米国けんきゅうにっき らぶコメマンガ
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ある外部依頼されたお仕事の期限が迫っており、これが終わればちょっと楽になる。これとは別に先々週から今日まで嫌気下でのタンパク質の精製、そして滴定とやってきたのだが、ここに来てESR(電子スピン共鳴分光)の必要性が出てきた。それで先週末に装置を立ち上げたのだが、コンピュータ(のOS、WindowsNT)が死んだらしく、装置との連携がとれなくなっていた。そんなワケで測定はお預け。たぶん新しいサンプルが必要だから、今週はもう一度、タンパク質精製をし直さなければならないだろうねぇ。


 さて久しぶりのエントリだが、今回はチョイと趣を変えたいと思う。ワタシはマンガが大好きで、子供の頃から数多のマンガを読んでいた。(博士課程の頃を振り返っても、周りにここまでオタクなヤツは居なかったと思う......)そんなオタクっぷりなワケで、先々週にわざわざこの街までご足労いただいたマイミクさんにも......

cooyou: ゴメンねぇ~、わざわざ遠いところから来ていただいて、やっと久しぶりの日本人だってゆーのに......蓋を開けてみればこんなオタ野郎で......
tm: とんでもないっ!ワタシもかなりているんですよ~。たとえば友人に「ガンダムはナゼ、ガンダムって呼ばれているのか知っているかーっ?」とかの質問に答えられて、尊敬されたり......
cooyou & tm: (^ ^;Δ X2

 閑話休題。久しぶりに日本に帰った時のことだ。マンガ喫茶に入ったことはこのブログでもふれたと思う。そこで河下水希の「いちご100%」とゆーマンガを読んだ。集英社の週刊少年ジャンプに連載されていたので、結構有名かもしれないし、ワタシもその存在は知っていた。おもしろいのはこのマンガ、ジャンプ史上でもっとも長いラブコメマンガだそうだ。そしてジャンプで連想されるのはまつもと泉の「きまぐれオレンジ☆ロード」で、これも確か長い連載だったと思うのだが、この「いちご100%」に負けたんだねぇ。



 まずこの「いちご100%」を読んで思い出したのが、上記の「きまぐれオレンジ☆ロード」だ。すでに20年以上昔のマンガなのだが、三角関係やらお色気シーンやらなんかは両者に共通する。まあある種のオマージュなのかなと思ったワケ。「いちご100%」は、初期から中盤のハナシがちょっと冗長すぎて、中だるみの激しい内容であった。(まあこの点は「オレンジ」の方もそうだけど。)ただ「オレンジ」と異なり(個人的にはオレンジの最終回もいいと思うけど)終盤の展開は目を瞠るモノがあった。

 「いちご」では4人のヒロインが登場し、主人公たちとの高校3年間(プラス中学3年生の終盤)の学生生活が描かれている。主人公は映画製作にあこがれており、高校では映画の作れるクラブのある学校に進学したいと思っていた。引っ込み思案の同級生の少女が書いた小説をあるきっかけで主人公が目にすることになり、彼はこの内容に感動するのだ。その後、彼女の才能を彼が評価することで、彼女自身、主人公に心惹かれることとなる。同時期に主人公は友人とのある賭け事で学校のアイドルみたいな少女に告白することとなる。そしてナゼかその学校のアイドルとつきあう事となるのだ。この2人の少女が4大ヒロインの2人であり、主人公を巡る多角関係の一角となるワケだ。まあぶっちゃげ典型的なラブコメなのだが、なんてゆーか、レースに負けた方のヒロインの潔さとゆーか、最後の引き際がカッコ良かったのだね。ここまでしっかり描いた(少年誌での)マンガはなかなか無いと思うよ。もちろん欠点も沢山あったのだが、すべては最後のシーンに集約されると思う。サイコーのマンガだとは言わないケド、良くできているなぁと久しぶりにちょっと感動したのであった。

 あとこれはWikiで知ったのだが、この作者、女性だそうで、連載の間に休載が1回のみだとか。これはジャンプの常連休載者とかに較べれば奇跡に近いと思う。男性読者に媚を売るようなシーンも多々在ったが、それでも終盤のその描写には敬意を表したいね。

FC2blog テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

【2007/03/27 03:46】 | 書籍紹介
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。