米国けんきゅうにっき ぐりーんかーどのこうしんにせいこうした!!
FC2ブログ
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
Blog_02_24_2020_00.jpg

 つい先日、グリーンカードの更新のため、指紋と写真をとってもらうために移民局事務所に行ってきた話をした。それから1週間足らずでステータス変更のお知らせが電子メールで届いた。メールには詳細が書かれていないため、MyUSCISにログインしてステータス変更の確認をすると、カード作成が完了し申請者に郵送されたのでこのケースは終了しますと出ていたわけだ。


 あまりの早さに拍子抜けしてしまった。だって知り合いの談話によれば、半年じゃとどかないだの、カードが発行されてもちゃんと届かなかっただの、ろくな話しか聞かなかったからね。


 まあそんなわけで、最速でグリーンカード更新のお知らせが届いたのだが、先ほどの2つめのロクな話がちょっと心に引っ掛かっていたため、ちゃんと届くか注意していたわけだ。


 USCISも不満がたくさんあることを承知していたのだかどうだか知らないが、プライオリティメールで配送されるとUSPSのトラッキングサイトには表示されていた。しかも$100のインシュアランスまで付けて。ただコレだと自宅で受け取る際に署名と身分証明が必要なのかなとも思ったのだが、昼過ぎ頃に自宅のメールボックスに投函されていた。これでどうやって配達を保証するんだろうとちょっと思ったのだが、中身を確認すると無事に向こう10年間有効なグリーンカードが入っていたわけである。

 というわけで備忘録のアップデート。

2020年1月18日  更新申請書受諾
2020年1月25日  バイオメトリクス指定日決定
2020年2月14日  Nashvilleでバイオメトリクス
2020年2月21日  ステータス変更(ケースクローズのお知らせ)
2020年2月24日  グリーンカード到着

 こういったプロセスにかかる時間のケース毎の違いはなんなんだろうかね。まあ知るすべもないので、コメントは控えるが、USCISのサイトには何か書かれているのだろうか。もしそうでないなら、ヤキモキして待っている人たちの精神的ストレスを緩和するためにそういった情報を開示してくれると良いだろうに。


 いずれにせよワタシ個人としてはホッとしている。これで向こう10年は何の心配もなく米国外に出られるわけだから。



【2020/02/25 11:33】 | 移民ビザ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック