米国けんきゅうにっき Coolidge Ghost Town
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
 今朝、ラボでFくんがワタシの同僚についての感想を赤裸々に語ってくれた。彼曰く......「昨夜からRocker(電気泳動のゼリーを着色液の中に入れて揺らす機械)を動かしておいたんですが、今朝来たら、止まっていたんですよね~、なんだかカンジわるいですよ!」
 さてワタシも似たようなことがある。夜に実験をするためにラボのドアの鍵を開けておいたのだが、ちょっと目を離したすきにすべてのドアが施錠されていた......まあ心当たりはあるのだが、Fくんに「まあこれは心霊現象とゆーことにしとこーじゃないか」と提案した。ちなみにいずれの時も我が麗しの同僚はラボに居て、もっともサスピシャスな人物なのだが......

coolidge_00.jpg 先日、Elkhorn Hot Springsに行ってきたおはなしは前々回あたりのエントリで話題にしたのだが、その帰り道、すばらしい物件を見つけた。そう、例によってゴーストタウンである。
 ちょっと注意しないと見つけられない場所にそれは在った。キャンプサイトに続くダートロードはすぐに気がついたのだが、その行き先表示板に小さくゴーストタウンの文字を見つけたのはFくんの功績であろう。今回は前回の様にどんよりとしておらず、ゴーストタウン散策にはもってこいのお天気。有無を言わさず、ダードロードにクルマを進めたのであった。
 この未舗装道路を1マイル(1.6キロ)ほど進むとキャンプサイトがあり、3,4組ほどのファミリーがキャンプを設営していた。(July 4thの前だったので、休暇を取ってキャンプを楽しんでいるのだろう)そのサイトを過ぎたとたんに、道は急に狭くなり対向車との離合はちょっと難しい間隔。だんだんと雰囲気がでてきたね~。
 3マイルほどこの未舗装道路を進むが対向車はほとんどなし。ヒトの気配もまったくなし。ホントーにこんな場所でかつて人々が生活を営んでいたのだろーか?と心細くなる。やがて駐車場の看板が目に入り、このダートの終点にたどり着いた。当然、止まっているクルマは一台もない。ただトイレがあるのはそれなりの訪問者の証か?

coolidge_01.jpg
coolidge_02.jpg
coolidge_03.jpg
まだ半マイルの徒歩要スゲェ、ホントーの廃村だ!ムラの地図
coolidge_04.jpg
coolidge_05.jpg
coolidge_06.jpg
すべてに於いてスバラシイ"廃村"である
coolidge_07.jpg
coolidge_08.jpg
coolidge_09.jpg
ナゼか川に水没してるもうアレ放題このバリゲードもイイ雰囲気

 ここもどうやらゴールドラッシュ時代のマイニングでにぎわったムラらしい。地図をみるとわかるが、鉄道のデポとミル(粉砕器)などが描かれている。さらに人の気配が全くないため、かなりのヒミツ物件であろう。もうゾクゾクするこの雰囲気!

 この季節、うっかり失念していたのだが、モリには蚊が山のようにいた。米国の蚊は日本とちょっと色が違うのだ。それはそれは大量のモスキート、ちょっとウエストナイルに懸念しながら大量のヤツラを殺戮した。人気がないことをイイことに大声で「フンッ、フンッ!」とふんばりながら蚊を殺戮していると、前方からアメリカ人家族が出現!?ワレワレに気配を悟られないようにアプローチするとは、なかなかやるな( ̄▽ ̄) ニヤ、と思うのであった。

 でも「家族でゴーストタウン巡りって」とFくんが洩らしていた。

FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2007/07/07 03:07】 | ゴーストタウン
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック