米国けんきゅうにっき iTunesでカラオケ?
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今日は土曜日。今はとっても晴れていて心地よいのだが、今朝、Wal-Martにオイル交換に行ったとき、クルマの中でちょっと待たされたのでサムかった。今はラボの自室に居るが陽が照っていてどちらかといえば熱い。この後はFくんとKくんとともに温泉に行き、その後でLexyとEricと合流してヒミツ会議の予定だ。

 さてちょっと前エントリと空いてしまったのだが、最近改めて思うのが、"米国"も"けんきゅう"も関係ない日記だなぁ、ということ。すんませんm(_ _;)m これから春が訪れ夏が到来すれば、もうちょっと華のあるエントリを供給できますので、乞うご期待ください。

 そういうワケで今日のお題はふたたびiTunesといこう!と言っても本体のハナシではなくプラグインの話題だ。ご存じの様にワタシのiPodは最近、昇天されたのでちょっとカナシイのだが、まあそれはソレということで。

 iTunes単体でも歌詞を入力することができるのはご存じの通りだと思う。(Windowsの場合)任意の楽曲を選択して右クリックメニューからプロパティを選べば、その中に"歌詞"とゆータブがあり、其処にテキストを入力できる仕組みだ。ではこういった歌詞をテキスト形式で入力する方法だが、いくつかの方法がある。まず手入力とゆー原始的な方法がある。まあ歌のある楽曲が数曲しかないというのならば、それでいいのだが、ワタシの場合、容量換算で25GB、楽曲数で5000を越えているので、この方法は現実的ではない。ではウェブ上で公開されている歌詞をコピペして入力するという方法があるのだが、これには問題がある。某利権団体の圧力により、現時点でウェブに公開されている歌詞はコピー&ペーストをブロックされている。実際に"うたまっぷ"などの歌詞無料検索サイトでお気に入りの歌を検索して、その結果をコピペしてみようとするといい。コピペどころか選択すらできない状態になっているのだ。まあ○スラックの主張では著作権保護らしいが、このスタンスはかなり偏執的だと言わざるを得ない。

 まあカ○ラックのことは置いといて、この状態だとiTunesに歌詞を入力するのは非常に不便だ。そこでフリーウェアを利用することにする。歌詞検索ソフト、"Lyrics Master"というものが公開されており、これを利用することで公開されている歌詞検索サイトからほしい歌詞を検索、抽出、そしてテキスト変換、さらに必要に応じてiTunesやiPodへ転送してくれるのだ。また自動スクリプトを利用することで、オートでiTunesにライブラリ登録されている楽曲の歌詞を集めてきてくれる。その操作の詳細は上記リンクを見ていただくとして、ワタシが使用した感想だが、少なくともワタシの環境ではこの自動抽出を実行すると、20曲前後でLyrics Masterが強制終了してしまうのだが(iTunesは道連れにならない)、それでも手入力するよりも便利であることにはかわりがない。

 次にこの集めてきた歌詞をiTunes上で演奏中に表示させる方法がある。これはiKaraというiTunes用プラグインを利用するのだ。これをダウンロードしてインストールすると、iTunes上のメニュー、"表示"の中にあるビジュアライザを表示するメニューの中にiKaraというメニューが増えているはずだ。これを選択することで、ビジュアライザ表示が歌詞付きとなって表示される。この状態で右下にある"OPTION"をクリックすると、ダイアログが表示され、ここで歌詞の編集やタイムタグ(曲と歌詞のタイミングをとる機能)の編集が可能となるわけだ。

 まあこんなカンジで自宅にカラオケボックスみたいな機能を実現できるのだが、最近の日本はあんまりカラオケ自体、はやっていないみたいだねぇ。

FC2blog テーマ:iTunes - ジャンル:コンピュータ

【2007/03/11 04:35】 | コンピュータ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。