米国けんきゅうにっき Cane Ridge MTBトレイルを走ってきた
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blog_2017_02_05_00.jpg 今週末は家でゴロゴロしていた。合間に元同僚の草稿を読んで、コメントを考えていたりもしたが...また今日はSuper Bowlだったので、夕方にはそれを妻と観戦していたが、応援していたAtlantaが最後に逆転されてちょっと残念。さて今週のハナシではないんだが、表題の様に近くのマウンテンバイクトレイルを走ってきた。以前にBianchiのKUMAを探す旅で立ち寄ったMTB専門店のヒトに勧められたのがココ。そしてこの間、Mill Creekというマイクロブルワリに行く前に下見に行った場所だ。この間のJones Mill MTB Trailは岩肌や木の根が多くてごつごつした感じだが、標高差がほぼない平らなトレイルだったんだが、今回のCane Ridge MTB Trailはアップダウンが激しくて個人的にはちょっとチャレンジングなトレイルだったと思う。でもネットではどっちも初心者向けのトレイルだと書かれているんだよね。


blog_2017_02_05_01.jpgblog_2017_02_05_02.jpg

 たったの4マイルしかないのに、上り下りが多いうえに道がクネクネしているわ、途中でジャンプ台もどきがあるわで気持ち悪くなり何度も休憩。落ち葉が結構敷き詰められていて、前ブレーキに落ち葉が何度かかんだ。改めてVブレーキだとMTBトレイルを走るのは微妙と悟るんだが、しばらくはこれで持ちこたえる。実際、後ブレーキ(カンティレバー)で主に停止していた。


 実際には1時間半かけて完走したんだが、いつも走っているGreenway(だいたい片道6.5マイル)なんかよりもはるかに時間と体力を消耗した。やっぱり起伏に富んでいるから立ち漕ぎしないと登り切れないんだよね。ただずっと立ち漕ぎしていると太ももにきます。途中、膝がカクカクしてきたので何度も休息をとっていたんだが、途中で後ろからくる何人ものMTBライダーに大丈夫かと心配される始末である。まあ休めば大丈夫なんだけどね。ただ途中で踏ん張りがきかなくなって落車しました。


 いやぁ、あらためてMTBって奥が深いや。



【2017/02/06 13:54】 | 自転車
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。