米国けんきゅうにっき 自転車を求めて300マイル
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ミシガンを去る前に休暇でメーン州に行ってきたのだが、その際に自転車を持っていった。詳しくは別のエントリで触れるが、そのときからMポン専用MTBの必要性を彼女に説いていたのである。ただ現在の自転車ブームはMTB発祥地の米国でもロードバイクに偏っており、多くのバイクショップではMTBの在庫はほんの2,3台のみという寂しさだ。そいうわけで前々から目当てだったBianchiのMTBなんてまず実車を拝めなかった。それでもめげずにNovi周辺のバイクショップを物色してたんだけどね。LivoniaのBianchi代理店はGiant専門店になっているし...まあその頃にはすでにテネシーに移ることは決まっていたので、ミシガン周辺で新たにバイクを手に入れるつもりはなかったのだが。


 ともかくテネシーに引っ越してすこし落ち着いてきたので、最寄りのBianchi代理店に行ったのが1月ほど前である。Nashville近郊の店で自宅からクルマで40分ほど掛けて行ってみたんだが、そこは(Bianchiの)ロードバイクしか取り扱っていないとか。その上、米国ではBianchiのMTBはほとんど手に入らないんじゃないかとか言われる始末である。ハイエンドモデル(Methanolとかいってた)ならまだしも、エントリーモデルのKUMAは絶望的みたいな口調であった。代わりに同じモールにあるMTB専門店を紹介されるも、そこで提示されたSpecializedのMTBはちょっと個人的にビミョーであった。


 一度はあきらめかけたんだけどね、CelesteカラーのMTBはカッコイイなぁと思ったわけですよ。ので、近隣で200マイル圏のBIanchi代理店にメールで問い合わせてみたところ、3件から返答がきた。ケンタッキー州のMurrayという小さな街にあるバイクショップと、同じテネシーはKnoxville、それとジョージア、Atlantaの店である。特に最初の店は直接電話を掛けてきて、在庫がある旨を伝えてきてくれたのである。


blog_2016_11_07_01.jpgblog_2016_11_07_02.jpgblog_2016_11_07_05.jpg
カタログで想像するよりも大きかったキャリアに載せても存在感アリ自宅に戻ってきて部屋に入れても存在感アリアリ



 とゆーわけで、MurrayまでKUMA29.2を取りに行ったのが一昨日のことだ。Murrayまでの道のりはただただのどかな田舎道を走る。Memphisに向かうI40を降りて州道をしばらく走るとホントーに田舎って感じで落ち着くのである。このほとんど人気のない道はBianchiのMTBを売っているバイクショップにホントーに通じているのかと思いたくなるくらいの雰囲気だ。まあその雰囲気とは裏腹に、片道2時間半掛けて目的地の町に到着である。意外とちゃんとした町で、道すがらの印象が失礼なくらいである。


blog_2016_11_07_03.jpgblog_2016_11_07_04.jpg
自分の自転車と比べると大人とコドモくらいの差がありますねタイヤサイズばかりじゃなくてハンドル幅もずいぶん違う



 さてさて昨日は妻とともに近くのサイクリングロードに出撃した。早速、妻のKUMA29.2とともにツーリングである。いや今までは妻のバイクは軽快車だったのでギアも3速しかなかった。だから一緒に走る際には速度を抑えていたんだよね。でも今回、彼女の自転車のホイールが29インチになったことと変速段数が計24段になったことで、私の古いMTBではついていくのがやっとのくらいになった。特に私のMTBは26インチのホイールなので、そのトップスピードの差をまざまざと見せつけられたカンジである。


 ただ変速性能についてだが、KUMAに搭載されているディレイラーのグレードが私のヤツより低かったためなのかね、シフトショックがでかいなぁという印象。もうちょっと変速性能を詰められるかもしれないので、なんともいえないけど。それ以外は彼女は満足のようである。ディスクブレーキも反応が良いとか。私もちょっと乗ってみたけど、確かに一漕ぎの進み具合がグッとくるね。私のTREKではついていくのがしんどいかなぁと思う反面、MTBトレイルなんか走ったらまた違うかもしれない。いずれにせよ今後のレジャーに多様性が出てきて楽しみである。


FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2016/11/07 23:49】 | 自転車
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。