米国けんきゅうにっき 新しい時代のマッキントッシュ
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 とうとうでたね~、Intel製CPUを搭載したマッキントッシュ。今回はエントリレベルのiMacとAppleの主力ラップトップのPowerBookシリーズ(名称はMac Book Proだそーな)に搭載されるとか。しかも本年中にマッキントッシュ全機種をIntel製CPUに置き換えるとかいうハナシだが、64bitの問題は大丈夫なのかな?これまでのPowerBook G4の4倍速いとのことだけど、これまでのIntel CPUとPowerPCシリーズの比較記事とかはどう折り合いをつけるんだ?(さんざん禿がPowerPCの優位性を主張していたこと。もちろんあれはPentium4シリーズを対象としていたけどね。)

 新しいアーキテクチャーを採用を発表したApple創立30周年だが、これ以外にもなにかあるかねぇ?もちろんしばらくマックを買う予定とかないけど、昔使っていたから思い入れがあるものでね。

 ところで韓国のES細胞ねつ造(疑惑とゆーか、そのものか......)で話題の黄教授の続報がYahoo Japan!のトップにあがっていたけど、そのうちちょっと引っかかる内容があった。

<ES細胞>黄教授の「最高科学者」選定を撤回 韓国政府

 【ソウル堀山明子】韓国の黄禹錫(ファンウソク)ソウル大教授が胚(はい)性幹細胞(ES細胞)研究論文をねつ造した事件で、韓国政府は11日、対策会議を開き、昨年6月に黄教授を国内初の「最高科学者」に選んだ決定を撤回した。黄教授は最高科学者として年間30億ウオン(約3億5000万円)が5年間支援されることになっていた。韓国政府は他の研究費予算についても監査院の監査を経て削減する方針
 一方、ソウル大の鄭雲燦(チョンウンチャン)総長は同日の記者会見で声明を発表し、「難病治療に希望を抱いた多くの国民を失望させた」と国民に謝罪をした。また鄭総長は、懲戒委員会に関係者を懲戒するよう要請したと明らかにし、対策委員会で再発防止に努める考えを強調した。
 鄭総長は今回の事件の背景について「国益の大義名分の下、黄教授の研究への期待を過度に増大させた」と指摘。目的達成のために手段を選ばない結果至上主義が横行する社会意識を変える必要があるとの認識を示した。
(毎日新聞) - 1月11日12時59分更新


 赤文字の部分だけどさ、韓国政府のこの態度はちょっと疑問かな。確かに黄教授のねつ造は同じ科学者として怒りすら覚えるけど、だからといってほかの韓国の科学者もそのあおりを受けるのはどうかと思う。これは黄という人物を作りだした韓国社会の一端を反映しているんじゃないかな~。

【2006/01/11 10:35】 | コンピュータ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。