米国けんきゅうにっき まっけんじ~
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 昨夜は気づいたら午前になっていた。月曜だったというのに実験が立て込んでしまいました。そして本当は今日はタンパク質の精製を始めるつもりだったのに、起きたらすでに8時をまわっていた~。でもラボでた2チームがやはり精製を計画していたらしく低温室はすし詰めになりそうだったので、私の精製計画は明日に延期することに。

 ところでデラウェアにいたときは大学の日本語クラスの会合というのがあり、何度か友人とともに参加したことがあります。吃驚することにみなさん、日本語がとても上手なんですよ。しかもクラスに参加してからまだ2年だそうです。先生も非常に流ちょうな日本語をお話されるのです。たぶん彼の教えが良いのでしょうね。そんな彼らはやはり一度、日本に行ってみたいと一様に言っていましたね。その日本、そのような来訪者の期待を裏切らないような国でありたいですね。

 今日もお昼ご飯を持ってこなかったので、DaliaとともにStudent Unionへ。明日からラマダンということで、彼女は日中、食事を摂ることができなくなるそうです。前のルームメイトも日が出る前に起きて朝食を食べていたことが思い出されます。それと道中、Bannackでみた絞首台に触発されて、バングラディシュにも死刑制度(execution)があるのか聞いてみたところやはり在るそうです。

 さてさて今日はネタが尽きはじめてきましたが、ブルワリ紹介しましょう。このブルワリはデラウェアとペンシルヴァニアの州境にあり、中央分離帯のところにあります。名前はMcKenzie Brew House。内装はファミリーレストランとスポーツバーの2区画に分かれております。

McKenzie Brew House
McK(low).jpg
Beer(McK).jpg
入口ですピルスナーグラスに入ったシュタウトとアンバー

 お店の雰囲気は明るくて、結構気軽に来店できると思います。私も二、三回ほど日本からの友人を連れて行きました。ところでこの街には同じ名前のピザ屋がありますね。なかなかおいしいです。

【2005/10/05 02:59】 | ブルワリ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。