米国けんきゅうにっき バッテリー交換
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今日は、Firestoneへオイル交換に行ってきた。ニュージャージーへの往復でちょうど交換時期が来たためだ。Novi周辺のFirestoneの評判はあまりよろしくないので、Cantonの支店に10時半に予約をいれる。


 オイル交換は意外と早く終わったんだが、バッテリーがもう寿命だと言われたのね。まさに1週間ほど前に、この間買ったばかりの電圧計でバッテリーの電圧を測ったんだが、エンジン停止で12V、アイドリング中には14Vと十分な性能に見えたんだけどね。まあウチにはバッテリー用のスキャナがないから、ディープな検査はできないし...前回に交換したのがオルタネータがDetroitで死んだ日なのですでに3年と半年ほど過ぎているんだが、ちょっと持たなかったかなぁ。


 というわけで妻との協議の結果、Firestoneで交換してもらう。直前にスマホでAdvanced Auto Partsとかでバッテリーの値段をチェックしたんだが、10ドルほどしか安くないし、Firestoneでの’交換で工賃やワランティを鑑みると10ドルプラスはまあアリかと。最近はちょっとクルマをいじると結構、疲れるんだ...運動不足だな。


 バッテリー交換は2.5年のフルワランティ、6年の限定ワランティ付きの奴になった。2.5年でぶっ壊れたら、無償交換、それ以降は経年により一部有償とのこと。3年半前に交換したバッテリーも同等品にすれば、今回はもうちょっと安くなったんだがな。まあほかに何かプロモーションがないか聞いたら、新年セールなのか10%オフにしてくれた。(実際は正当な主張だが)まさにゴネ得である。


 意外と早くバッテリーに寿命が来たのでちょっと驚いた。ミシガンは寒いからかね?Intrepidのバッテリーは去年、替えたばかりだが、ちょっと注意しないとな。こっちは定期的にFirestoneとかで診てもらっているわけじゃないから。


FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2016/01/02 23:27】 | クルマ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。