米国けんきゅうにっき Mill Creek Brewingへ行ってみた
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
blog_2017_01_22_00.jpg 週末は天気が崩れると予報で言ってたので、自転車を乗り回すのはやめてMTBのシングルトラックコースの下見を兼ねて散歩に出かけた。その後にマイクロブルワリに立ち寄ったのだが、それが左の写真のMill Creek Brewingである。テネシーのスーパーのビールコーナーでよく見かける白地にパシテルカラーの缶が印象的なパッケージのビールを製造・販売しているブルワリなのだが、閑静な住宅街を越えてひっそりとした倉庫街の一角にそれはあった。
blog_2017_01_22_01.jpgblog_2017_01_22_02.jpgblog_2017_01_22_03.jpg
倉庫みたいな巨大な建物の入り口にそれはあった内部の大きな空間に大きめの醸造器が数台置いてあるタップルームらしくお品書きはシンプル


 大きな倉庫の前には大きな駐車スペースがあるのだが、その日は客がほとんど居ない模様であった。隣の敷地は野球場になっていて、少年野球チームが練習してた。たぶんその間に親が飲みに来ているのか?冗談はともかくひっそりとしているのに不安を覚えながら店内に入ると、これまた巨大な空間の真ん中にぽつんとタップルームが...

blog_2017_01_22_04.jpgblog_2017_01_22_05.jpgblog_2017_01_22_06.jpg
もう一杯はLil Darlinと名付けられたビールまずは自分的試金石であるIPAを注文IPAは気に入ったのでお持ち帰り

 店内には一組の客と店員が歓談の最中であった。耳をそばだてていると、このタップルームは改装中だとか。レストランでも開くのかしら?そこまでは分からなかったが、スペース的には申し分ない。ただ立地的にはどうなのかね...しばらくすると店員が注文を取りに来たので私はWoodshed IPAを頼んだ。一般的なIPAより苦みは控えめ。心地よく飲める。もう一方のLil Darlinは日本のビールに近い味。まあラガーだな。

個人的にIPAが気に入ったのでグロウラーを頼むことにした。でも通常のハーフガロンじゃなくて32ozのやつがあったので、それを頼む。ハーフガロンだと最近はすぐに飲みきれないのだね。かといって開けてしまうと風味が逃げてしまうので早いうちに楽しみたい。量と質を鑑みての決断である。まあ落ち着いてビールを味わえる良いブルワリだと思うのであった。

【2017/01/23 11:19】 | ブルワリ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック