米国けんきゅうにっき 最近のマイブーム♪
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 最近ハマっているもの。それは二ノ宮 知子さんのマンガ、「のだめカンタービレ」だっ。まあ要は音楽大学の学生、野田恵(通称、のだめ)の奇行と古典音楽の話を混ぜ合わせたもの。おもしろいのがのだめの描写なのだが、まあ変態の一言に尽きる。実際、あんな女子が居るのか不思議に思うが、まあ作者が女性だからもしかしたら彼女に近い存在はこの世のドコカに存在するのかもしれない。


 このマンガの魅力は変態(のだめ)だけではない。彼女を取り巻く登場人物も個性があってオモシロイのだ。もちろんこれは少女向けコミックスなので、この世界ではあり得ないよーなイケメンで完全無欠のオトコ(千秋さま)とかも出てくるので、男性諸兄にはちょっと反感を買うかと思いきや、変態(のだめ)に翻弄されるその姿はちょっと哀れとゆーか愛くるしく感じるてしまう。


 さてのだめはピアノ科の生徒なのだがオタマジャクシが全く読めない。しかし一度聴いたことのある曲は演奏できるとゆー神技(絶対音感?)を持っている。だから大学では落ちこぼれ。千秋先輩にまとわりついて、彼とともにフランスに渡るのだ。もちろん仏語はできないのだがフランスにも居るアニメおたくと意気投合してしまうところとか、作者の原風景を見てみたいものだ。


 ほかにも魅力的なキャラクターは作中にたくさんちりばめられている。ワタシのお気に入りは大学のウラにある中華料理屋の「裏軒」。中華料理屋なのに千秋の注文したクラブサンドとか出てくるシーンとか笑ってしまう。またこの「裏軒」の一人息子、峰くん。ヴァイオリン科の学生なのだが、下手で落ちこぼれ。それでも学祭のためにオケ(オーケストラ)を立ち上げるところとかアツいんだな~。


 そんなわけで現在は14巻まで発売中。興味のある方はドーゾごらんあれ。ちなみに古典音楽が題材になっているシーンが多々あるが、そんな知識なくてもとってもオモシロイよ~♪

FC2blog テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

【2006/04/14 09:54】 | 書籍紹介
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。