米国けんきゅうにっき 海洋民族たる日本人からみたアメリカの水族館
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 さーて、今日はラボで電気泳動とバクテリアを寒天培地に植えてきた。雨が降っていたので、なんだかつまらないねぇ~。

 最近はよく映画を観るようになりました。まあ仕事以外の時間をもてあましているのですが。この間観たのは「ファインディングニモ」。コンピュータグラフィクスで描かれたピクサーの作品ですね。公開はずいぶん前なのですが、なんだか観る機会がなかったので、今回が初鑑賞です。でもグラフィクスとか、綺麗ですよね~。

 さてこの「ニモ」に関連してということで、ちょっと水族館のお話を今回はしましょう。東海岸にいたころなのですが、メトロポリス(NYC、Washington DCなどを一括してそう括るそうです)には米国一の規模を誇る水族館があります。場所はBaltimore、National Aquarium in Baltimoreです。

National Aquarium in Baltimore
BNA2004_0215AA.jpg
BNA2004_0215AC.jpg
BNA2004_0215AI.jpg
サメカメプール高速で動くナニカ
BNA2004_0215AJ.jpg
BNA2004_0215AK.jpg
BNA2004_0215AP.jpg
エイかなにか?動きの鈍いヤツラはちゃんと写る

 「ファインディングニモ」のカクレクマノミは水族館側も宣伝していたので、その水槽には子供達が群がっていて近づくことができませんでした。そしてみんなで「ニモニモ」と騒いでいるんですよね。(友人はすごくイヤそうな顔をしていましたが......)

極地と熱帯と
BNA2004_0215AL.jpg
BNA2004_0215AR.jpg
BNA2004_0215AS.jpg
ペンギン?ワニが水面から顔を出してます

 この辺までくると、なんだか動物園みたいになってくるのですが、最後に屋上!(注:この水族館は順路が地階から屋上に向かって最後にまた降りてくるのです)
 ナゼか熱帯雨林がっ!

BNA2004_0215AW.jpg

 最後はお決まり(?)のイルカショウでした。

貪欲なイルカたち
BNA2004_0215BC.jpg
BNA2004_0215BD.jpg
心なしかちょっと小太り(‐^▽^‐)

 どーでもいいのですが、イルカの調教師達、ショウの間中彼ら(イルカたち)にエサをやり続けていたような......

 とどのつまり、ちょっとしょぼかったというのが正直な感想でした。歩いているうちに、「エッ、もう終わり!?」ってな感じ。それに蛇足みたいな熱帯雨林やら爬虫類、クモやらが展示されていましたので、ちょっと興醒めです。でもアメリカ人はたぶん興奮して見入っているのかもしれませんね。だって内陸の人達はなかなかこんな海洋魚とかお目にかかれないですし。あくまで日本人の視点でということでした。

FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/10/09 10:58】 | 思い出(東海岸編)
トラックバック(0) |

ニモ~
cooyou
CATさま、

 再びの訪問ありがとうございます。またご感想、とってもうれしいです。ニモに関しては危うく巨大なぬいぐるみの購入を友人と画策しましたが、すんでのところでやめました(;^_^A ......言い訳できませんからね。

cooyou


CAT
「二モ」、可愛いですよね~!
COOYOUさんのブログ、とても面白いです。
特に 熱帯雨林が! の所で一人でウケてしまいました!

では、また~


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ニモ~
CATさま、

 再びの訪問ありがとうございます。またご感想、とってもうれしいです。ニモに関しては危うく巨大なぬいぐるみの購入を友人と画策しましたが、すんでのところでやめました(;^_^A ......言い訳できませんからね。

cooyou
2005/10/08(Sat) 22:27 | URL  | cooyou #GH1R4l52[ 編集]
「二モ」、可愛いですよね~!
COOYOUさんのブログ、とても面白いです。
特に 熱帯雨林が! の所で一人でウケてしまいました!

では、また~
2005/10/08(Sat) 21:26 | URL  | CAT #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。