米国けんきゅうにっき うおおお~眠い!
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 午前中に日本に送る荷物をパックしていたら、突然ボスがやって来ました。今日はただでさえ人が居ない日なのでちょっと吃驚。まあだからといって大した話はしなかったのですけれど。そのあとは日本から送っていただいたタンパク質の定量(濃度の決定)とそれを用いた実験計画を練っておりました。今回のこの実験は初めてなので、ちょっと慎重になっております。

 この間の日曜日にGrand Teton国立公園に行ったお話をしましたが、そこに行く途中でYellowstoneを通ります。今回はそのときに遭遇した動物たちのお話です。

 前回、Phillyの友人が来たときには殆ど野生動物に遭遇しませんでしたが、今回は天気が良かったためでしょうか、結構な数、遭遇しました。でもこれって時間帯も影響するんだよね。たとえばたそがれ時なんかはゾロゾロとどこからともなく出てきます。特にバッファローは夕方になると車道を歩いているのをよく見かけますね。特に反対車線を歩いているバッファローと目を合わせてしまったのは印象的。がたいににあわず、目はつぶらです。

黄昏時にあらわれるバッファローたち
Y_stone2005_0821(006).jpg
Y_stone_R2005_0821(003).jpg
Y_stone_R2005_0821(005).jpg


 特に車道を歩いているバッファローはぶつからないように注意が必要です。でもたいてい複数のクルマが停まっていて写真を撮ったりしているので、そんなキケンは比較的少ないのですが。でも日が落ちると途端にあたりは暗くなり、バッファローたちも背景にとけ込んでしまうので、ホントーに注意が必要です。

 他に見たのはエルクかな?

エルクでしょうか?
Y_stone2005_0821(004).jpg
Y_stone2005_0821(019).jpg
Y_stone2005_0821(021).jpg


 だめだっ!眠くなってきた。とりあえず、今回のYellowstoneではこんな感じの動物たちを目撃しました。でも、Grand Tetonではあんまり見なかったんだよね。

FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/08/24 09:52】 | 国立公園めぐり
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。