米国けんきゅうにっき ぶ~ときゃんぷ(その2)
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
 前回のエントリに続き、ブートキャンプである。ちなみにこれは同日、行われた。最初は引っ越しそばでもやろうかと言うことだったのだが、衝動的に天丼を喰らいたくなった。で、作ることにしたのだ。

b_camp_11.jpg
b_camp_12.jpg
b_camp_13.jpg
エビはMexican White Shrimpナスと椎茸も準備衣の素体

 山の中なのだが、一応、フィッシュマーケットがあるので、ココでエビを購入。1ポンドで$14(450グラムで約1700円)だ。全部で14折り(ネットでエビの数え方を確認)だった。なすは米なすだとおいしくないので、近くのAlbertsonでchinese eggplantを購入。(毒入りを避けるため、米国産であることを確認。)これは$2(約240円)。椎茸は干し椎茸をもどした。(だし汁はたれに使う。)
 衣には卵黄と良く冷やした水を180mLで黄水を作り、これに小麦粉、1.5カップを加えて軽くかき混ぜる。ネットを徘徊すると、カラッとあげるために片栗粉やベイキングパウダー、マヨネーズなどを混ぜると良いと書かれていたので、片栗粉の代わりにコーンスターチマヨネーズを少々加えた。なんだかネットに掲載されている写真と違う状況が生まれつつあるのを懸念しながら......

b_camp_14.jpg
b_camp_15.jpg
b_camp_16.jpg
油はサラダ油にごま油少々なんとなく天ぷらっぽいおおっ、天丼みたいだぞ

 油はサラダオイルを使ったのだが、どこかにごま油を入れるとずいぶんあがり具合が違うとゆーことで入れてみる。確かに香りはイイ。油温は約160℃だということだが、料理用温度計を持っていないので、パン粉を落として確認した。またあげる時間も全く知らなかったので適当だが、まあナスは多少生でも死なないだろうとたかをくくる。(結果的には良く熱が通っていた。)
 揚げている最中は妙に衣の色が白いので不安だったのだが、油から出した後に色が天ぷらっぽくなったので安心。たれはだし汁、しょうゆ、みりんを2:1:1で調合。これに砂糖を大さじ一杯、加える。たまりを使ったので妙に濃い色だったのだが、味はちょうどよかった。天ぷらをタレに軽くつけて、ご飯の上に置く。あとは好みでたれをかけてもらうということで完成だ。

 はっきりいって今回の天丼、成功である。ちゃんと熱が通っていたし、たれもちょうど良い味付けだった。これで前回のカツ丼に加え、天丼も制覇したことになる。次は大分名物の鳥天でも挑戦してみるか?

【2007/07/10 07:16】 | 生活
トラックバック(0) |

古楽器!
cooyou
ハイ、次は鳥天、いきますよ~(^^)

長湯温泉、ナツカスィ。先輩家族とそのお母様(お母様は愛媛の方)が大分に訪れたときに、友人と行きました。(ワタシはラボで幽閉されていたので、遅れて大分大からMINIをかっ飛ばして参戦。)ワタシも古楽器の音色、大好きです!ワタシのVnの師匠がバロック音楽に傾倒しており、よくバロックリサイタルを開いておりました。だからVnの弦もガットを勧められましたね~。(よく切れるんですが......)ヴィオラ・ダ・ガンバの音も大好きです。ああ、日本に居たなら馳せ参じたのに......残念デス。

お~天丼!
Heidi
なかなかいい色に仕上がっているではありませんか。
大分のカボス汁がシアトルで手に入るなんて驚愕。輸出までしているのか!?
帰国にあわせ、髪を切られたcooyouさんのヘアスタイルが気になっています。Mixiのトップは、いつアップするのでしょう?

cooyouさんが大分にいたら是非お誘いした演奏会。
日本古楽界の第一人者濱田さんが率いる古楽アンサンブル「アントネッロ」が、竹田市の長湯温泉で「ルカス音楽祭」を開きます。NHKラジオ「あさのバロック」の元アナウンサー日野直子さんの朗読付き、など。長湯温泉に、昔300人余りのキリシタンが住んでいたことにちなんでの音楽祭です。
杵築市には、古楽器研究製作家の家族とも交遊があることから、私はすっかりチェンバロや、ヴィオラ・ダ・ガンバの生音にはまってしまいました。

さぁ、次のエントリーは鳥天だー。カボス醤油で食べる鮎の塩焼きなんかも見てみたい、ハハハ(笑)

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
古楽器!
ハイ、次は鳥天、いきますよ~(^^)

長湯温泉、ナツカスィ。先輩家族とそのお母様(お母様は愛媛の方)が大分に訪れたときに、友人と行きました。(ワタシはラボで幽閉されていたので、遅れて大分大からMINIをかっ飛ばして参戦。)ワタシも古楽器の音色、大好きです!ワタシのVnの師匠がバロック音楽に傾倒しており、よくバロックリサイタルを開いておりました。だからVnの弦もガットを勧められましたね~。(よく切れるんですが......)ヴィオラ・ダ・ガンバの音も大好きです。ああ、日本に居たなら馳せ参じたのに......残念デス。
2007/07/15(Sun) 21:45 | URL  | cooyou #GH1R4l52[ 編集]
お~天丼!
なかなかいい色に仕上がっているではありませんか。
大分のカボス汁がシアトルで手に入るなんて驚愕。輸出までしているのか!?
帰国にあわせ、髪を切られたcooyouさんのヘアスタイルが気になっています。Mixiのトップは、いつアップするのでしょう?

cooyouさんが大分にいたら是非お誘いした演奏会。
日本古楽界の第一人者濱田さんが率いる古楽アンサンブル「アントネッロ」が、竹田市の長湯温泉で「ルカス音楽祭」を開きます。NHKラジオ「あさのバロック」の元アナウンサー日野直子さんの朗読付き、など。長湯温泉に、昔300人余りのキリシタンが住んでいたことにちなんでの音楽祭です。
杵築市には、古楽器研究製作家の家族とも交遊があることから、私はすっかりチェンバロや、ヴィオラ・ダ・ガンバの生音にはまってしまいました。

さぁ、次のエントリーは鳥天だー。カボス醤油で食べる鮎の塩焼きなんかも見てみたい、ハハハ(笑)
2007/07/15(Sun) 20:49 | URL  | Heidi #a3gsuCsY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック