米国けんきゅうにっき インターネット生活
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 さてお久しぶり。食中毒で七転八倒しておりました(^.^ ;......とゆーのは冗談ですが、昨日は部屋でおとなしく映画みてました。見ていたのは「Harry Hotter and the camber of secrets」と「The Incredibles」、もいちど「Harry Hotter and the sorcerer's stone」と三本立て。まるで場末の映画館の様だな......


 ところで知っている方も居られると思うが、このハリーポッターシリーズ、原作者の意向により、出演者はほぼ英国出身者だとか。なんだかいや~んな感じだけど、まあオモシロイからいいか。これに関連して、Hermione役にCharlotte Churchがあがっていたらしいが、彼女は米国人とゆーことで却下されたとか。ホントかどーかしらんがね。Charlotte Churchといえば、あんまりかわい~のでジャケ買いしたとゆーのは冗談で、まだ10代にもかかわらずすばらしい歌唱力の娘だ。ワタシもCDを何枚か持っている。でもちょっと教会音楽っぽいから、聞くヒトを選ぶかもね。

 それと気になったのが一作目のサブタイトル。ワタシは最近までまったく興味がなかったものだから、この作品、英語でしか見たことがない。で、コチラでDVDを買ったとき、「Sorcerer's stone」と書いてあったので、てっきり「魔法の石」と解釈していたのだが、英国では「Philosopher's stone」なんだってね。これで日本語と一致したと思った。でもそこまで徹底してこだわるみたいだねぇ。劇中でもすべての台詞でこの言葉、入れ替えているそーな。

 さて本題のインターネッ。今日から地元のDSLサービスからQwestのDSLに移行することにした。理由は価格比に対しての回線速度。この前にQwestのテクニカルサービスに電話して、回線速度を確認したのだ。公称値1.5Mbpsでるとか言っても実際にはそんなに出ないことは知っていたしね。で、実際テクニカルに電話してみるも、ヤツら、宣伝をオウム返しの様にいいやがる。で、なんとか実効値を聞き出そうとすると、しらんの一点張りだ。ただ最大値(ワタシの解釈では1.5Mbps)の8割は保証するとか言ったので決めた。

 で実際はといえば......0.4Mbpsしか出ない。それでもほんのちょっとだけ前のサービスより速くなった。(前は0.38Mbps)まあ不満だらけだがね。ほかにも寄越してきたDSLモデム、どーやらワイヤレスルーター機能があるらしく、ワタシのルーターがお払い箱になっちまったよ。(ワタシのルーターでは接続できない。)まったくよけいな機能を付けるなよな、と思いつつもまあ、なんとか回線を復活させた。あとは前サービスの解約だが一波乱ありそう......

【2006/01/17 12:40】 | コンピュータ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。