米国けんきゅうにっき 2019年05月
FC2ブログ
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
 タイトルにあるように来週から日本出張。2年ぶりの日本となる。その出張後はいよいよユタへの旅が待っている。


 この出張のおかげでUrbanaで大学院時代の恩師と会う予定がキャンセルとなった。ホテルも予約したのだが、キャンセル不可のディールだったので約$100が無駄になる。個人的には精神的には痛恨の一撃である。


 まあ、仕方ない、社畜だからな。



 

【2019/05/31 15:03】 | 生活
トラックバック(0) |
Blog_05_29_2019_00.jpg

 さてMammoth Cave国立公園の玄関になるpark Cityを公園側と反対の方角に向かうとGlasgowという小さな町がある。こじんまりした米国の典型的な田舎町なのだが、品の良い感じである。そこのダウンタウンの中心部にはYancey’s Gastropub and Breweryというマイクロブルワリがある。今回はここで昼食をとることにした。

Blog_05_29_2019_01.jpgBlog_05_29_2019_02.jpg

 町の中央には郡のCourtHouseが鎮西しており、その目の前にブルワリはある。わが街 Murfreesboroもそうなのだが、旧市街地にはたいていスクエアなるものがあり、そこに行政機関の建物が置かれているのだが、このGlasgowでも同じような構成の街並みである。

Blog_05_29_2019_03.jpg

 店内はお昼を少し過ぎたくらいだったので、客で混雑しているという感じではなかった。どちらかといえば、ちょっと空いているくらいか。特に待たずにちょっと昔の古いホールのような店内の席に案内される。

Blog_05_29_2019_05.jpgBlog_05_29_2019_04.jpg

 ビールであるがLawnmower(芝刈り機)とApron Leaf(葉っぱの前掛け?)を注文する。前者はラガー系、後者はワタシの好物、未ろ過のIPAである。特筆すべきはIPAの後味の良さである。IPA特有の攻撃的な苦みではなく、もっと優しい感じ。後味はそれが良く反映されている。Lawnmowerも癖のない良いビールだと思う。一緒に食べたバーガーとよく合うビールだ。

Blog_05_29_2019_06.jpg

 ちょっとひっそりとしたダウンタウンにたたずむブルワリはちょっと秘密の場所的な雰囲気だ。訪れた日や時間がそうだったのかもしれないが、時間が緩やかに進んでいるような空間であった。




【2019/05/30 13:20】 | ブルワリ
トラックバック(0) |
Blog_05_27_2019_00.jpg

 先週の土曜日から本日、メモリアルディの3連休を利用してMammoth Cave国立公園で2泊3日のキャンプをした。Mammoth Caveは2012年の夏にミシガンからクルマで来訪したことがある。この時もキャンプをしたのだが、今回は洞窟ツアーはスルーして地上でのアクティビティ(飲んだくれたり、自転車にのったり)に終始すると決めていた。

Blog_05_27_2019_07.jpg


 最近まで知らなかったのだが、Mammoth Cave国立公園はMTBトレイルが充実しており、MTBバイカーにとっての天国だとか。また今、住んでいる街からクルマで2時間という利便さもあり、メモリアルホリディの目的地として選んだのである。

Blog_05_27_2019_04.jpg

 ただ当初考えていたBig Hollow Loop Trailは上の写真のようなフェリーを利用しないとたどり着けない場所にあり、しかも今シーズンはこのフェリーの運航は中止していたため、目的のLoop Trailにいけないことが発覚。事前にレンジャーステーションでこのLoopの詳細を聞いたにもかかわらず、この場所に行くまでこのフェリーの運航が中止されているわからなかった。対応したレンジャーが若手の女の子というのもあったのだろうか、時間をちょっと浪費してしまったのだ。

Blog_05_27_2019_02.jpgBlog_05_27_2019_03.jpg

 気を取り直して走ったのが、キャンプ場から起点になっているMammoth Cave Railroad Trailというグラベルロードである。MTB用というよりは大衆向けサイクリンクコースだが、途中で結構、急な上り坂もあり体力は使うコースともいえる。ここを端から端まで走るとPark CityというI24の入り口まで行けるのだが、途中の池までをゴールと定めて出発した。

Blog_05_27_2019_05.jpgBlog_05_27_2019_06.jpg

 日頃の朝のジョギングのおかげなのか、難なく池にたどり着く。ちょっと暑かったが、テネシーほどは暑くなかった。池に着いたときに70ちかくのおじいちゃんにトレイルについて尋ねられたが、まあ時間をかければいけるんじゃないかと回答する。ただMTB用のブロックタイヤを履いていれば、なおのこと良いとも伝えた。


 さてキャンプとしての総括だが、意外と涼しかった。あいにく、2日目の夕方にゲリラ豪雨に見舞われたが、新装備のスクリーンテントが雨宿りに非常に役にたつ。一方で、エアマット用の電動ポンプが壊れていたため、夜の寝床があまり快適ではなかった。これはいよいよ軽量型のエアマットを買うべきかと考えさせられた。またもう一点、自転車のキャリアについて考えさせられる。今、新しいクルマのTraverseについているトウイングパッケージは2インチのものなのだが、ワタシのキャリアは1.25インチ対応品でスリーブをつかって2インチのヒッチに取り付ける。前のExplorerが1.25インチのヒッチを装備していたため、キャリアの購入当時はこのクラスのものを選んだのだ。ただこの構成だと結構、段差などで不安定になるので、Anti-Rattle Stabilizerなるものを付けて今回の旅に臨んだ。しかしながら、往復で4時間の旅の間にスタビライザーのネジが緩んでいることがわかった。もちろんこのネジが緩んで直ちに、キャリアが落下することはないのだが、1か月後のユタへの旅に対応できるか少し不安を覚えた。休憩ごとに確認をするべきであろう。


【2019/05/28 13:20】 | 自転車
トラックバック(0) |
Blog_05_23_2019_00.jpg


 明日からMammoth Caveでキャンプの予定だが、非常に暑くなるとの天気予報である。まあ週間予報でわかっていたことだったので、パワーステーションを用意してキャンプ場では扇風機を使おうかと思っていたのだ。しかしながら昨年の様に熱帯夜でテント内では暑すぎで眠れない場合のことを考えると、家庭用のタワー型扇風機を持っていくよりも小型の卓上扇風機を持って行った方が良いかとふと思いつく。そーいうわけでAmazonのタイムセールで目に留まった充電式卓上扇風機を2組買った。

Blog_05_23_2019_01.jpgBlog_05_23_2019_02.jpg

 Amazonで注文したのが火曜日だったのだが、届いたのが今日、木曜日である。まあキャンプに間に合えばよかったのではあるが、無事に出発前に届くかちょっと心配であった。


 内容物は本体の扇風機とリチウムバッテリー、それに充電用のUSBケーブルである。仕様では一番低い風量で使うと8時間連続で動くそうだ。これなら一晩はたえられそうである。さらにパワーステーションも持っていくので、キャンプ中での風力切れは避けられそうだ。


 風量は3段階での調整可で、さらにエクストラで簡易懐中電灯としても使えるそうだ。まあその機能はあまりいらないのだが、Amazonのレビューがすこぶる良い。特にキャンプで助かったとか、まさにワタシたちのニーズに持ってこいのフィードバックである。実際、先ほど使ってみたのだが、一番弱い風量でも十分に涼しい。これがタイムセールで$3オフ。非常にお買い得である。


Blog_05_23_2019_03.jpg


 これで正真正銘、熱帯夜対策も万全である。今季初のキャンプはどんな経験を得られるであろうか。



【2019/05/24 11:41】 | 生活
トラックバック(0) |
Blog_05_22_2019_00.jpg

 地鶏棒、もとい自撮り棒。アクションカメラでの撮影の際に、安定した撮影を行えるようにということで購入。水にも浮くため、水辺での撮影に適しているのだが、しばらくは海とかに行く予定はなし。

Blog_05_22_2019_01.jpgBlog_05_22_2019_02.jpgBlog_05_22_2019_03.jpg

 まあYouTuberになるための投資の一環である。$9で購入したが、三段階の伸長機能がある。実はコレを購入する前に妻の提案でFive Below($5以下で買えるgoodsが売っている店)に行ってきたのだ。絶対に売っているからとのことだったのだが、見事に売り切れていた。しかもマイク付きのヤツ。今回購入したアクションカメラは外部マイク端子のないモデルなので、そのマイク付き地鶏棒をかってもあまり意味はないんだけどね。巷では自撮り棒が大人気のようだ。


 とにかくだが、これでキャンプの準備は整った。一つ心配なのは、週末はものすごく暑いとの天気予報である。昨年の独立記念日でのキャンプの二の舞にならなければ良いのだが...



【2019/05/23 11:29】 | コンピュータ
トラックバック(0) |
Blog_05_21_2019_00.jpg

 以前からの懸案であったアクションカメラを買った。当然、GoProではなく中華製の安いブツである。そしてその目的は、表題にあるようにYouTuberになるため!


 冗談はさておき、目的はせっかく買ったクルマのwalk throughをやって自分のYouTubeチャンネルにアップしておきたいためである。そう実はワタシはYouTuberという名詞が謳われる以前の12年前から米国えいぞ~にっきというチャンネルを持っているのだ。このブログ同様、すでに閑古鳥が鳴いているようなチャンネルなのだが、ここにきてちょっと手入れをしようかという気になったわけだ。その一環として、昨年に買ったクルマの紹介やら、どこかのMTBトレイルを走っている動画とかやらをアップしようかということだ。

Blog_05_21_2019_01.jpgBlog_05_21_2019_02.jpg

 購入したアクションカメラだが、Victureという数多あるGoPro路線の廉価アクションカメラメーカーの一つから出ているAC800という機種である。まあ安いのだが、Amazonのタイムセールで$30ディスカウントが適用されていたので、$49でゲットした。コレを選んだ基準は揺れ防止機能がついていること。YouTubeを観ていて個人的に、画面の揺れが激しいのはちょっと敬遠してしまうから。

 一方で最後まで悩んだのが、4Kモード時に30fps(フレーム毎秒)での撮影が可能か否か。たしかに30fpsだと映像が非常にスムーズになるのだが、そのぶんファイルサイズが肥大化してしまい、再生時の負荷で画面が止まってしまうことがある。そういうわけでこの点は妥協、結果、このカメラは4Kモードで25fpsまでの撮影が可能である。

Blog_05_21_2019_03.jpgBlog_05_21_2019_04.jpgBlog_05_21_2019_05.jpg

 写真のようにこの手のカメラは付属品が大量についてくる。主なものは水中撮影用のスリーブや自転車やヘルメットに固定するクランプなどだ。ただ分かったのだが、防水用ケースに入れて撮影すると内蔵マイクの集音が遮断されてしまうため、大声で話さないと音をしっかりと拾ってくれない。これはちょっと想定外である。まあアフレコで対応しろというところなんだろうが、ちょっとメンドーなので、walkthrough撮影時には防水ケースから取り出して使うことになりそうだ。


 さてちょっと試しに使ってみたところ、値段のわりに十分キレイな映像を撮影できると思う。初心者(?)YouTuberには十分である。それと確かに4K/25fspで撮影すると、ファイルが重すぎて再生機器を選びそうな予感。少なくともワタシのスマホでは出来上がった映像はカクカクした。まあ4K時のスローモションでのシーンを撮りたい場合に有効なのだろうが、現在のワタシの用途には必要なさそうである。


 週末はキャンプである。ここでいくつかの撮影を敢行しようかと思う。




 


【2019/05/22 12:32】 | コンピュータ
トラックバック(0) |
Blog_05_20_2019_00.jpg

 表題にあるように携帯可能な大容量バッテリー、Jackery Explorer240をAmazon経由で購入した。モデル名に謳われているように240Whの大容量リチウムバッテリーで、主に停電などの緊急時に利用できるパワーソースとして用いるものである。ちなみにワタシたちの用途は電源のないキャンプ場での扇風機の電源などを考えている。

Blog_05_20_2019_01.jpgBlog_05_20_2019_02.jpgBlog_05_20_2019_03.jpg

 でわどれくらいのパワーソースを期待できるかといえば、仕様によるとスマホの充電で17回、ラップトップの充電で4回くらいが目安だとか。これならば2泊くらいのキャンプには十分耐えうるハズ。さらにオプションで太陽電池モジュールを使えば、晴れている限りは充電できるという寸法だ。


 いずれにせよまだ実戦投入されていないので海のものとも山のものともいえないのだが、今週末のメモリアルホリディのキャンプに持っていくので、どんな感じかは後日、お伝えしたい。




【2019/05/21 13:46】 | コンピュータ
トラックバック(0) |
 先週、Blu-rayでAvengers: Infinity Warを観たのだが、今日はとうとう映画館で続編のEndgameを観た。自宅からすぐそばにある映画館にてである。


 もともとは昨日はCaptain Marvelを観ようと思っていたのだが、すでにレイトショーのみの上映になってしまったので、今回は映画館での視聴をあきらめる。そういうわけで、今日は午後4時の安い時間帯を狙っての視聴である。


 さて、ここではネタバレはしないが、個人的には非常に良い映画だった。上映中はワタシも涙したが、ほかの観客のすすり泣く声もちらほら聞こえた。なかなかない状況である。


 ちなみにワタシのボスはInfinity Warを観ずにEndgameを観たのだが、結局はなんだかわからなかったといっていた。まあそりゃそうだよねと、帰りのクルマの中で妻と話した。Infinity Warを観なければこの映画を見ること自体の価値が半減以下だと思う。まあ本人が良いならいいけど。


 Blu-Rayが発売されたら、さっそく買って自宅でもう一度、観てみたい。


【2019/05/20 10:45】 | 映画
トラックバック(0) |
 表題にあるようにアクションカメラを探している。GoProみたいなやつ。ユーチューバーになるためだ。


 個人的にはGoProはオーバープライスだと思う。中国製の安いアクションカメラが大量に出回っているので、それで事足りると思う。


 まあ調べてみたらピンキリなんだけどね。4K/30fpsや揺れ防止(EIS)とかつくと値段が跳ね上がる。まあ用途に合わせて選べということなんだろう。


 ということで、今夜中に決めたいところである。





【2019/05/17 12:41】 | コンピュータ
トラックバック(0) |
 ワタシのスマホはMotorolaのDroid MotoZ Forceというやつだ。2017年の1月にDroid Turboから機種変したとブログに書かれているので2年以上使っていることになる。


 そんな第1世代のMotoZだが、最近になり激しく動作が遅くなってきた。Android OSはどうも使い続けていくと動作がもっさりしてくるような気がするのだが、iOSの場合はどうなのだろう。ともかく、この激遅い現状を打破するにはファクトリーリセットが一番なのだが、これをするといろいろと再設定がメンドーなのも事実である。会社のメール受信とかバイオメトリクス認証とかね。


 それにそろそろMotoZ4のうわさがちらほら聞こえてきている。今秋かと言われているようだ。次に機種変するならMotoZの最新機種と思っているので、ここでファクトリーリセットして、すぐに機種変するというのはちょっと徒労に終わりそうだ。そーいうわけで、やはりもうひと踏ん張りしてもらいたい。


 ところでiPhoneは選択肢に入らないのかといえば、正直ないね。iPod touchには興味あるけど。iPod touchも秋口ではとささやかれているので、こちらも期待大である。




【2019/05/16 10:12】 | ケータイ
トラックバック(0) |
 すでに何度かこのブログでも触れているかもしれないが、ワタシはここ2年くらいから朝5時半ごろにアパートオフィスにあるジムのトレッドミルで30分走っている。毎朝ではないが週に4回、2.5マイル(4キロほど)走っている計算になる。おかげさまでこの2年の間に10キロ体重を落とした。

Blog_05_14_2019_00.jpg

 さて、この朝のトレーニングではご多分にもれずBT対応の無線イヤホンを使って音楽を聴きながら走っているのだが、この無線イヤホンが2年弱の利用で壊れた。正確には壊れたというより、バッテリーの持ちが悪くなっといった方が良いか。さらに言えば、夏場は結構、汗をかくのでこのイヤホンも汗にさらされることが多々ある。そんな中、防水か不明のリチウムバッテリー入り中国製イヤホンを鼓膜のそばに装着するのはちょっと抵抗がある。そういう理由もあったので、新たにBT対応無線イヤホンを買うことにした。


 純粋にトレーニングの時のみにしか使わないと割り切っているので、できるだけ安くてIPX7対応のものということで、$17(クーポン適用後)のLETSCOM BT Headphoneという聞いたこともないメーカーのブツを選ぶ。先代のイヤホンも$22とかで買って約2年利用できたので、同じくらい持てば十分元は取れるだろうという判断だ。

Blog_05_14_2019_01.jpg

 音楽プレーヤーも長らく使っていた第4世代iPodが壊れて久しく、この2年はやはり先代のワタシのスマホ(Droid Turbo)を流用している。このケータイ、4年前に買ったものだがまだバッテリーは健在なので、十分に音楽プレーヤーとして機能する。こう書くと物持ちがよさそうだな。

Blog_05_14_2019_02.jpg


 とにかくだが、新しいイヤホンは耳へのフィット感がハンパねぇ。これならトレッドミル上で走っていても落っこちることはないだろう。さっそく、明日の朝試してみたい。




【2019/05/15 11:57】 | コンピュータ
トラックバック(0) |
Blog_05_13_2019_00.jpg


 先週金曜日の結婚記念日には妻がパエリアを作ってくれた。豊富な海鮮物が乗っており大変ラグジュアリーであった。


 さて今日は日本と会議があったのだが、我ながらなかなか良い仕事ができた。自画自賛である。この調子でCFT活動もそつなくこなせればよいだが。


 明日は妻のクルマのガソリンがほぼ空なので、ワタシが彼女のクルマを使う。代わりに妻がワタシのTraverseで出かける予定だ。ワタシは帰りに給油する役目である。今日はIntrepidで出勤だったが、明日はCurze、明後日は雨なのでTraveseになるだろうから、Intrepidは木曜日まで出番はなさそうだ。




【2019/05/14 11:28】 | 生活
トラックバック(0) |
Blog_05_12_2019_00.jpg

 この週末は雨模様だったので、自宅でゴロゴロとしていようかとは思ったのだが、気を取り直してブルワリ巡りに勤しんだ。土曜日はMill Creekというブルワリ、本日はHappy Trails Brewingである。前者は2年ほど前にすでに本ブログで紹介しているので詳細は割愛するが、Murfreesboroから比較的近くのNolensvilleという場所にあるブルワリである。その一方で後者のHappy Trails Brewingは今回、初めての訪問地、Spartaという小さな町にある。


 SpartaはMurfreesboroから1時間半くらいの場所にある。今の会社に入る前に、いくつかの理由でこの辺に越してくる可能性があったためブルワリについて調査していたのだが、当時はSpartaに1軒しかマイクロブルワリが見つけられなかった記憶がある。今回の訪問はそのブルワリではなく、2017年にオープンしたHappy Trailsである。

Blog_05_12_2019_01.jpg Blog_05_12_2019_02.jpg

 さてHappy Trailsのタップルームだが、こじんまりしていて家庭的な雰囲気である。妻曰く、Ann Arborに住んでいたころによく通ったCorner Breweryを連想させるとのこと。確かに納得である。そんなブルワリではトリビア(クイズ大会みたいなもの)が開催されており、非常に幅広い年齢層(小学校低学年から老人まで)が参加していた。まさに町の憩いの場的な雰囲気である。

Blog_05_12_2019_03.jpg Blog_05_12_2019_04.jpg

 本日のオンタップには残念ながらIPAはラインアップされていなかったのだが、2種類のHefeweizenがあったので、それらを注文した。Tropical Storm HefeweizenとHYOHである。個人手には前者のTropical Stormが当たりである。HYOHも良いと思ったがTropicalはマンゴーのベースが非常に調和していて、まさに夏のビール!っていう感じだ。ぜひ、真夏の暑い日に一気に飲みたいビールである。今日は涼しかったのが残念なのだが、夏の暑い晴れた日にはこのブルワリにあるポーチで飲めば最高だろう。


 ところで今日はAvengersのInfinity Warを観た。昨日、遅ればせながらBlu-rayを買ってきたのである。今日、そのまま映画館でEndgameを観ようかと思ったのだが、Infinity Warのクレジットの後のシーンでニック・フューリーが残したテキストメッセージから、やはり上映中のCaptain Marvellにも俄然興味が出てきた。来週はどちらか見に行こうかと思う。



【2019/05/13 11:12】 | ブルワリ
トラックバック(0) |
 なので絶対、定時にあがるのは内外ともに至上命令である。


 あっという間に9年である。永住権を取得したのもほぼ時を同じくしているので、来年には更新しなければならない。10年というスパンはあっという間に感じてしまうこの頃。


 そーいうわけで明日はランでも買って帰る予定である。再びの挑戦である。


 ところで自転車はBianchiのMagmaにしようかとココロが傾いている。仕事でもいろいろとありそうだからね。まあそーいうことだから、いろいろとマイルストーン的な結婚記念日なのである。


 9年目だがまだまだカラダは健康。ひとえに妻のおかげである。





【2019/05/10 11:52】 | 生活
トラックバック(0) |
 2017年にイース8となる"ラクリモーサ・オブ・ダーナ"というアクションRPGをプレイした。ご存知かとは思うが、イース1および2、"失われし古代王国"から連綿と続く”赤毛のXX、アドル・クリスティン"の冒険譚である。その新作ナンバリングタイトルであるイース9が出るらしい。


 ”モンストルム・ノクス"というタイトルで発売は9月26日とのことだ。また今回からプラットフォームがPS4に移される。これまでPlaystationは頑なに買わなかったのだが、とうとう購入する時が来たのだろうか?(初代PSは持ってましたが...)


 9月まではまだ間があるので、購入は熟考したい。XBOX ONEやSWITCHなどの別プラットフォームへの移植もあるかもしれない。今はチョコボに集中せねば...



【2019/05/09 12:04】 | ゲーム
トラックバック(0) |
 ここ数日、メールでChattanoogaのバイクショップと意見交換をしている。先日も触れたように、新たに購入を検討しているMTBについてだ。


 もともとは妻の2017年モデルのBianchi Kuma 9.2と御揃いにしたいと思い、2019年モデルのGrizzlyを購入検討していたのだがディスコンとの情報を入手したのが先週のことだ。一方でMagma 9.1というモデルが今月から入荷しており入手が可能とのこと。それで悩んでいるわけである。


 GrizzlyはMSRPで$1,400なのだが、Magmaは$850である。その分、機材の質に妥協が見られる構成だ。なのでフロントフォークをエアサスのものに交換できないか打診したのが事の発端である。


 Grizzlyの価格帯から勝手に120mmのトラベルをもつフロントサスだと思っていたのだが、実際はエントリーサスによくみられる100mmトラベルの上、ホイールのシャフトがスルーアクスルではなくクイックリリースであることが分かった。そのため120mmトラベルを持つフロントサスフォークは非常に限定的との回答を得る。そう、今のMTBのトレンドは剛性で有利なスルーアクスルなわけである。


 一方で、ショップから提案されたのがJamisのHighpoint A1というモデルだ。こちらは$1,000で120mmトラベルのフロントサスフォークを装備している上、もともと興味があるフロントディレイラーを配したフロントシングルのドライブトレイン。非常に魅力的である。だがドローバックもある。ブレーキの効きが悪いと評判のTektroのコンポを装備しているのである。


 ということでBianchiのMagmaのフロントサスをエアサスに交換するか、JamisのHighpointのブレーキをShimanoにしたもので比較した。ショップは(ワタシの好みも鑑みたうえで)Magmaに軍配を揚げているのだが、Highpointも捨てがたいのである。


 特にJamisのバイクには以前から興味があったので、ここにきてJamisという選択肢が出てきたのはなんだか縁を感じるのである。まあもう少し時間をかけて検討してみようかとは思うが...




【2019/05/08 11:05】 | 自転車
トラックバック(0) |
Blog_05_06_2019_00.jpg 

 一昨日の土曜日のことだが、Old Fort Parkwayを走っていると白いIntrepidが隣のレーンを走っていた。ワタシのIntrepidと同世代モデルで、この街で走っているのを見るのは2台目だ。


 Rutherford郡はデラウェア州と同様、車両登録するためにはエミッションテストをパスしなければならない。だからこの街にはあまり古いクルマは走っていないのが通例である。


 にもかかわらず、このようにIntrepidが走っているのを見るとちょっと感慨深い。少なくとも作られてから20年以上は立っているはずだから。


 そういうわけで本日の出勤はIntrepidで久しぶりに出る。一応、毎朝、使わなくても暖気はしているのでエンジンはかかるのだ。ただ走るとなるとちょっと不安感がある。まあこの間の修理で、異常振動はしなくなったのだが、天候が悪い場合は大事をとって使わないことにしている。


 明日は晴れるようだが、明後日以降は雷雨の予報。だから明日もIntrepidで出勤したら、しばらく彼女は休養の予定である。




【2019/05/07 11:22】 | クルマ
トラックバック(0) |
Blog_05_05_2019_00.jpg 

 前回触れたキャンプ用のアウトドアチェアが昨日届いた。予定では来週くらいとAmazonのトラッキングでは表示されていたので青天の霹靂というやつ。


 妻にそのチェアはいつ届くのかと聞かれたのが昨日の午後のこと。まあ来週くらいという話をしているさなかに妻が外に目を向けるとFedexのトラックが去っていくところだった。


 その直前に、最初は上の階の部屋からかと思っていた比較的大きなノック音が聞こえていたのだ、日常茶飯事なので気にも留めていなかった。


 そんなこんなで改めてAmazonのトラッキングをチェックしたら配送済みになっているじゃないですか。それでさっきのノック音と走り去るFedexのトラックを連想すると家の前にブツが置かれていることになるわけだ。


 まあ何とも間抜けな話なんだけど、実際、家の前にでっかい荷物か置かれていた。さっそく、開封して部屋で使い心地を確認したのがついさっき。お昼ご飯を食べた後に、このチェアで昼寝をしてみたのだが、2時間ほど眠れた。妻曰く、イビキもかかなかったので、良好な睡眠が摂れそうだ。


 このチェアを2つ、今回のキャンプに持っていく。バイクを乗り回した後は、ビールを飲みながらキャンプサイトで睡眠タイムの予定である。



【2019/05/06 11:02】 | トラベル
トラックバック(0) |
 そろそろキャンプの季節ですね。我々もメモリアルディホリディの連休を使ってMammoth Caveのキャンプ場で2泊する予定だ。ただ今回はCaveのツアーには行かず、地上のMTBトレイルを堪能する。あとはキャンプ場でダラダラするつもりである。そのためのイスを買った。


 今日、オーダーをしたばかりなので写真はない。リクライニングできるアウトドアチェアである。ホラ、よくプールサイドにあるようなやつね。SUVを買ったおかげでなんでもキャンプ場に持ち込めるのである。


 あとは去年の様にあまりの暑さで眠れないといったことがないことを祈るばかりである。




【2019/05/03 11:14】 | トラベル
トラックバック(0) |
 最悪。


 これまで米国で4州(デラウェア、モンタナ、ミシガン、そしてテネシー)に住んできたが、運転のマナーは間違いなく最低だ。


 ミシガン州時代もたいがいヒドいマナーだとは思ったが、あっちは雪国のせいか、運転技術があるようで、アホみたいなテールゲートはあまりなかった。一方でテネシーは何も考えていないのがよくわかる。


 朝、たったの3マイルの通勤でアタマに来るヤツらに遭遇する確率の高さは目を見張るものがあるのね。年取ったから短気になったかもだが、それでも他州と比較すると、それだけではないような気がします。


 毎朝、出勤するときは冷静にと決意して出る毎日である。まあテネシーでもこのMurfreesboroが特に悪いのかもしれない。実際、郊外に出れば、あまりストレスは感じないので。


 いずれにせよ短気は損気である。クラクション鳴らして、逆に撃たれたら目も当てられない。



【2019/05/02 11:16】 | 生活
トラックバック(0) |
 ChattanoogaとはここMurfreesboroからクルマで1時間半くらい南東に位置するちょっと大きめの街だ。そこにあるBianchiのディラーに連絡したのが土曜日の夜のこと。翌日の日曜日にはコンタクトがあった。


 まず分かったのはケンタッキーにあるディラーと同様、celeste色のGrizzlyの在庫はないとのこと。それ以前に、2019年モデル自体がディスコンということが分かった。


 一方でcelesteカラーで現在、購入可能なのはGrizzlyより下位グレードのMagmaというモデル。公式を見る限りはフロントサスがRock ShoxではなくSuntourであるのと、スプロケット(リアのギア)が10速ではなく9速であるという違いがある。フロントサスのリモートロックがないのもちょっと微妙だ。まあコンポとフロントフォークを取り換える改造をすれば良いのだが、フレームがGrizzlyよりもどうかな~という不安がある。


 まあそのディラーにGrizzlyの在庫がまだ市場に残っていないか調べてもらうことにしたが、6月までにどうするか決めなければ...




【2019/05/01 10:45】 | 自転車
トラックバック(0) |