米国けんきゅうにっき 今年最初のイエローストーン探訪
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
f_paint_pot_00.jpg 今週の月曜日から木曜日にかけて(日本の)ゴールデンウィークを利用して友人が訪れた。(日本人の)友人として我が町に訪れたのは彼で5人目であり、実に7ヶ月ぶりの日本からの来訪者だ。そんなわけで開放したてのイエローストーンに行くことにしたわけであるが、この時期はまだ西ゲートのWest YellowstoneからMadison分岐を経て南へはOld Faithfulまで、東へはCanyon Villageまでしか行くことができない。(北口は年を通して入ることができるのだが、基本的にはMammoth Hot Springしか見ることができない。)つまりまだYellowstone湖まではアクセスできないため、Yellowstoneを縦断していくGrand Tetonまでの道を利用できないわけである。まあそれでも主要なもの(たとえばYellowstone渓谷やOld Faithful Geyserなど)を見ることはできるうえ、この時期はほとんどの観光客がまだいないためじっくりと楽しむこともできるのだが。(ただし寒かった......)

 昨年もかなりの回数、Yellowstoneを回っていたのだが、今回はまだ紹介していない場所を今日のエントリでアップしよう。そんなわけで今日のお題はMadison分岐とOld Faithfulの間にあるLower Geyser BasinのFountain Paint Potの写真だ。場所的にはMadisonをFirehole川にそって南下する際に大きな平原に出るのだが、その先の方にモクモクと煙が見えてくるのを目撃するハズである。それがFountain Paint Potだ。なおこの平原では(見通しがよいため)バッファローやエルクなどの野生動物をしばしば見かけることができるので、野生動物目当ての方はおさえておくと良いポイントだ。

celestine_pool.jpg
silex_spring.jpg
Celestine PoolSilex Spring


 Fountain Paint Potのボードウォークトレイルはだいたい半マイルのループになっており、かなり活動的な間欠泉や泥泉が散らばっている。また入り口のあたりには立ち枯れた木々などがあり、なかなかの良い雰囲気(?)だ。

Fountain Paint Pot
f_paint_pot_01.jpg
f_paint_pot_02.jpg
f_paint_pot_03.jpg

 大分在住あるいは住んだことのある方ならばご存じかと思うのだが、別府には日本が誇る地獄がある。そのなかでワタシのお気に入りは地獄協会に加盟していない坊主地獄なのだが、このFountain Paint Potはその坊主地獄にそっくりだ。今回訪れた友人も大分に数年住んでいたこともあり、この米国版坊主地獄を堪能したことであろう......

fumarole.jpg
red_spouter.jpg
FumaroleRed Spouter

 この坊主地獄(自分的にはそうなった)地帯を抜けるとその先は間欠泉群がある。もちろんYellowstone最大の間欠泉といえばOld Faithfull Geyserなのだが、アレは小1時間待たなければならない。しかしこちらはなんだかしょっちゅう噴いているので、ほどよく楽しめる。とゆーか近いのでちょっとコワイ。

間欠泉地帯
f_geyser_01.jpg
f_geyser_02.jpg
f_geyser_03.jpg


 このFountain Paint Pot、もし時間のある方やメジャーどころをすでにおさえてしまった方、ちょっと立ち寄ってみてはいかがであろうか。別府では坊主地獄と竜巻地獄(間欠泉のコト)は別料金だが、このFountain Paint Potトレイルは一度で二度楽しめるスポットだ。しかもワニ地獄やら動物地獄赤鬼地獄などの余計なアトラクション系はないので自然の活動を思う存分楽しむことができるであろう。

【2006/05/07 14:18】 | 国立公園めぐり
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック