米国けんきゅうにっき iPodなの?
FC2ブログ
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
 今朝、起きると雨が降っていました。なんだかちょっと寒いみたいだね。洗濯をしながら部屋でまったりとネット徘徊ってな具合で今日の午前中はスタート。 

 なんだか巷というか一部ではAppleの新製品、iPod nanoの話題でもちきりの様。

Apple、カラー液晶搭載の「iPod nano」
-鉛筆と同じ厚さ。2GB版21,800円/4GB版27,800円
 米Appleは7日(現地時間)、カラー液晶を搭載したシリコンメモリオーディオプレーヤー「iPod nano」を発表し、出荷を開始した。2GBと4GB容量のモデルをラインナップし、それぞれにブラックとホワイトの2色を用意する。AppleStore価格は2GBモデルが199ドル、4GBモデルが249ドル。日本のAppleStore価格はそれぞれ21,800円、27,800円。OSはWindows 2000/XPおよび、Mac OS X v10.2.8以降に対応する。USB 2.0ケーブルと、iTunesのCD-ROMが同梱される。なお、iPod miniがiPod nanoに置き換わった格好で、iPodのラインナップは、「iPod」、「iPod nano」、「iPod shuffle」、「iPod U2」となった。カラーバリエーションがiPod miniより少なくなったが、5色の本体カバー「iPod nanoTube(チューブ)セット」(3,400円)をオプションで用意している。同社のCEOのSteve Jobs氏は、「iPod nanoは、オリジナルiPodからの最大の変革である。iPodのフル機能を持ちながら、ありえない大きさを実現した。iPod nanoにより、ポータブルプレーヤー市場のルールは変わるだろう」と語っている。(以下リンクへ)


 で早速、某大型匿名掲示板でその評判を見てみることに。知らなかったのは、同日に、ソニーも新型ウォークマンの発表を行っていたとか。ちょっと見てみましたが......あれは売れないだろうな。メディアもソニーのウォークマンに対して辛辣な評価ですね~。まずソニーのウォークマンがマズイのは発売が11月だってこと。なんで準備もできていないのにAppleと同日に発表するかなぁ?しかも容量比に対するコストではiPod nano、21,800円/2GBに対して同クラスのウォークマン、32,000円前後/2GBと明らかに前者に軍配があがります。さらに某掲示板で言及されていたように、Steve(AppleのCEO、創立者の1人だがその某掲示板では親しみ(?)をこめて"禿"と呼ばれている)の講演のストリミーングを見てみることに。これは蛇足なのですが、よくメディアなどで"Steve Jobsの講演はとてもうまい"と言われています。しかし米国の学会に出席しているとアレくらい喋るヒトは結構居ますので、今回が初めての彼の講演を聴く機会であったにもかかわらずメディアが言うほどの印象は受けませんでした。ただプレゼンのスライドはとっても良いデキだと思いますし、(ダメなのも居ますが)たいていの米国人のトークの様にとても要領を得ていて、わかりやすい講演でしたね。(私も日本人なのでプレゼンはうまくないのですが、あんな風にしゃべりたいな~とは思います。

 私もiPod(HDD搭載型、20GBのやつ、これって第三世代?)のユーザですが、操作系とかかなり洗練されている。特に米国では長距離のドライブが多いので、長時間の再生時間(バッテリーの持ちではなく)やこのクリックホイールによる操作は重宝します。それにバッテリーなんかはシガーソケットから電源をとれるので、あんまり私には関係ないし。でもiPodファミリーがこれだけの人気を博しているのは、やはりiTunesの出来具合に寄るところが大きいでしょうね。私はバージョン3から使い始めていますが、なんだかとっても便利です。購入した音楽の一元管理やiTunes Music Storeでのダウンロード販売なんかもかなり使いやすい。でもこれって米国の音楽CDの値段が安いから両立が成り立つんでしょうね。

 さて、話題のiPod nanoですが、既存のiPodユーザーさえも惹かれる要素があります。まず記憶媒体がシリコンメモリであること。これはかなりの過酷な条件でも使用に耐えうることを示していますね。例えば(ジョギングなどの)スポーツの最中とか、クルマのなかに放置してあっても(相対的に)HDD型のものよりは耐えられそう。それにカラー液晶になったことで、iTunesに取り込んだジャケットなどのイメージ(iTunesではアルバム或いはソングに対応するアートワークという画像を割り当てることができる、しかもiTunes Music Storeでダウンロード購入した曲は自動的にアートワークとしてジャケットイメージが取り込まれる)を再生中に表示できること。この機能は私の持っているiPodにはないということもあり、上述の様に既存iPodユーザーも購入意欲をそそられるのではと思った次第です。

 私も昔はソニーが中心に推し進めていたMD(Mini Disc)を使っていました。基本的には私はクルマで音楽を聴くことが中心になるので、クルマの中で便利に利用できるシステムに心躍らされます。そういったこともあり当時のMDはなかなかに良いソリューションだったと思うのですが。今のソニーのデジタルミュージックに対する取り組みはかなりずれていますね。こんなことになるなんて隔世の感がありますが。

FC2blog テーマ:ITニュース - ジャンル:ニュース

【2005/09/11 05:31】 | コンピュータ
トラックバック(0) |

がんばってください
cooyou
オリーブさま、

 こんな参考にならなそうな回答で宜しかったでしょうか?でも料理も毎日続けるのはやはりしんどいですよね?それでも続けなければと思うのは、周りに日本にあるようなコンビニがないこと。(厳密に言えば、日本人の舌に合うような食べ物をおいているコンビニですね)あるのはハンバーガーとかホットドッグ、サンドウィッチにサラダなどなど。アレではカラダを壊してしまいます。

 でもたまにジャンクフードを無性に食べたくなる時もあるので、要はバランスなのでしょうかね(^.^)

cooyou


オリーブ
cooyouさん、とても丁寧なお返事、ありがとうございます。嬉しかったです。私も生きていくタメには、しっかりと食事をしないと。。って思います。確かに旦那が出張に行っている間は、だらけますので、そんな自分に渇を入れないとっておもいますけど。

日本であれば、コンビニ・口にあう外食・スーパーでも刺身が売っていたりいい環境ですけど、アメリカでの私の毎日は、買出しから作って片付け。夕食作りに日々使っている位です。だから、旦那一人で大丈夫かと・・・

実は夫の実兄、アメリカで研究をしてました。家族も増え6年たって帰っていきました。そういえばお義兄さんも、料理が得意でしたね~ ひとつの事に集中するのが、うまいのでしょうか?

これから修羅場が待っている私?また遊びに来てください。
またお邪魔します。

う~ん、味の善し悪しによらなければ......
cooyou
オリーブさま、再びの御訪問、ありがとうございます。またいつもブログのほうを興味深く拝見させていただいております。仕事はちょっとトラブル気味で先週はカラダに無理をさせてしまいました(^_^;

 さて食事の件ですが、昨日もカレー、今日も肉野菜炒めにチェダーブロッコリーのスープを調理しましたので、私はおそらく一般の男性に比べて調理をするほうだと思います。ナゼでしょうか?コレには私なりに考察したことがありますが、それをお話する前にまず一つ、私の高校時代のエピソードを紹介したいと思います。

 私は高校の頃に部活で剣道をやっておりました。剣道はご存じかもしれませんが、防具を身に纏うため夏場の練習は過酷を極めます。そして夏合宿では1週間で体重が8キロも落ちてしまいました。そのことを見て流石に私の母親は剣道を続けることに猛反対することになります。そのときの私はその母の態度を見て「僕は一人っ子だから甘やかされているんだ。」と反発を感じたモノでした。今だからそのことを省みることができますが、私は一つのモノゴトに対して妥協するということ、即ち自分の行動をコントロールするのがとてもヘタな子供だったのでしょう。それを見て母は上述の行動をとったのだと思います。ちょっと回りくどいのですが、それが遠因でしょうか。できることなら料理は自分で作る(言い換えれば自分のいのちのことは自分でコントロールする)というある種の意地があります。例えば、学位を取得後に最初に赴任した場所は大分でしたが、たとえどんなに帰宅が遅くなろうとも(それがたとえ午前2時でも)自炊に執着しておりました。

 もう一つの理由は、これはもっと簡単なのですが、料理自体が結構好きなのかもしれません。私はもともと化学でも合成を生業にしていましたので、モノを作るということに於いては抵抗がないと思います。(まあ一緒くたにするのもちょっとどうかとは思いますが……)その結果、大分での暮らしが生まれて初めての1人暮らしだったのですが、今現在までの5年間、一般の男性に比較して結構料理をしていると思います。

 こんな私なのであんまり良い参考にはならないと思います。でもオリーブ様の旦那様にかかわらず、男性であろうと女性であろうとも生きていく為にはなにか食べなければならないわけですし、それをできない年齢でもないだろうと思います。そして自分の生活や健康をうまくコントロールできないということは、もっと自身に恥じるべきだと思います。これはまだ見ぬ未来の子供たちへの道標になるハズですから。

 すません、なんだか偉そうなことを言って。ただ現代の日本人は男女問わず何かしらの甘えを持っていると思いますので、なんだか蛇足っぽい返答になってしまいました。(そしてコレは自分にも言えますけれどもね。)

 それではこれから大変だとは思いますが、いろいろと熟考してください。ではまた。

cooyou



オリーブ
こんにちは。。お仕事順調ですか?
男性が外国で一人というのは、どんな感じでしょうか?ご飯は作ってます?夫を置いて帰るというに抵抗があるんですが、その決心を固めています。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
がんばってください
オリーブさま、

 こんな参考にならなそうな回答で宜しかったでしょうか?でも料理も毎日続けるのはやはりしんどいですよね?それでも続けなければと思うのは、周りに日本にあるようなコンビニがないこと。(厳密に言えば、日本人の舌に合うような食べ物をおいているコンビニですね)あるのはハンバーガーとかホットドッグ、サンドウィッチにサラダなどなど。アレではカラダを壊してしまいます。

 でもたまにジャンクフードを無性に食べたくなる時もあるので、要はバランスなのでしょうかね(^.^)

cooyou
2005/09/12(Mon) 10:32 | URL  | cooyou #GH1R4l52[ 編集]
cooyouさん、とても丁寧なお返事、ありがとうございます。嬉しかったです。私も生きていくタメには、しっかりと食事をしないと。。って思います。確かに旦那が出張に行っている間は、だらけますので、そんな自分に渇を入れないとっておもいますけど。

日本であれば、コンビニ・口にあう外食・スーパーでも刺身が売っていたりいい環境ですけど、アメリカでの私の毎日は、買出しから作って片付け。夕食作りに日々使っている位です。だから、旦那一人で大丈夫かと・・・

実は夫の実兄、アメリカで研究をしてました。家族も増え6年たって帰っていきました。そういえばお義兄さんも、料理が得意でしたね~ ひとつの事に集中するのが、うまいのでしょうか?

これから修羅場が待っている私?また遊びに来てください。
またお邪魔します。
2005/09/11(Sun) 09:01 | URL  | オリーブ #-[ 編集]
う~ん、味の善し悪しによらなければ......
オリーブさま、再びの御訪問、ありがとうございます。またいつもブログのほうを興味深く拝見させていただいております。仕事はちょっとトラブル気味で先週はカラダに無理をさせてしまいました(^_^;

 さて食事の件ですが、昨日もカレー、今日も肉野菜炒めにチェダーブロッコリーのスープを調理しましたので、私はおそらく一般の男性に比べて調理をするほうだと思います。ナゼでしょうか?コレには私なりに考察したことがありますが、それをお話する前にまず一つ、私の高校時代のエピソードを紹介したいと思います。

 私は高校の頃に部活で剣道をやっておりました。剣道はご存じかもしれませんが、防具を身に纏うため夏場の練習は過酷を極めます。そして夏合宿では1週間で体重が8キロも落ちてしまいました。そのことを見て流石に私の母親は剣道を続けることに猛反対することになります。そのときの私はその母の態度を見て「僕は一人っ子だから甘やかされているんだ。」と反発を感じたモノでした。今だからそのことを省みることができますが、私は一つのモノゴトに対して妥協するということ、即ち自分の行動をコントロールするのがとてもヘタな子供だったのでしょう。それを見て母は上述の行動をとったのだと思います。ちょっと回りくどいのですが、それが遠因でしょうか。できることなら料理は自分で作る(言い換えれば自分のいのちのことは自分でコントロールする)というある種の意地があります。例えば、学位を取得後に最初に赴任した場所は大分でしたが、たとえどんなに帰宅が遅くなろうとも(それがたとえ午前2時でも)自炊に執着しておりました。

 もう一つの理由は、これはもっと簡単なのですが、料理自体が結構好きなのかもしれません。私はもともと化学でも合成を生業にしていましたので、モノを作るということに於いては抵抗がないと思います。(まあ一緒くたにするのもちょっとどうかとは思いますが……)その結果、大分での暮らしが生まれて初めての1人暮らしだったのですが、今現在までの5年間、一般の男性に比較して結構料理をしていると思います。

 こんな私なのであんまり良い参考にはならないと思います。でもオリーブ様の旦那様にかかわらず、男性であろうと女性であろうとも生きていく為にはなにか食べなければならないわけですし、それをできない年齢でもないだろうと思います。そして自分の生活や健康をうまくコントロールできないということは、もっと自身に恥じるべきだと思います。これはまだ見ぬ未来の子供たちへの道標になるハズですから。

 すません、なんだか偉そうなことを言って。ただ現代の日本人は男女問わず何かしらの甘えを持っていると思いますので、なんだか蛇足っぽい返答になってしまいました。(そしてコレは自分にも言えますけれどもね。)

 それではこれから大変だとは思いますが、いろいろと熟考してください。ではまた。

cooyou
2005/09/10(Sat) 23:17 | URL  | cooyou #GH1R4l52[ 編集]
こんにちは。。お仕事順調ですか?
男性が外国で一人というのは、どんな感じでしょうか?ご飯は作ってます?夫を置いて帰るというに抵抗があるんですが、その決心を固めています。
2005/09/10(Sat) 20:30 | URL  | オリーブ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック