米国けんきゅうにっき 化石の森にて~その1
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
p_f_01.jpg 先週、"Petrified Forest"を求めて彷徨ってたハナシをした。それから空いて1週間。結構、忙しかったのでブログの未更新が続いてしまったワケなのだが、昨日の日曜日は再び、Petrified Forestに訪れる機会を得たのであった。
 実は先週の場所はちょっと間違っていた。US89から入る道は正しかったのだが、途中の分岐路で間違った方を行ってしまった。さて今回は友人とともに行き、前回のエントリで紹介した冊子も携帯していたため、間違えずにたどり着くことができた.......しか~し、ホントーに不安になるくらいひっそりとした人気のない場所にそこはあったのである。荒れ道(未舗装路)を10マイルほど進んだ先に、Gallatin Forestのキャンプグラウンドがあったのだが、日曜日の結構早い時間にもかかわらずほとんどヒトがいなかったのである。

trailhead_01.jpg
trailhead_02.jpg
trailhead_03.jpg
トレイルの入り口のあたりの風景

 結構、ダートを走ったのでトレイルヘッドでもすでにかなり山奥にいるのだ。そしてヒトはほとんどいない。まあラボでの日常とは一線を画す光景だ。ただワタシは体力がほとんどないので、このショートトレイルでもかなり死にそうになった(;^_^A

lava_01.jpg
lava_02.jpg
lava_03.jpg
木々の間から垣間見える岩は溶岩石

 この溶岩で形成された奇岩にむかって登っていくルートがトレイルなのだが、この斜面を登るのはワタシの運動不足の身体にはなかり堪える。

lava_04.jpg
lava_05.jpg
lava_06.jpg
二層の岩トレイルヘッドから見えた岩さらに登って奇岩を俯瞰

scenic.jpg さてここまできてはたと眼前の景色に目を留める。......死にそうな思いをして登ってきた甲斐があったというものだな。久しぶりに心地よい風と心洗われる光景を感じることができた。昼の月も出ているこの世界、人気もないこの空間。なにもかもが非日常の連続である。

FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2006/07/18 09:50】 | 生活
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック