米国けんきゅうにっき クルマのメンテ
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今日は風がビュウビュウふいている。クルマに設置してある温度計を見ると氷点下19℃"く(""0"")>帰るときの駐車場でクルマを20分ほど暖気させなければならなかった_| ̄|○(ちなみに車内の温度は氷点下10℃ほどだった)ただでさえクルマに辿り着くのに、ものすごい冒険をしたような気になるのに、冷凍庫の中で20分ほどジッとしているワケ。危うく落ちそうになったヨ。

 さて来月のはじめにシアトルに行くにあたり、まずクルマのエンジンオイルを交換しなければならない。そんなワケで今日のお題はクルマのメンテについて~。

 デラウェアに居た頃は馴染みのガレージができたのでよくそこにお世話になっていた。(持っているクルマがDodgeなので)Dodgeのディーラーはべらぼうに高いレイバーフィーを要求するのでお話にならない。たしかすんでいる町を出てクルマで15分ほど走り、ペンシルヴァニア州に入ってすぐのTom's Tireとゆーところに馴染みのガレージはあった。(ちょっと遠かったけどね~)でもエンジンオイルの交換はそこまで行かずに、Wal☆MartとJeffy LubeとかPep BoyとかMonroとかを梯子していたが、一番便利だった(アパートから歩いてすぐにある)Monroで済ませることが多くなった。ところで英和辞書にも記載されているJeffy Lubeだがワタシには良い印象が無い。いつもオイルとか入れすぎるし、高いし、しかも遅いっ!(辞書に書いてある意味と反対じゃんっ!)ま~、そんなわけだから全米中にあるJeffy Lubeは絶対に避けるのだ。ではこの街では何処に行くのかといえば、Wal☆Martである。もうえらい早い。15分くらいで換えてくれるし、結構こっちの注文も聞いてくれる(オイルの銘柄とか。)
 ただ故障とかしたらどーしようかということなのだが、幸いこの街に越してきてから目立った故障は無いね。(ミッションオイル、ATFはディーラーで交換してもらったけど)故障とかではないけど、この夏にChicago市内を走っているときにパッセンジャー側のヘッドライトがポロッと取れたことかな~、印象にあるのは。これはテープで固定していまだに使ってるケド、さすがにシアトルに行く前に交換したほうがいいよね~?

 あと最近はAAA会員の更新をした。AAAとは日本にJAFにあたる組織だが、そのサービスはJAFよりも数倍良いと思う。例えばレッカーを呼ぶとJAFならば2時間くらいは待たされたものだが、AAAは2,30分くらいでやってくる。まー、もちろん場所にもよるけど。まだそんな場面に遭遇したことがないのだが、荒野の真ん中でクルマが動かなくなった場合、AAAはすぐに来てくれるのかしら?それ以前に携帯が繋がらないかもね~(;^_^Aなにはともあれ携帯は必需品だと思うよ(デラウェアを経つ時に隣のラボの教授が助言してくれた......)

 そんなところでではまたっ!

【追記】今朝、起きたら氷点下29℃!クルマにエンジンをかけるとものすごいうなり声が......

FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2006/02/17 13:32】 | 生活
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。