米国けんきゅうにっき チェーンきりま~す
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
blog_06_04_2016_00.jpg 前々回のエントリで後ろのディレイラーがぶっ壊れた話をしたんだが、壊れたのはプーリーケージのスポーク寄りの調整ネジ。あまりにネジが硬かったので、一度ネジを外してグリースを塗って締め直そうとしたんだが、スレッドを嚙んだみたい。その結果、プーリーケージが車輪側に一番近い状態のままになった。ので、後輪をローギアにするとチェーンが外れてしまうようになった。一応、ローギアより内側には樹脂製の円盤が挟まれているので、チェーンがスポークに絡まって折ってしまうような惨事にはならないんだけど、まあまともに走れんわな。そんなわけで思い切ってリアディレイラーを交換する決心をした。ついでにチェーンもう交換しようと思ったので、フロントディレイラーも交換することにした。こっちはチェーンを切らないと交換できないから、まあ良い機会かなということで。


blog_06_04_2016_01.jpgblog_06_04_2016_02.jpgblog_06_04_2016_03.jpg
チェーンカッターというものだが、実際はチェーンのピンを外す工具チェーンカッターをチェーンのピンに合わせて、工具の押し出しピンを締めていくと、チェーンのピンがゆっくりと押し出されてきて、チェーンが切れる



 まず古いチェーンを切る作業。かくいう私も最近までチェーンをこうやって切るなんて知らなかった。なんか回転歯の電動ノコギリで火花散らしながら切っているのかと思っていたんだが、少なくともこの作業で街の自転車屋はそんなハデなことはしていない模様。


blog_06_04_2016_04.jpgblog_06_04_2016_05.jpgblog_06_04_2016_06.jpg
後ホイールはチェーンを切ってクイックリリースを抜けば簡単に外れる後ギア(カセットスプロケット)はおそらく20年近く洗っていなかったんだと思うデグリッサーを1缶と半分くらいつかって2日がかりで洗浄した



 チェーンを外したら、後ホイールは簡単に外れた。もちろんクイックリリースだからっていうのもあるんだけどね。ついでにカセットスプロケットの歯の数も数えた。ローギアで28T(toothの略だそうだ)、トップギアで12T。古い自転車なので何しろ資料がないんだよね。だから実測である。将来、もしかしらたら8段以上にできるかもしれないので、一応、ホイールエンドのサイズも測った。135mmということで90年代の典型的なMTBのサイズである。


 さてカセットスプロケットの洗浄だ。フリーホイールハブ内のベアリングのグリースが洗い落とされてしまうかもしれないけど、デグリッサーで執拗に洗うことにした。そのあと湯洗浄である。1缶使い切ってもまた汚れが落ちなかったので、WD-40のデクリッサーをまた買ってきて、ぶっ掛けまくりである。さらにすでに汚れきったウエスで歯の間をゴシゴシとこすったら、まあなんとかきれいになった。でもさすがに結構、サビとか出ているね。こいつの交換は検討対象だな。ただ専用工具が必要だ。


blog_06_04_2016_07.jpgblog_06_04_2016_08.jpg
フロントディレイラーはシマノのFD-M611 Down Swing 3x10-Speed Deoreというやつリアディレイラーは同じくDeore M591 9-Speed
blog_06_04_2016_09.jpgblog_06_04_2016_10.jpg
前ギア用シフターはSLX RapidFire Plus Mountain Bicycle ShifterでSL-M670後ギア用にはAcera SL-M310 Rapid Fire Shifter


 いやぁ、改めてシマノって自転車業界ではメガサプライヤーなのね。リサーチの結果、この組み合わせに落ち着いた。リサーチとはまあ、前後のギアの歯数からトータルキャパシティを求めたり(今回のは前が20Tで後ろ16Tのトータル36T)、フロントディレイラーを選択するためにシートステーの直径(28.6mm)やシートステーアングル(68°)やらを求めたりしたことね。こーいうのも結局、古いモデルだから実測にたよるしかない。たとえば今回のリアディレイラーの仕様だとトータルキャパシティは45Tで9枚までのスロケットに対応しているので、まあ大丈夫だろうという判断。その一方でフロントディレイラーの方はシートステー径に対応するものなら、どれでも大丈夫みたいなことが書かれていたのを信じて、3速対応のやつを買ったのだが、正直言って、ちゃんとフィットしたのか不安である。というのはこのMTBのクランクセットはバイオペースといって楕円形スプロケットで構成されている。さらにどうも転倒でなのかちょっと歪んでいた。まあその辺の苦労話はまたこんど。


 シフターの方は前用はSLXシリーズのちょっといいやつをチョイス。なんか下のグレードとあまり価格差がなかったので。ただ後用のは7段対応のやつが上のグレードでなかったのでこれにした。もちろん使えるんだけど、ギア表示が8速以上は無意味になるので、ちょっと使用時の見てくれがね。つーことで、明日はこいつらをインストールしたハナシでも。



FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2016/06/04 23:21】 | 自転車
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック