米国けんきゅうにっき 世界の再生
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まずは本田美奈子さんの訃報から......

本田美奈子:もっと歌いたい…38歳、急性骨髄性白血病で死去
 急性骨髄性白血病で闘病中だった歌手、本田美奈子(ほんだ・みなこ、本名・工藤美奈子=くどう・みなこ)さんが6日午前4時38分、都内の病院で死去した。38歳だった。東京都出身。今年1月に緊急入院し、5月に臍帯(さいたい)血移植の手術に成功。5日にも一時帰宅するはずだったが、3日に急変、昏睡(こんすい)状態にあった。「もう一度歌いたい」との執念で闘病を続けたが、入院から10カ月、帰らぬ人になった。


 この訃報を知ったのは昨夜の友人との電話での最中だった。電話で話しながら何気なくウェブを彷徨っていると、この記事が目に飛び込んできた。まず第一に吃驚した。だいたい彼女は38歳でしょ?まだ若いじゃない。だから本当に吃驚した。実は私の恩師も似た病気で40歳の時に亡くなっている。いまから10年以上昔の出来事。そして私がこの世界に入るきっかけをつくってくださった方だ。そういう意味でも改めて、白血病の恐ろしさを感じる。私たちはこういった悲しみを乗りこえて、この病気にうち勝つことができるのであろうか?
 ところで本田美奈子さんといえば私が中学生くらいのころにデビューしたと思う。私は当時、ひねくれ者でアイドルとかに疎いニンゲンだった。だから彼女に関しては名前しか記憶になかった。今回の記事及びその関連記事を読んでいると、彼女の肖像が描かれていた。某巨大掲示板でも、彼女の生き様が語られていた。そしてiTMS-Jに辿り着き、彼女の最近の活動を知った。アルバム、"Amazing Grace"に収められた曲、"Time to say Good-Bye"に感動し、その歌唱力に驚嘆した。そして彼女の38年間の人生に思いを馳せた。言葉ではどうしても陳腐になってしまうけれど、言いたいことがあります。綺麗な歌声をありがとう、そしてお疲れさまでした。でも次の人生でもこのような希望を与えてくれる声で歌い続けてくださいね。

 もうひとつ、ちょっとオタクなお話でも。私はけっこう、アニメーションが好きである。ただ米国に住んでいるので、これらに触れる機会は殆どなくなってしまったが......さて友人の一人に教えてもらったある作品がある。それは"ほしのこえ"という新海誠さんという3DCG作家がほとんど一人で、1年以上かけて作り上げた作品である。基本はSFアニメーションであるが、内容は日常の情景を随所にちりばめており、またそのテーマは超遠距離恋愛である。

 ストーリーは以下の通り。(一部、紹介サイトより)
 時は2039年の近未来。火星に向かった有人探査チームは、火星のタルシスクレーター中に異文明の遺跡を発見するが、突如出現した異生命体に全滅させられてしまう。が、一方でその遺跡から発見された数々のテクノロジーにより、人類の科学水準は一気に半世紀以上の飛躍を遂げる。さらに、太陽系外縁には異生命体(タルシス台地にちなんで「タルシアン」と呼称される)の遺跡と推測されるワープポイント、通称ショートカット・アンカーが発見され、人類は恒星間航行への手段も手に入れることとなった。その後、いずこかへ去ったタルシアン調査のために国連宇宙軍戦艦リシテアを始めとする4隻が建造され、2047年には1000名以上の選抜メンバーによる調査団が組織される。
 関東某県の中学に通う長峰美加子と寺尾昇は同級生。同じ部活で仲の良いふたりだが、中学3年の夏、ミカコは国連軍の選抜メンバーに選ばれたことをノボルに告げる。翌年2047年冬、ミカコは地球を後にし、ノボルは高校に進学する。
 地上と宇宙に離れたミカコとノボルは携帯メールで連絡をとりあうが、リシテアが木星・エウロパ基地を経由して更に太陽系の果てに向かうにつれて、メールの電波の往復にかかる時間は開いていく。ノボルはミカコからのメールだけを心待ちにしている自身に苛立ちつつも、日常生活を送っていく。やがてリシテア艦隊は冥王星近隣で接触したタルシアン艦隊の攻撃を避けるため長距離空間移動(ハイパードライブ)を行い、ミカコとノボルの時間のズレは決定的なものへとなっていく……
 その後、帰り道の発見されていないショートカット・アンカーを経てリシテア艦隊は地球より8光年離れたシリウス太陽系の惑星、アガルタに辿り着く。そこでミカコは一縷の望みを託し、ノボルにメールを送る。彼女の想いは彼に届くのであろうか?そしてタルシアンがわれわれ人類に託したいものとは?

 アニメーションだからといってバカにしたり、食わず嫌いであったり。そんな方たちにも是非、観ていただきたいと思い、このブログで紹介する。とくに最後の彼らの台詞にはちょっとくるものがあった。

FC2blog テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

【2005/11/08 02:49】 | 時事の話題
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。