米国けんきゅうにっき Margrethe湖畔にてキャンプ
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blog_2015_08_29_00.jpg 今回は独立記念日にキャンプに出かけたLake Margretheとその周辺の紹介でもしよう。というのはこの湖、非常にきれいな水の上、遠浅なので若者たちが水遊びをしていたのが印象的だったので。ついついボートが欲しくなる錯覚に襲われたのである。場所はミシガン州の北にある観光地、Traverse Cityよりはちょいと南のGraylingという町にある。この町はミシガン州軍の最大のキャンプ(基地)があるということで、州兵の存在が町の財政を支えているのだとか。まあそんな感じはまったくしない、観光地ではあった。

blog_2015_08_29_01.jpgblog_2015_08_29_02.jpgblog_2015_08_29_03.jpg
予約したキャンプサイトは湖のすぐ畔、ファイヤリングの奥の小道を進むと湖畔に出る


 今やキャンプサイトの予約はミシガン州のレクリエーションサイトで簡単にできるのだ。ちょっと前までは早い者勝ちがフツーだったんだけどね。そこでインディペンデンスディを絡めて2泊分予約したのである。現地の写真とかがなかったので、ちょっとしたイチかバチか感があるんだが、結果的にはすばらしいサイトだった。湖からすぐそばなので水遊びも楽しめるし、木々に直射日光からも守られているので心地よい気温である。


blog_2015_08_29_04.jpgblog_2015_08_29_05.jpgblog_2015_08_29_10.jpg
テントはモンタナ時代から使っている4人用の3シーズンのやつ私たちはテントサイトに併設されているピクニックテーブルをキャノピーをたてて覆う、夜の虫除けであるでもキャンプファイヤにあたるときはキャノピーの外ね


 テントとキャノピーを設置するのはデフォルトである。その上に虫除けということで、蚊取り線香をいくつか設置する。以前はリペラントを周囲にばらまいてたんだが、なんだかんだいって蚊取り線香が一番、効果的である。それにキャンプファイヤを始めると、虫がそれにつられてくるので、あまり不愉快には感じない。


blog_2015_08_29_06.jpgblog_2015_08_29_07.jpgblog_2015_08_29_08.jpg
Margrethe湖の水はきれいであるボートは隣のキャンプサイト住人のものらしい、昼夜を問わず係留されている



 湖の水はクリアである。隣のサイトのキャンパーが帰り際に泳いでいた。遠浅なのか膝下くらいの深さである。べつのキャンパーのpontoon(桟橋船)は浅すぎで座礁しそうになっているのもあった。まあボートの皆さんは、船に揺られながら昼寝を楽しんでいたり、もっと湖の中央で釣りしていたり(魚が目視できる)、はたまたジェットスキーやってたりとやりたい放題である。そーいうのを見ているとボートが欲しくなる。そのためにはF150(ピックアップトラック)が必要だな...


blog_2015_08_29_11.jpgblog_2015_08_29_12.jpgblog_2015_08_29_13.jpg
そして近くには...まだ新しい感じの店内Kolschをオーダー


 キャンプサイトの近くにはブルワリもあった。しかも二件!残念ながら今回はDead Bear Brewingしか訪れなかったんだが、もう一つはまた次回ということで。さらに残念なんだが、このブルワリのIPAは品切れであった。しかもここで醸造しているビールのほとんどが品切れとか。そういうわけで普段はあまり頼まないKolschをオーダー。これが唯一この日に飲めるここのビールである。まあワタシの好きなアンフィルタードなのと、味もなかなか良かったので、これはこれで満足である。


 何はともあれ、湖水がきれいだったのが印象的である。だからミシガンダーの間でもボート所有者には人気のサイトらしい。パドリングやカヤックとかなんかもレンタルできるので、もっとお手軽かもしれない。そうなると、もうちょっと長期滞在したいところである。ちょっとウォーターレジャーに食指が動きそうである。


FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2015/08/29 22:17】 | ブルワリ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。