米国けんきゅうにっき 未来につなげる実験
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ふぅ~、今日は寒いねぇ。

 血液検査が返ってきた。結果はいたって良好。(鉄分が多いと出ているが......)5年以上もこのただれた生活を送りながらも、そしてその間にまったくチェックしていなかったのに......大したものだと思う。改めて優良な遺伝子を与えてくれた両親に感謝である。
 昨日は3週間ぶりにボスを捕まえた。まさに"ウォリーを探せ"状態なのだが、2時間ほどのディスカッションの末に論文草稿の直しが終わる。たぶんこれは今週中にサブミットできるだろう。バイオだから論文がなかなか出ないと妥協はしたくないので、次のネタもボスに話してある。これはできれば夏前に仕上げたいのだが、ここに来てボスがこれまでのデータを見て上位の雑誌に出してみようかみたいなことを言いだした。それはいいのだが、そういった雑誌はおしなべて審査に時間がかかるのが気がかりだ。

 さて先ほどデラウェア時代のボスからメールが来た。何でもワタシの修士時代の指導教官が、デラウェアに訪れているとか。たしかそんな事を言っていたなぁと思いつつ、添付画像を見るとふっる~い写真がそこに在った。たしかワタシが4年の頃に○工大に来たばかりのころの写真。(今から12年前くらいか?)もう亡くなってしまった当時の指導教官の先生と、今回デラウェアに訪れているヒト、そしてナゾの外人である。実はナゾではないのだが、だれだか記憶に残っていない。デラウェアのボスはその彼の名前を教えてほしいということだったのだが、覚えていることといえばシンガポールから来ていたということだけ。まあ仕方がないので、その旨を伝えた。

 久しぶりに今週末は速度論の実験でもしようかと思う。ネタ探しも兼ねてなのだが、たぶん今、ラボに来ているFくんの将来的な実験の礎になるやつ。そんなワケで今夜は麻婆豆腐の作製は諦めて、滴定実験をしよう。

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2007/03/29 22:17】 | 研究
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。