米国けんきゅうにっき 2018年05月
FC2ブログ
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
 話は前後するが、走行中にエンジンルームから白煙が出ていたハナシの続き。

 結局だが、トランスミッションの大規模修理を敢行した。異常発熱の原因を取り除けば走行中に発火の恐れはなくなるかということで。そのついでにパワステポンプからの液漏れも直した。ここから漏れ出したATFが高温になったエンジンのマニフォールドに垂れて白煙が出ているようでもあったので。実際、そのトランスミッションとパワステポンプを修理したら$2500ほどかかったんだけど、少なくとも発火の危険はなくなったかなぁ~と思った。

 その矢先である!またエンジンルームから白煙が出てきたので、またガレージ入り。

 今度はパワステポンプの配管からも液漏れがあって、そこからATFが漏れ出していたんだ。それが例によってエンジンのマニフォールドにかかって白煙が上がっていたのである。この修理に$200かけたが、最終的にはちゃんと不安なく走るようになった。

 そういうわけで、毎日の会社への足になっているんだが、少しずつエンジンオイルが漏れているんだよね。まあこれはオイルパン側からの漏れなので、ドロップは直接地面行きである。だから発火の危険はないだろう。

 今年いっぱいはなんとか使っていきたいものである。



【2018/05/16 12:40】 | クルマ
トラックバック(0) |
Blog_05_13_2018_00.jpg 今週は結婚記念日である。2010年に結婚したので、今回で8回目。そういうわけで、かねてから行きたいと思っていた、郊外にあるレストランに行って8周年を祝うことに。


 通常ならばどこか落ち着いたビアレストラン(マイクロブルワリ+レストラン)に行くのだが、この辺のマイクロブルワリはもっぱらテイスティングルームである。食事は持ち込みかフードトラックでオーダーだ。だから今回はブルワリという囲いをとっぱらって、近傍の蒸留所に併設されたレストランへ行ってきた。

Blog_05_13_2018_01.jpg Blog_05_13_2018_02.jpgBlog_05_13_2018_03.jpg


 Woodburyという小さな町から更に北東の小山を越えると、そのレストランはあらわれる。周りは牧草地で囲まれており、看板が現れるまでホントーにレストランがあるのか半信半疑であった。それだけへき地にあるのでポーチからの眺めは、天気のよさも相まって最高であった。

Blog_05_13_2018_04.jpg
 

 ビールはメニューにないが、Moonshine(いわゆる禁酒法時代の隠語の”密造"酒)ベースのカクテルで乾杯してから、バーガーを頬張る。味はあまり濃くなく上品な味付けであった。そして食後にはあまりいつもは食べないデザート、ブラウニーである。目出度い日だからね。


 お天気に恵まれた8回目の記念日。晴れ男と晴れ女が小さな町の郊外にあるレストランであげたささやかな祝杯、そして妻へのねぎらいと感謝の日であった。



【2018/05/14 10:47】 | 生活
トラックバック(0) |