米国けんきゅうにっき サービスパーツが届く
FC2ブログ
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
Blog_03_21_2020_00.jpg

 先日、薬剤散布用の牽引タンクを購入・使用したが、作業の最中にスプレーガンが脱落してしまいポッキリと折れてしまった話をした。買ったばっかりということもあり、クレーマー行動だなとも思いつつ、Agri-Fabのカスタマーサポートに連絡すると、直ちにリプレースメントを送ってくれるととのことだったのだが、それが一昨日の木曜日に届いた。電話してから4日で届いたことになるわけだが、このパンデミックの最中、素晴らしい対応だと感動する。

Blog_03_16_2020_05.jpgBlog_03_21_2020_01.jpg

 さて文章ではわかりにくいと思うので、どこが壊れたかを上の写真で説明しよう。タンク横にホールドされているスプレーガン(ワンド)が走行中に脱落したのだ。それが進行方向手前で落ちてしまい車輪に轢かれてしまい、上の右写真のようにポッキリと折れてしまったわけ。結果、根元部分から水が漏れ出してしまうようになってしまった。この製品の配管ではワンド側に必ず水が通るようになっており、ブームに取り付けられたノズル側へのシャットダウンのみがポンプ先についているバルブで行える。したがってワンド側の液体のコントロールはスプレーガンのトリガーのみなのだが、折れた際にそのトリガーバルブも破損したらしい。

Blog_03_21_2020_02.jpg

 そーいうわけで、先日の薬剤散布はダダ漏れの状態で行ったことになる。まあいずれにせよ薬剤をばらまくという点では変わりないかと思ったため。ただいずれにせよ、今後の作業のためにスプレーガンのリプレースメントが届いたのはありがたいのである。



【2020/03/22 01:08】 | ホーム
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック