米国けんきゅうにっき 有峰ダム
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 私の両親の実家は富山県にあり、子供の頃は毎年の夏休みに富山県に家族で遊びに行くということが年の行事でした。私は兄弟がいない上に母方のいとこ達が同世代ということもあり、毎年の夏を心待ちにしていた記憶があります。そしてそれと同時に父方のおじさんの家に遊びに行くのも楽しみでした。当時、私の家族はクルマを持っておらず、田舎にいけばかならずおじさんがクルマで何処かに連れて行ってくれたもの。それがとっても楽しみだったのです。

<車転落>富山で林道から谷に 埼玉の夫婦死亡
 9日午後5時ごろ、富山市有峰の有峰林道小見線で、走行中の軽自動車が右カーブを曲がり切れず道路脇の谷に転落するのを、車の前をバイクで走行していた金沢市在住のバイクの男性が目撃、119番通報した。富山南署などが捜索していたところ、10日午前6時半ごろ、林道から約150メートル下の和田川の河原で、大破した車を発見。付近でさいたま市見沼区東大宮、同市大宮区役所職員、川上健次さん(55)と妻、一美さん(54)の遺体を見つけた。調べでは、二人とも、転落した際に首の骨を折ったものとみられる。
 川上さん夫妻とバイクの男性は知人同士。9日朝、富山県内で落ち合い、3人で同市内の有峰湖周辺に散策に行き帰る途中だった。【藤原崇志、大久保陽一】
(毎日新聞)



 さてYahoo Japanのトップに上記のニュースが掲載されておりましたが、その事故現場はなんと「有峰湖」ではありませんか?むかしおじさんに連れて行ってもらった場所なのですが、たしかにあの林道はものすごい崖の脇を通っていたと記憶しています。そしてたしか対向車線から大型のダンプが来たときはヒヤヒヤものでした。そのときダンプの運転手は同僚を捜していたらしく、おじさんに聞いてきたんですよね?

「さっきこれと同じ大きさのダンプにすれ違わなかったか?」
「いいや、会わなかったよ。」
「マズイな......崖に落っこちたか!?」

 今をさること30年くらい前の記憶です。

FC2blog テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

【2005/10/11 03:56】 | 思い出(旅行編)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。