米国けんきゅうにっき Stony Lake Brewing
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
blog_05_31_2016_00.jpg ちょっと前になるんだが、Salineにあるもう一軒のブルワリに行ってきた。Salt Springs Breweryとは別のStony Lake Brewingという店である。実はこのブルワリ、2015年に開店するとかで2014年からティザー広告的なサイト(せっせとマグクラブやらTシャツやらの販促をしていた)を立ち上げており、今か今かと待ちわびていたのである。しかーし、その想いむなしく、Noviに引っ越すまでオープンすることはなかった。そんな思わせぶりたっぷりなブルワリであるが、先頃、満を持して開店したのである。


blog_05_31_2016_03.jpgblog_05_31_2016_01.jpgblog_05_31_2016_02.jpg
小綺麗なカウンターHop FlashはABV8.6%で108IBUであるBig French GirdはABV9.3%、33IBU



 ワタシはこのブルワリのフラッグシップと思われるHop Flashをオーダー。IBU値からもわかるように、要はインディアンペールエール(IPA)である。やはり柑橘系の後味が五臓六腑に染み渡る。もう一つのBig French Girlは苦みが控えめなんだが、アルコール度が強いパンチの効いたビールである。でもメニューに書かれている様に夏を連想させる味わいはグッドだ。


 Tシャツやらの販売でF/Bのタイムランを賑わしていたStony Lakeだがとうとう開店にこぎ着けたことを喜びたいね。ミシガンに来た当初はSalineにブルワリなんて1軒も無かったわけだが、2015年になって突然2軒も現れた。ミシガンは今やマイクロブルワリ産業が盛んといっても過言ではあるまい。この間のNovi市立図書館で開かれたホームブルーイングの講演なんかも、それを肌で感じさせる。ビール好きにとってミシガンは楽土になるであろうか?



FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2016/05/31 22:02】 | ブルワリ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック