米国けんきゅうにっき たらいまわしの5~NJの日本食レストラン
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今日もカラム、たぶん明日もカラム。(カラムとはほしいタンパク質や化合物などを分離するために用いる筒状のもので、中に適当な樹脂が充填されている。コレにより任意のモノをキレイに分離できるのである。ただ時間がかかることが難点。)しかし眠い、ネムイねむい。でもこのカラム、あと3回くらい流さなきゃならいみたいなんだよねぇ。今夜の夕飯はウェ○ディーズかな?

 ところでこちらの日本食とかどう思いますか?私はカリフォルニアのPalo Altoで初めて米国の日本食レストランに入りましたが、そこは西海岸。日本から比較的近いということもあり、日本人の人口もおのずと多くなります。実際、そこのレストランの厨房では日本語が飛び交っていました。さてところ変わって東海岸、デラウェア。私の住んでいた街の近くにはいくつかの日本食レストランがありました。○ブーハウス、YA○A、三○、○ョウトそしてう○げなどなど。その中でインパクトがあったのは、三○のカツ丼にはなんと白菜紅生姜がはいっていることです!!これってカツ丼に対する冒涜じゃありません?しかもそこのみそ汁には(たぶん椎茸に見立てた)マッシュルームが浮いています。あの白いヤツです。それにココのみそ汁、私にはちょっと甘いんですよね~。とにかく私はその例のカツ丼を前に途方に暮れていましたが、さらに追い打ちをかけるようにそこのオーナーは日本人の女性とか。(オマイさんは日本で料理したことないだろう、ん?と聞きたくなりました。) まあとにかく私はカツ丼には目がないのですが、そこで救世主、○ブーハウスです。ここはは中国人経営者でしたが、日本人の料理人がいたため、カツ丼は結構マトモなものが出てきていました。(ちょっと塩辛かったけど......)あとカツ丼ではないのですが、カツレツ定食をう○げで注文したときに、ものすごい細切れの一口カツのようなモノが出てきたことがありました。あれはどういう技術であんなに細かくしているのでしょう?まあとにかくオモシロ料理をいっぱい楽しめる東海岸です。では今、住んでいる街はどうでしょう?唯一の日本食レストラン、○AVE sushiがあります。まあ名前からっいって正直、期待できなかったのですが、意外なことになかなかイケます。まずみそ汁がちゃんとしているのです。三○の様に変なアレンジをしていない、非常に素朴なおみそしる。厨房に目を向けると、白人ばかり。こういうのを見習ってほしいですね。日本人だからといって日本食レストランを経営しているヤツは。

 さて例のたらい回しドライブでも、日本食レストランに寄りました。連日のアメリカ食に流石にみんなの身体が悲鳴をあげ始めていたからです。(まあそれだけではありませんが......)そこでも確か私はカツ丼を注文したな。まあともかく、そのお店は前回のエントリのからニュージャージに入ってからモーテルを探している最中に偶然見つけたレストランでした。どうやら日本人の家族がそのままアメリカに移民して、この地で日本食レストランを経営しているみたいでした。(カツ丼の)味もなかなか良かったですよ。残念ながらお店の名前とかはすっかり失念してしまったのですが、できることならもう一度あのカツ丼を味わいたいです。

 そのあとはモーテルでビールをガブガブと飲みながらモノポリー。私はモノポリーが大好きで4人以上集まれば必ずプレイします。そのときも4人居たので、ベッド使用権をかけて戦いました。そのほかにUNO Attackというゲームも持ってきていたのですが、そのお話は後日。ところでナゼベッドの占有権とかが出てくるのかといえば、このドライブ、なるべくお金をかけたくなかったので、4人で一部屋しか借りませんでした。たいていのアメリカのモーテルは(2bedroomなら)一部屋に2つのベッドという単位なのですが、この場合2人は床で寝なければなりません。また運の悪いことに、私が積み込んだ寝袋も友人達の荷物のため、部屋に置いて行かざるを得なかったのです。というワケで2人はこの旅行では床で寝ていたのですね。

FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/09/09 07:42】 | たらい回し
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。