米国けんきゅうにっき キター!
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
battle.jpg むかし「Beast~巨大イカの逆襲」というアメリカ製の映画を日本でみたことがあります。(しかも2回も)そし巨大イカ(ダイオウイカ)といえばマッコウクジラとの決闘の挿し絵が魚介類図鑑に描かれていました。私はそれをみて「ダイオウイカは生態が解っていないのに、どうしてこんなに具体的な絵があるのだろう?」と思ったモノでした。

 さて本題です。なんだか巨大イカの行動をとらえたということがニュースになってました。

ダイオウイカの深海での生態…国立科博チームが初撮影
 巨大な「ダイオウイカ」が深海でえさに迫る姿を、国立科学博物館の窪寺恒己・動物第三研究室長らが撮影し、英国の科学雑誌に27日発表した。ダイオウイカの生態は謎に包まれており、本来の生息場所である深海での活動をカメラにおさめたのは世界で初めて。窪寺室長らは、約1年前、小笠原・父島の南東沖で、えさとカメラをつけたナイロン糸を水深900メートルの海中に沈めたところ、ダイオウイカが針にかかった。イカは、4時間にわたってもがき、腕を切って逃げた。全長は8メートルもあったと推定されている。ダイオウイカは、最大の軟体動物で、全長が16メートルに達した記録もある。動作は鈍く、海中を漂いながらえさが来るのを待っていると考えられていた。科博の連続画像は、ふつうのイカのように腕を伸ばしてえさに襲いかかる瞬間をとらえており、意外に行動的であることがわかったという。

 次はできればマッコウクジラとの決闘シーンを。

【2005/09/28 15:41】 | 時事の話題
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック