米国けんきゅうにっき 新しいコア
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
2006_0108_100137.jpg 今日は雪。それでも近くの教会には沢山のクルマがとまっている。改めて米国人は信心深いヒトたちが多いんだなぁと思う。(勿論、全部じゃないが。)

 冷蔵庫に食料のストックが無い(ビールはナゼか昨日買ってきた(;´▽`A``)ので買い出しに行かなければならないのだが、基本的に家でNSFのプログレスレポート(進捗状況報告書)を書かなければ......

 さて本日は久しぶりにコンピュータの話題だ。Las Vegasでは2006 International CES(Consumer Electronics Show)が開催されている。(年末のIT関連のサイト記事では新年早々から渡米しなければならないと、嘆きとゆーか自慢とゆーか、そんなつぶやきが散見されていた。)さてこれはなにかとゆーと、簡単に言えば全世界のIT関連企業(IntelとかMicrosoftみたいな会社)の新製品の発表会みたいなものである。個人的に興味があったのはIntelの新型CPUであるが、(ウェブにアップされている記事を読む限りに於いては)多くはソフトウェア関連やコンテンツサービスのアピール合戦に終始しているみたいだった。たとえばサーチエンジンで有名なGoogleYahoo!のCEOが基調講演をしているのだが、それらの内容はソフトウェアコンテンツの在り方やらインターネットとモバイル(携帯などのガジェット)との融合など、あんまり具体的にピンと来ないものばかりであったね。

 そんなソフトウェア関連の大御所ではMicrosoftのビル・ゲイツが次期Windows OS、Vistaの紹介をしていたらしいが、それも別に今のOSにそんなに不便を感じていないし、なによりもハードウェア側の要求が高そうな外観だったので、なにもいそいでアップデートしようとゆー気にはならない。この辺はMac OSを使っていた頃(System 7の時代)のアップデートに関する感覚と大きく異なる。今のOS(OS X)はよくわからないのだが、当時はアップデートをそんなに敷居の高いものだとは感じていなかった。実際、ハードウェアの要求もそんな高くなかったし、逆にアップデートすることで体感的に快適になったものだ。

 まあそれはともかくとして、Intelの新型コア、「Yonah」の正式発表である。このCPUの特徴は2つのコアをもつというもの。Intelが設計段階からデュアルコア最適化を施してきたものであり、事実上、Intelの(商用では)最初の統合されたデュアルCPUである。(ここではPentium Dはカウントしていない。理由は......まあご想像にお任せします。)CESのレポートでは一斉にこのYonah搭載のラップトップが各社から出そろっていたようだ

 ここでこのYonahの公式発表にはもう一つ、重要な意味がある。それは昨年初頭に禿(注:AppleのCEO、スティーヴ・ジョブスのこと。コレは敬意を表しているのであしからず。)がMacintoshのCPUにIntel製ののもを採用すると言ったこと。それはラップトップから始まるということで、ご丁寧にIntelのCEO、ポール・オッテリーニを講演に招聘していた。つまり、(あくまで私的な推測なのだが、たぶん多くのヒトが思っている)新しいMacintoshのラップトップにはこのYonah(正式にはIntel Core)を採用するのではないかということだ。ただここで疑問なのはこのIntel CoreにはEMT64技術(64bitコードを走らせる為の命令セット回路)が内包されていないのだ。その一方で現行Macintosh(ここではデスクトップの方)のPowerPC970は64bitでCPUであり、64bitコードを走らせることができる。だからなのだろーけど、禿はノートPCから採用していくと公言したのだろう。ただその場合、OS Xの64bitコードの恩恵は受けることができないわけだ。まあでもOS Xはその辺はシームレスなので私ら一般人には杞憂なのだけどね。

 とにかくこの春には新型のMacintoshのラップトップが実にウン年ぶりに登場するわけだ。もしマックをこれから新調しようというヒトがいたら、このIntel Core搭載機の発表を待った方が良いと思うよ。ただし(マックの)デスクトップの方はおそらく次世代のMeromだと思うけどね。

FC2blog テーマ:Mac関連 - ジャンル:コンピュータ

【2006/01/09 03:13】 | コンピュータ
トラックバック(3) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
・Vista用の更新プログラム・PowerPC G6 Macintosh・[PC]ついに!・Intel Inside "MacIntelosh” ??・心のツッコミ・Yahoo!に掲載されました・PCカードスロットがないタワー型Mac OS 9で無線LANを利用する・携帯電話のセキュリティ・新Mac と 俺・ HTML+CSS逆引きクイ
2007/07/26(Thu) 18:34:51 |  ハードウェアの厳選紹介
・PowerPC G6 Macintosh・[PC]ついに!・次へ ~その2~・Intel Inside "MacIntelosh” ??・心のツッコミ・Yahoo!に掲載されました・PCカードスロットがないタワー型Mac OS 9で無線LANを利用する・携帯電話のセキュリティ・新Mac と 俺・ HTML+CSS逆引きクイックリファレ
2007/07/26(Thu) 11:52:45 |  ハードウェアの厳選紹介
Xーmediagraphicalcomputerboo 著者:エクスメディア出版社:エクスメディアサイズ:単行本ページ数:259p発行年月:2000年10月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)本書は、新しいiMacの発売に伴い、内容をiMacに絞った解説書です。iMa
2007/07/26(Thu) 10:52:01 |  ハードウェアのレビュー