米国けんきゅうにっき ばいばい、エクスプローラ
FC2ブログ
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
blog_12-16-17_00.jpg 日食以来の4か月ぶりの更新だろうか。なんか忙しくてね。気がつけば、すでに冬になっていた。テネシーで2回目の冬なのだが、南部のわりに意外と寒い。とはいえ、ミシガンの様に雪が降らないので、クルマでの移動なんかは全然ラク。まあそんな中、妻が最近、エクスプローラで片道40分ほどの通勤をしていた際にO/Dにギアが入らなくなったとの連絡をうける。その週末にさっそく、Firestoneに行ってスキャナーで確認してもらったところ、どうやらトランスミッション(正確にはトルクコンバータ)に不具合があるとか。Firestoneではこれ以上は分からないとのことなので、会社近くのトランスミッションショップに持って行った。それがサンクスギビング直前だな。で、休み明けまでかかってわかったのは、トランスミッションの心臓部(バルブボディとソレノイド、トルクコンバータ本体)がだめになりつつあるらしいとのこと。修理には$2000近くかかるということも分かった。

  さていろいろと考えたのだが、新車を買うことにした。このエクスプローラは2003年式なのだが、買ったのがミシガンに来た年の最初の冬。走行距離にして8万マイルは走ったかな?あれからいろんなところを旅したおかげか、昨年のメーン州への旅以降、走行音(エンジン音)が激しくなったような気がしていたのである。それにこのクルマはもっぱら妻が通勤で使うことになっていたのだが、燃費が恐ろしく悪い。もともとはレクリエーション目的で買ったものだったので、通勤にはまったく不向きである。そんな家庭内の事情を鑑みて、新車を買うことに相成ったわけである。

 この2週間、週末は各社ディーラーをめぐっていた。ターゲットは低燃費のコンパクトセダン。シボレーのクルーズや、トヨタのカローラくらいを考えていたので、それぞれのディーラーで試乗してみた。結果的に上の2車種以外にはホンダのシビック・フィット、マツダのマツダ3、そして改めて日産のアルティマを試乗。フォードのフォーカスやダッジのダートも試乗したかったのだが、諸事情によりできなかった。まあ結論としてシェビーのクルーズに決断。基本的に妻が試乗して、彼女のフィーリングで決めてもらった。

blog_12-16-17_02.jpg

 契約したのが水曜日で、そのまま受け取ったのだが、エクスプローラを下取り(!)に出したので、本日は彼女の引き渡しだった。ちなみにこのクルーズとマツダ3が最終候補になったのだが、マツダのディーラーで下取りを言い値で受けるといわれたので、そのときは$2000で買い取ってくれといった。結局、このオファは受けなかったんだけど、その話をGMのディーラーで話したら$1500で買い取ってくれた。この年式では破格値だと思う。マツダ3もとっても良いクルマだとは思ったんだけどね、クルーズの燃費の良さに軍配が上がった感じ。

blog_12-16-17_01.jpg 

 今日は一時帰国するということで、朝から上司を空港までドロップした。その際に彼のクルマ(アルティマ)をしばらく預かることになっていたので、エクスプローラを引き渡すまでは我が家に4台のクルマがあったことになる。これは過去最大数だね。まあクルマの中を整理・清掃して、ルーフキャリアやバイクラックも取り外してディーラーに受け渡したのが今日の午後。ちょっと感傷的になったけど、6年間お世話様でした。


【2017/12/16 20:40】 | クルマ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック