米国けんきゅうにっき Salt Springs Brewery
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blog_2015_11_23_00.jpg 今日は妻の元同僚がオフということでAnn Arbor(正確にはSaline)まで行ってお昼を共にすることにした。昨日の大雪でAnn Arborまでの道のりは大丈夫なのかと心配していたのだが、今日は非常にすばらしい天気だったので問題なしであった。さてSalineといえばAnn Arbor近郊の小さな町なんだが、ココにはNoviに引っ越しする前から開店予定だったブルワリが2軒あったのである。残念ながらどちらのブルワリもNoviに引っ越してからグランドオープンしたので訪れる機会に恵まれなかったのだが、今回はその元同僚とのランチをそのブルワリ、Salt Spring Breweryでとることにした。


blog_2015_11_23_01.jpgblog_2015_11_23_02.jpgblog_2015_11_23_03.jpg
店内はスペーシャスで天井も高いステンドグラスから差し込む日差しが店内を彩る



 店内は広々しており、天井も高い。これは教会を改装したためで、窓にはステンドグラスがはめ込まれている。このように教会を改装したブルワリといえばGrand RapidのBrewery Vivantを思い出す。このブルワリも最近、ストアに卸しているなぁ。


blog_2015_11_23_04.jpgblog_2015_11_23_05.jpgblog_2015_11_23_06.jpg
定番の3 Kids in a Candy Store IPAバナナのフレイバーを加えたHefeweizenそして元同僚のLさんにはフライト(サンプラー)をオススメ



 まずIPAの第一印象。あんまりホップが強くないので、それに伴い苦みが控えめである(あくまで主観では)。だから料理の味とも喧嘩しないので、非常に食がすすむ。まだアルコール度自体もそこまできつい感じがしないのが良い。アフターテイストがグレープフルーツなのはIPAの常道だな。一方のHefeweizenもまたフルーティなタッチがあって口当たりが優しい。これもまた私の好きなノンフィルタードスタイルである。ところで個人的にはあまり頼まないフライトだが、やっぱりグラスが並んでいるとビジュアル的に美しいよね。特にステンドクラスから注ぐ昼下がりの陽光に照らされる姿はある意味、神々しい。ちなみにフライトは上の写真で手前からIPA、Kick Axe Kolsch、Saison、Big Brown Bunny Porterだ。この中でSaisonもまたHefeweizenのようにフレイバーの効いたすばらしい仕上がりであった。


 最近はマイクロブルワリの開店ラッシュなのか、いろいろな場所にブルワリが見られるようになった。14年前にデラウェアで始めたブルワリ巡りの旅ではここまでたくさんのチョイスはなかったので感慨深い。今後もまた飽くなき探求は続くのである。



FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2015/11/22 20:12】 | ブルワリ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。