米国けんきゅうにっき 勝谷誠彦というコラムニスト
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 最近はグラントプロポーザル(日本で言うところの科研費に相当かな?)の下書きを書いている。主に研究計画の部分だが元々、出身が無機化学なので我ながらバイオ屋には思いもつかないような実験をガリガリ書いているところだ。まあだからといってコイツが通るかどーかは別問題だけどね~。

 今日はラボテクのLexyとグラデュエイト候補のFくんをつれてタンパク質結晶化を試みた。先日、最後まで嫌気下でカラムをかけてそのまま液体窒素で凍らせたサンプルだ。今日は隣の建物にあるグローブボックスまでいく。そこで結晶化を行うワケだ。今日はLexyにやってもらい明日はFくん、週明けにワタシがやるという寸法だ。3人でやる理由は結晶化条件の再現性確認も兼ねる。2人ともグローブボックス内で作業をするのは初めてだったようで、3時間ちかくかかった。まあ初心者だからそんなものだろうね。実際、ワタシもあの中で結晶を作るのは難しいかな~とは思う。まあでもいつかは越えなければならないステップだ。そんな作業のなか、ふと日本での顕著な自殺者の増加(特に若年層)を思い起こす。(そして50年後の日本の総人口予想も......)実は今のワタシはコレまでに人生のなかでもっとも充実していると感じている。そしてこれまでもそうだかこれからも(生物としての)自分の時間の短さにちょっとの悲しさを感じてもいる。だから正直言って小中高生が自殺をするというのはワタシには理解できないのだ。なにしろ時間が足りない!と思うのだから。(ここで漫画だが「からくりサーカス」の登場人物の一人、正二の想いを思い出す。)それでもまた対極に位置する考えなのだが、ニートやヒキコモリたちの心情を全く蔑ろにできない自分も存在している。この相克は一朝一夕では解決できないんだろーな、とか思ったり。まあ今の日本はいろいろあるわね。

 さて今日の本題は常日頃から愛読(?)していた右翼モドキの勝谷誠彦のブログが有料サービスに移行するとか。早速、某掲示板でもたたかれてた。この人のコラム、むかつくことがしばしば書かれてはいたが、意外と好きだったんだよねぇ。いいたいことを言いたい放題書いていたのがちょっと好きだったのだ。それにこれはモトカノが教えてくれたサイトで当時は彼女の考えを理解するという意味でもよく読んでいたのだが、途中でデンパが入ったりで話半分で読んでいた。まあネタとしてはオモシロイよ。

 そんな彼のブログ(正確にはブログじゃないそうですが......そもそもブログの定義ってナニよ?)、月875円に移行するとか......ダレがそんな金払ってまで読むね!?と思ってしまったのだが、笑えるのが有料になって”改行します”とか。どこまでヒネクレタやろーだと思ったのだが、まあいいや。その無改行は個人的には気にならなかったからね。(モトカノおよび多くの2ちゃんねらーはその読みにくさを指摘していたみたいだけど。)

 そんなカレもイラクにいってフセインの穴に入り込んだり、わざわざ竹島まで韓国側から行ったり、なんだかな~とは思っていたのだが、そんな香ばしいカレの行動をリアルタイムで追跡できないのは一抹の寂しさを感じるのであった......でもさ、なにもクリスマス直前にこんなエントリを書くのも自分でもどーかと思うね~(^^)

FC2blog テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

【2006/12/22 15:52】 | 時事の話題
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。