米国けんきゅうにっき Geyser(間欠泉)めぐり~その1~
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
 今日は卒業式とゆーことで、ラボには行かずにイエローストーン国立公園に行って来た。理由は卒業生父兄が徒党を組んで押し寄せることが予想されるため、駐車出来る場所を確保できなさそうだから。そう、今日はアメリカの大学の卒業式なのだ。

 大学の卒業式といえば、2回参加したことがある。学部のと博士過程終了のヤツだ。前者はたしかオウムの地下鉄サリンテロのその日だった。まさに千代田線に乗って九段下まで行く予定だったのだが、遅刻をして助かったのかもしれない。

 まあそんな卒業式。ポスドクのワタシにはカンケーないので、早朝からイエローストーン西ゲートに向かうことにしたのだ。そもそもはマイミクさんの一人がティトンからイエローストーンの経路が開通してるかどうかの質問があったので、その予備調査がハジマリだった。ただちょっと疲れたので南ゲートまでは行かなかったので、今回の公園めぐりは当初の趣旨を逸脱しているよーな......

 さて今回は今年初めてのイエローストーン国立公園巡りだ。しかしながら入ったとたんにもうバッファロー(水牛)がウジャウジャだ~!

bison_2007_01.jpg
bison_2007_02.jpg
bison_2007_03.jpg
クルマの横を高速移動中前方で車道を横断中目の前で横断中

 ヤツらも舗装道路の方が歩きやすいためかもうそこいら中にあらわれている。あとちょっと思ったのは、今年はちょっと多い?もしかして富国強兵か?

 なんとかOld Faithfulまでたどり着いたのだが、ちょうどGeyserの噴出が終わってしまったのだとか。次回は1時間後とゆーことで、時間を調節しながら、ボードウォークを散策する。
 さて一度、ココを訪れた方ならばわかるかもしれないが、ココには大量の間欠泉やら温泉があり、途中で食傷気味になってしまうのだ。かくいうワタシももう何度も訪れていくウチになんだか無感動になりつつある。そこでココはちょっと奮起して、ちゃんと記録を取っておこうと思う。未来のためにね。

teakettle_spring.jpg
sponge_geyser.jpg
pump_geyser.jpg
Teakettle Geyser、まあ急須みたいとゆーことでSponge Geyser、このイマジネーションはわからんPump Geyser、激しく活動中
doublet_pool.jpg
beach_spring.jpg
aurum_geyser.jpg
Doublet Pool、池が二つBeach Spring、色か?色なのか?Aurum Geyser、激しく噴くらしい
observation_point.jpg
さて、丘を登っていくと......
solitary_geyser_01.jpg
solitary_geyser_02.jpg
静かなのだが、時たまボコッと出る丘から見たOld Faithful Geyser

 Old Faithful Geyserの噴出をタイミング良くObservation Pointから見るため、道すがらにある間欠泉群を撮影。ごらんの様になんだか適当に付けたみたいな名前だから食傷気味にもなる。まあ正直言ってでっかい間欠泉を見れば十分だと思うね。ただAurum Geyserは次回には噴出の様子を動画で保存しておきたいとは思うのだが、ドイツもコイツも噴出が気まぐれなんで、なかなか一朝一夕には行きそうにないね~。

 トレイルを登っていくと、静かな開けた場所にでる。ココにはSolitary Geyserというのがあるのだが、とっても静かでただモクモクと湯気のみがたっているのだ。しかし、説明書きを注意深く読むと、数分ごとに噴くというではないか。こんな静かな場所に先客が1組いたのだが、ワタシも待つことにした......しかし、待てども待てども、ショボイのしか出ないの。まるで銭湯の湯船のオ○ラみたいなやつ。しかも一回ポッキリの単発のヤツ。先客はあきらめて去っていったのだが、ワタシは粘ってそのボコッを撮影しましたヨ。ああなんだか時間の無駄、無駄、ムダァァァァァ~。ってゆ~ワケでも無かったんだよね。Old Faithful Geyserのヨソウ噴出時間を鑑みて粘ってたワケだ。さてその主菜だが、動画をようつべにあげておいたので、回線速度が十分なら鑑賞されたし!

FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2007/05/13 13:18】 | 国立公園めぐり
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック