米国けんきゅうにっき 話題のiPhoneだけど......
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 先週末にAppleのiPhoneが発売された。なんだか熱狂的な人気で各地のApple Storeでは行列が作られたとか。日本では未だ発売のメドすら立っていない様子で、IT関連の携帯系サイトでは猫も杓子もiPhoneを買ってきたとか、並んだとか特集記事が掲載されている。

"なぜiPhoneは人々を熱狂させるのか?" (ASCII.jp)

"快感をあじわえる「iPhone」- ファーストインプレッション" (MyCOM)

"行列に並んで「iPhone」を買ってきました" (ITmedia)


 まず日本在住の人たちが購入しても無意味になってしまう理由は、上のサイトにも記述されているが、社会保障番号(Social Security Number, SSN)および米国発行のクレジットカードが必要なためだ。だから旅行者がこれを購入してもアクティベーションの時点ではじかれてしまう。ではワタシはといえば"アホらしい”と思ってしまう。まあ住んでいる場所がド田舎ということもあるが、iPhoneのプロバイダであるAT&T(旧Cingular)はココ、モンタナを広くカバーできていない。(ココ、米国で5年前から契約しているVerizon Wirelessもインターステート沿いを中心にしかカバーできていないが......)まあそんなわけでわざわざキャリアを換えてまで、iPhoneを購入するメリットが自分には無いのである。一番安いプランで$59.99(ワタシの現在のプランは$39.99で過去5年間、フラットレート)というのもちょっとこっちでは高い気がする。またたいてい、各社は長期契約(たいてい、2年)で器機のディスカウントを行っているが、iPhoneにはそれが適用されないそうだ。だから値段は$499をそのまま払わなければならない。(ちなみにこの値段で探せば量販店でノートPCが買える。)

 上記のリンク先にあるコラムでは、iPhoneのことをベタ誉めしており、"携帯電話の歴史上、これだけ話題になった製品はほかにない──。まさに'革命的なできごと'と言えるだろう"とか言っているけれど......あのガラス張りの器機は落としたらすぐにでも割れそうだ。(実際、ワタシの携帯はなんども地面に落としている。)まあそういうヒトは買ってはいけないのだろうけれど(;^_^A つまり言いたいのはマスゴミどもは誇張しすぎ。特に上記の論評を書くようなヤツは小一時間、問い詰めたい

 もう一つ思うのだが、こっちの携帯に対して期待すること。それはホントーに通話だけだ。なぜならば未だこちらのネットワークの回線速度は十分に遅いのに、携帯が速いなんて期待できないのである。だからiPhoneを活用できそうな場面を想像できない。(これが日本なみの回線速度ならばスマートフォンも意味が出てくるのだろうが。)

 個人的には六世代のiPodを早く出してほしい。(前のが壊れたままだから。)

FC2blog テーマ:Apple - ジャンル:コンピュータ

【2007/07/06 07:47】 | ケータイ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。