米国けんきゅうにっき 謹賀新年2017
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blog_2017_01_01_00.jpg



 新年あけましておめでとうございます。


 2014年の終わりに研究職から離れ、自動車業界で働き始めてからほぼ丸々2年が経ちました。その間に正社員への正式採用、そしてテネシー本社への転勤を経て、この業界にどっぷりと浸かりつつあります。また本社へ異動してから出張が多くなり、日本への弾丸出張も9月にありました(6年ぶりの一時帰国でしたが、時間の制限のため日本の友人・知人に声をかけらなくて申し訳ない)。今年の初めにはミシガンおよび再び日本への出張、もしかしたらメキシコへの出張もあるようです。


 とまあ、どうやら今の会社に必要とされているという実感を持てます。ただ本当に今更感もありますが、研究者としてのプライドも捨てたわけではありません。論文草稿を2報、前のボスたちに提出してレビュー中です。また同僚の書いているドラフトのF/Bやもう1報、今年中にドラフトを仕上げようと思っております。これらの活動が何かに結び付くかわかりませんが、何かしらの形で研究の世界にかかわっていきたいという気持ちは変わりません。


 今年は引っ越したばかりのテネシーで、いろいろな分野の人たちと交流を持ち、存在感を強めていきたいと思います。


 改めまして本年もよろしくお願い申し上げます。


blog_2017_01_01_01.jpg


FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2017/01/01 18:08】 | ごあいさつ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。