいるのではないでしょうかね。そして腕時計なんかいらん、だってケータイあるしっていって時刻を知るのをケータイに頼っていたヒト。そんな状況に便利だね。


 まあそんなことのためにこんな大がかりなものが必要なの?ってハナシだけど、それこそ人それぞれだろう。ワタシは高校で剣道やって以来、腕時計をするのをやめた。部活の後に革バンドの時計をすると汗でバンドが臭くなるんだわ。それに金属バンド、嫌いだったし。それ以降、時刻の確認は街中の時計またはケータイ(これは大学院以降だけど)に頼ってきたわけだが、ここに来てデカいケータイが世界の主流になりつつあるわけだ。そうなるとちょっと腕時計のコンパクトさが恋しくなってきたわけである。そこにタイミング良くスマートウォッチというものが出てきたので飛びついたのが個人的な動機である。


 もちろんそれだけではないよ。スマホと連携するからね、けっこういろいろな付加価値がある。たとえばさっき書いたようにスマホをカバンなどに入れているヒトとか。メールがあった場合、すぐに気がつかないことがあるよね。そーいうときに便利。ワタシの場合はちょっと違うけど、メールの通知は便利だと思う。腰にホルスターをつけてそこにスマホをいつも携帯しているんだけど、メールやメッセがあるとバイブするわけさ。そーなると気になるから、そのたびにスマホをホルスタから取り出すんだ。そしてそれがジャンクメールだったら悲しいことこの上ない。だからスマートウォッチでジャンクかそーでないかを確認できるのは重宝できる。



 あと個人的に気に入っている機能は”OK Google”で始められる音声コマンド。ちょっと未来っぽくてカッコイイと思うのはワタシだけでしょうかね。特に最近、使ってみたスタバのメンバーカードを使ってみたときのやつ。まあまだ公式のスタバアプリ自体は対応してないんだけど、スタバカードのバーコードをスマートウォッチのディスプレイに表示できるアプリがあるのだ。これをスタバのスキャナで読み込むと、お支払いしゅうりょう~♪と相成ります。モールのスタバで使ってみたんだが、店員さんが興味深く聞いてきました。ただスキャンするときにちょっとスマートウォッチの画面とスキャナの読みこめる位置に合わせるのが戸惑いましたが。


 最後に電池の保ちである。これまで使った限りでは感覚的に1日で電池は切れると思った方が良い。前回のエントリで書いたように、引きこもっていたらその限りではない(だいたい2日くらい)が、まあ電池の持ちはよくない。最近のAndroid WearとMoto360のファームのアップデートで改善されたとか聞いたけど、その辺はまた後ほど。



 ワタシ個人は満足している。この間、Targetにいったら東洋系のワカモノがワタシがMoto360をいじっているのを見て、声をかけてきた。カレも気になっているらしく、買う価値はあるかどうか聞いてきたね。まあそれは上でも書いたけど、ヒトによる。そのときはまだ手元に来て2日目だったからわからんと答えたけどね。





FC2blog テーマ:スマートウォッチ - ジャンル:携帯電話・PHS

【2014/10/08 15:47】 | ケータイ
トラックバック(0) |
 最近は特に変わったことがない。ので手持ちのデジタルガジェットの話題を中心にお送りしているお。


 某掲示板を見てたらAndroid Wear 1.0.2へのアップデートが出たとか。まだGoogle Playにあがっていないそうだが、今月半ばくらいにはアップデートのアナウンスがあるとか。それに先立ちココのリンクからapkをダウンロードできる。


 ファイル名はcom.google.android.wearable.app-1.0.2.1476973-201476973-minAPI18.apkで、これを端末の適当な場所にコピーして、ファイルマネージャーで開けばインストールが始まる。


 アップデートの内容はリンク先によればスマートウォッチの電池の持ちがよくなるとか。Moto360側のファームウェアの更新があったあとはそれなりに電池が保つようになった気がするんだが、ヒトによってはまだ短いと思うかもね。ちなみに目安としてフツーに外に出て使えば1日で電池は無くなる感じ。ただ自宅に引きこもっていると2日半くらいはもっているね。


 まあその辺はまたおいおいレビューしてみる。



FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2014/10/07 16:40】 | ケータイ
トラックバック(0) |
 この間、化学科の講演を聴きに行くときに久しぶりにバスに乗った。そんで久しぶりに音楽でも聴こうと思い、Google MusicにアップロードしたプレイリストをDroid4にストリーミングして聴こうとしたんだが...なんだかディスプレイが消えるとGoogle Musicも落ちてしまい音楽が中断されるようになってしまった。


 こんな現象は自宅にあるNexus7では出ていないので、Droid4のルート化によるものであることがわかる。特にルート化してインストールしたXposedモジュールの中にありそうな雰囲気。スリープに入って走っている最中のアプリを停止させると思われるのはワタシのDroid4の中には3つある。GreenifyRecent App Cleaner、そしてこれはXposedモジュールじゃないけどLlamaっていうアプリだ。


 Greenifyは常に作業領域に居る必要のないアプリやプロセスを一時休眠(ハイバネーション)させることで、メモリ領域を開放させるモジュールなんだが、これはハイバネーションするプロセスを自分で指定しなければならない。当然、Google Musicは除外したんだがスリープとともに音楽が止まってしまう現象は残ったままだ。ではLlamaはどうかといえば、これも自分で起動するきっかけ(トリガー)を設定するので、Google MusicやBT関連を停止させるようなトリガーを設定していない異常は関係ない。


 そうなるとXposedモジュールのRecent App Cleanerということになるわけだ。このモジュールの便利なのはAndroidはマルチタスクということで、たとえばブラウザを開いたと思えばゲームも同時に開始させることができる。コレ自体は便利なんだけど、Googleサーチで検索するとブラウザが開くわけだが、そのあと別のタスクを始めてしまうとこのブラウザなんかが開きっぱなしになるわけだ。つまり作業メモリ領域が最近起動したアプリによって占有されたままになるんだが、これはホームボタンを長押しすると最近使ったアプリ一覧が表れるので、スワイプすることでそれらのアプリが占有しているメモリを開放できるようになる。この作業を自動化するモジュールがこのRecent App Cleanerであるんだが、これの動作トリガのデフォルトがスクリーンオフで、どうやら走っているGoogle Musicを強制的に停止させてしまうことがわかった。というわけで、このモジュールの設定にある除外リスト(有償版のみこの設定ができる、$1.36)にGoogle Musicを入れてやると、スクリーンオフになっても音楽が聴けるようになりましたとさ!


 まあちょっと考えればわかるんだけどね。もしルート化した端末でGoogle Musicで音楽を聴いている最中に突然、止まってしまったらRecent App CleanerというXposedモジュールをインストールしているか、そしてその設定を見直してみると良いだろう。



FC2blog テーマ:スマートフォン・アプリ - ジャンル:携帯電話・PHS

【2014/10/06 21:56】 | ケータイ
トラックバック(0) |
blog_2014_10_03_00.jpg カードのポイントが貯まっていたのでこれを利用して今話題のMotorola、Moto360をオーダーした。日本では未発売だが某掲示板の一部ではちょっと話題になっているようである。なんとか海外から並行輸入しようとしているのがわかる。ただこのスレッドがたち始めた頃(9月中旬)はまだこっち米国も未だ品薄状態で、近くのBestBuy店舗にも在庫はなさそうだった。さらにGoogle Playなんか在庫切れが続いていたし、Motorolaの直販サイトですら在庫ありが出るとその数時間後には在庫切れって状態が続いていたんだが、日本の熱心なアーリーアダプターたちは在米のワタシよりも速やかにExpansysなどを通して購入していたみたいだ。ワタシはといえばカードのリワードストアにMoto360が表れるまで待っていたんだが、つい先日、Best Buyがリワードストア側にも供給を始めたためオーダーした。ところでBest Buyの通販って転送住所のブラックリストを作っているんだね。日本からの購入希望者がBest Buyの在庫有りをみるやいなやオーダーしてたが、転送業者の住所ではねられたと某掲示板に書かれていた。まあ転送業者を利用してまでBest Buyで購入したい理由もわかる気がする。定価が$249でExpansysだと$350くらいになりさらに送料や為替レートなどで4万円半ばまで行くんじゃないかね?一方でワタシはリワードのディスカウントが適用されたのでドル建てで$190くらいに値引きされていた。


blog_2014_10_03_01.jpgblog_2014_10_03_02.jpgblog_2014_10_03_03.jpg
送られてきた化粧箱の中身ACアダプタとQi規格の無線充電クレイドル本体は黒をチョイス



 まあ新製品なのに値引きが適用されたからではないんだが、その代わりにえらく時間がかかってウチにやってきた。まあBest Buyの配送センターがカリフォルニアにあるらしく、そこからここまでは丸々1週間かかったかんじ。色は下見をしたときに黒と決めていたので黒を選択してたんだが、たどり着いた化粧箱から取り出して見ると質感がしっかり出ててやはり正解だった。化粧箱も初の丸型のスマートウォッチということで、丸型でオサレである。


blog_2014_10_03_04.jpgblog_2014_10_03_05.jpgblog_2014_10_03_06.jpg
これが同梱物保護フィルムがついてるけどMoto360のフェイス裏側にも保護フィルム、中国で作られているのがわかる



 最近、reddit(簡単にいえば米国版の某巨大匿名掲示板みたいな)のMoto360スレッドで見つけたんだが、Moto360の裏側のカヴァーにヒビが入りやすいそうだ。特にベルトとのヒンジの近くなのでバンドを交換したヒトは特に注意が必要みたいだが、フツーに使っていてもそうなったと訴えているヒトがいた。なんか特に腕が細いヒト(きつくベルトを締める傾向があるため)はクラックができるかもと分析しているヒトが日本の掲示板で分析してたな。まあこれはちょっとマイナスポイントなので、あとで対処を考える。


blog_2014_10_03_07.jpgblog_2014_10_03_08.jpgblog_2014_10_03_09.jpg
簡単セットアップみたいな説明書と保証についての規約Qi対応の専用クレイドル充電時には正面底近くの小さなLEDが点灯する



 さてまず充電しろということで充電を始めようとするんだが、どうも起動しないと充電が始まらない。そんで起動すると今度はセットアップとファームのダウンロード・アップデートを始めようとする。すでに手に入れた人の経験によれば、充電せずにセットアップすると途中で切れてしまい、再起動しなくてあせったというお話がチラホラでていたので、ちょっと困った。まあワタシはある程度設定してから(Android Wearのインスコとペアリング)、ダウンロードが始まった直後に電源を切って(竜頭を長押しして)再起動させクレイドルに乗せてむりやり充電開始させた。あとこれも既知の問題点なんだが、充電中にスクリーンが表示され続けるため画面焼き付けが起こるというもの。これはSlumberっていうAndroid Wearアプリ(充電中に画面を切るアプリ)を入れてとりあえずは対処する。充電が終わったらセットアップの続きということなんだが、この辺、まだ熟れていないカンジだな。


 ペアリングはカスタムロムをインストールしたDroid4。誰かがカスロムインスコ機だとうまくペアリングできないとか言ってたが、Android WearとMotorola Connectをインストールしたらあっさりとペアリングできた。だからカスタムロムでも問題なく使える模様。まあMotorola同士だしな。あと某掲示板で触れている人もいたが、充電中は熱くなる。ただQi充電器を使っているヒトならわかると思うが、無線充電は結構熱くなる。それを基準に言わせてもらえば、Moto360の充電時の熱はまあ大丈夫でしょ~ってかんじだ。ただ触れないほど熱くなるってことはないので、もしそうなら交換してもらうことをオススメする。まあそういうことでワタシの場合のオーダーからセットアップまでの流れをレビューしてみた。



FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2014/10/03 08:44】 | ケータイ
トラックバック(0) |
blog_2014_10_02_00.jpg もうずいぶん昔のことだ。修士論文を書くにあたりパソコンが必要になった。○工大の研究室ではAppleのMacintoshが主に使われていたので、自然と自分もMacがほしいと思っていた。当時、化学系の研究室でMacが使われていた理由はおそらくだがChem Drawというアプリケーションの存在が大きかったんだと思う。当時のWIndowsにはこれに匹敵する構造式作画ツールが無かったからね。ほかにもMicrosoftのWordはMac版じゃないと編集や絵の貼り付けが思ったようにできないとか、当時の指導教官たちは言っていたような気がする。ああ、あとPostScript対応のプリンタがMac対応のみとかもあるか。まあとにかくWindows(当時は3.1とか95/98)では代替にならないというのが周りのコンセンサスだった。


 そういうわけでワタシの最初のPCはPower Macintosh 6100という機種。これまでのMacに搭載されていたMotorolaのMC68K系CPUを搭載するMacからIBM・Motorola・Appleの3社共同開発されていたPowerPCシリーズを搭載する初めてのPower Macintoshの一つだった。ワタシのMacはAVシリーズということで映像出力用の拡張カードがデフォルトで刺さっており最高解像度が当時としては高い機種(1152x870だとか)だったそうだ。載っていたOSは漢字Talk7.0系で後にMacOS8までアップグレードした記憶がある。


 さて修論なんだが自宅ではこの6100の漢字Talk7上で走っていたMS Wordで書いていた(確か...)。ただこのOS、やたら不安定でしょっちゅう爆弾マークやらSadMacやらが出て苦労した記憶がある。研究室ではふる~いMacintosh SE/30というのを使って書いてたな。まあそれでも修論だったからね、なんとかだましだまし使って書き上げた。たしかその後、直ちに日本化学会の春季年会の準備もコレでやったな。


 その後、博士3年間もこのMacにお世話になった。ただ研究室の指導教官がMacオタクだったので、研究室内のMacがどんどんアップグレードしていき、自宅のこのMacの性能も陳腐化してしまった。そのあたりでPowerPC G3とかいう当時としては強力なCPUが登場し、ワタシの6100用のPowerPC G3搭載拡張カードも発売されたので、これを機にG3カードを搭載した(リンク先はワタシのものではないが、基本的に同じコトをした)。これでD論に臨んだわけである。まあいろいろあったがD論提出も終わり、公聴会も済み、そして最終試験も終わり晴れてDを取った。


 その後、最初に赴任したのが大分である。ここにはこの愛機のPower Macintosh 6100/G3を持っていき、これでデータ整理したり学会発表準備、論文作成をしてきた。大分には1年しか居なかったのでこのMacとは足かけ6年の付き合いであった。大分を辞して渡米するときにこの相棒は実家に置いてきたからね。それ以降、ワタシはWindowsユーザーとなったわけである。だから今のAppleのOSXについてはくわしく知らない。UNIXベースで作られたOSってくらいか?わかっているのは。まあ当時のMacOS系アプリをきれいさっぱり切り捨ててOSXにしたから、まったく未練がなかったんだよね。


 それがワタシのMacの思い出である。ではワタシの相棒のMacは今はどーなっているかといえば、東京の実家にある。しかも修士のときに研究室で使っていたSE/30も廃棄するとか言ってたので、もらってきて修理して一時期使っていた。メモリ増設したり、ネットワークカードを秋葉で見つけてきたりしたし、アナログボードが壊れたので半田ごて握って修理したり、さらにはMacOSのアップグレードパスからも見放されてたので、NetBSDっていうUNIX互換OSをインストールしてファイルサーバーにしたりしてた(ここでネットワークの知識やUNIXコマンドなんかも覚えたな)。それもまだあるはずだ。


 ワタシのコンピューターリテラシーを育んでくれた機体たちである。



FC2blog テーマ:Mac - ジャンル:コンピュータ

【2014/10/02 19:40】 | コンピュータ
トラックバック(0) |
 今日は午後から化学科のセミナーに行ってきた。デラウェア大からスピーカーを招待したらしく、この間、友人によるとインディアナ大でも講演したヒトらしい。若手でデラウェアではやり手のassistant professorだとか。ワタシがデラウェアにいた頃には居なかったファカルティなのだが、講演内容にちょっと興味があったので聴いてみることにした。


 今回のスピーカーの写真を以前に見たことがあり細身のヒトだと思ったら、結構太っていた。少しでも将来の自分の講演スタイルの向上のために寝ずに聴いていたんだが、講演中ひっきりなしに"okay"を言っていたのが耳についた。またプレゼンの構成なんかもちょっとイントロが冗長なような気がした。まあこの辺は別に長くてダメってことはないけどね。


 ただ研究内容が二酸化炭素を電気化学的に還元して一酸化炭素を作るというお話で、電気化学に使う電極をビスマスにして電解質を最近はやりのイミダゾリウム塩を使って固体触媒様に使うっていうことだったんだが、イントロでそれ以外の部分(電気化学で必要な電力の供給源である光エネルギーの説明や生成物である一酸化炭素をFTプロセスを使って合成石油をつくる説明なんか)に結構時間を割いてたんだが、彼の研究結果にはその辺は一切含まれてないなぁってカンジ。純粋に電気化学に終始してた。


 正直言ってカレの自分の違いはなんだろうかとちょっと思ってしまったょ。もちろん業績(出版した雑誌)は自分よりすごいんだろうけど、どれも自分には見つけられかった!とか目から鱗が落ちた!みたいなことはなかったんだ。まあ来歴だろうな。2007年(自分よりも7年も後に博士とっていることになる)に学位を某超一流大学でとってそのままそこの大御所研究所でポスドク、そんでファカルティだからな。自分の来歴と比較するのも憚られそうだ。


 ところで今、自宅で論文をせっせと読んでいるんだが、もうちょうバイオ系の研究である。biochemistryじゃなくてbiologyのほうね。ヒト由来のガン細胞使っているので、たぶんこれまでの”バイオ”とは次元が違うかもな。そもそも基礎知識が不足している様な気がするので、もっと勉強せねば...


 そういえば久しぶりに化学科のセミナーに出て思った。っていうか、さすがミシガン大かもって思うことがあった。セミナーの後の質疑応答なんだが、学生の質問が結構、スルドイんだ。少なくとも自分の経験したことのなるUDやMSUよりもって意味でね。



FC2blog テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2014/10/01 20:29】 | 研究
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。