米国けんきゅうにっき もう一つのゴーストタウン
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 さて昨日は滞在中の友人を連れてゴーストタウン三昧だった。以前、先行偵察でVirgina CityBannackを紹介したが、今回のはなかなかのボリュームの町、Nevada Cityという処。この町はVirgina Cityのすぐ隣にあり、かの町同様にゴールドラッシュ時代に栄えたものだとか。まずは町の前にある看板をそのまま写した。

NEVADA CITY

Nine booming gold camps sprawled along remote Alder Gulch in 1893. Nevada City and Virginia City were the largest. In December, 1863, Nevada City's Main street was the scene of the miner's curt trial and hanging of George Ives. This event was the catalyst for the forming of the Vigilantes.
Dozens of stores and cabins extended back six blocks, but by 1876 only a few residents remained at Nevada City. The gold dredges later came through leaving piles of tailings as big as barns and by 1920, the highway had cut the town in half. By 1955, Cara and Alfred Finney were the only residents.
Charles Sue Bovey began collecting buildings in the early 1940's. Aquiring Nevada City from Lester and Mary Stiles, they began to place buildings here in 1959. Nevada City became a haven for endangered structures; today more than ninety buildings from across Montana line the streets. The States of Montana now maintains the histric resources at Nevada City.

 上記に記載されている様にGeorge Ivesという悪漢の絞首刑の場所がすぐ通り沿いにあり、さらに静寂に包まれていたということも手伝って、一抹の不安感をかき立てるのであった。

Nevada City
N_city2005_1023(001).jpg
N_city2005_1023(002).jpg
N_city2005_1023(003).jpg
ハイウェイ沿いに面する古い街並み入口......その先になにか動くものが?絞首刑の場所
N_city2005_1023(004).jpg
N_city2005_1023(005).jpg
N_city2005_1023(006).jpg
静寂に包まれた世界、床屋の廃屋が当時を忍ばせる
 オフシーズンということもあり観光客はおろか、管理人すらおらずひっそりしている。門も鍵はかかっておらず、自由に敷地内に入ることができたわけであるが、入ろうとした直前に、奥の建物との隙間になにか動くものが見えた、というか知覚したのである。流石に不気味に感じたのだが、意を決して入ることに。正体は後に判明する。

機関車の残骸
N_city2005_1023(009).jpg
N_city2005_1023(011).jpg
N_city2005_1023(010).jpg
機関車トーマス!?どこへ向かうのか......
 オオッ、機関車トーマスよ。ここに居たのか?と私は興奮しつつ近づくのであったが、その無惨な姿はもの悲しいものがある。

 ところでみなさんはB級ホラー映画の「人を喰う家」という作品をご存じだろうか?まあ私の子供のころの記憶なので曖昧なのだが、そういう邦題だと思った。(でも意外な事にネットで調べても引っかからないのはナゼだろう?)たぶん最近公開されたAmityville(たぶんリメイク)が元の題だと思うのだが、これは正しいかわからない。その子供の頃に見た「人を喰う家」の雰囲気が非常に不気味だったのだが、このNevada Cityに隣接したデカイ屋敷がなんだかその映画の場面に似ている雰囲気であったのが印象的だ。ちなみに夕暮れにこの辺を通過したとき、この屋敷に灯はともっていなかったので、たぶん無人だと思われる。
Nevada_city

 さてこのNevada Cityを散策しているとき、無人のハズなのだがナゼか気配がある。そう、ココには番人がいたのである。

ストリートの番人
N_city2005_1023(007).jpg
N_city2005_1023(008).jpg
ブルワリ通り?そして番人の正体!!


【2005/10/24 00:11】 | ゴーストタウン
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。