米国けんきゅうにっき 天使の翼のたもとにて
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 下書きを書いている今日は終戦の日。かつての大戦で多くの人たちがその命を散らせた。その後、日本国はその理想を憲法に託したが、今、現在となってはその形骸化した理念に陶酔して思考を停止している人たちでいっぱいの様だ。(まあ、自分もそうなんだろうけど。)たぶんこの世の中に争いは未来にかけても無くならないだろうし、その理想を否定するつもりもないけど、現実は直視しないとね。

 改めて先の大戦でなくなった全ての方に追悼の意を表します。

 閑話休題。

 今日はGrinnell氷河のあるAngel Wingの頂までの道のりを紹介しよう。映像もmixiのヤツを大幅に再編してある。

grinnell_200721.jpg
grinnell_200722.jpg
grinnell_200723.jpg
トレイルの途中にある滝、帰りに水をくんでいるハイカーに出会うトレイルがもろに濡れている場所、滑りやすい上に、反対側は崖。間違いなく死ねそう......

 徐々にAngel Wingの裾に近づいている。登りもだんだん急になってきている。さらに途中に雪解け水のためなのか、ところどころトレイルを横断するように滝ができていた。特に岩場をまたいでいる水場はちょっと注意が必要。反対側が切り立った崖で靴がしっかりしていないと間違いなく落ちる。(もちろん落ちたら無事では済みそうにない高さ。)水場では携帯用ピュワリファイヤ(purifier)で水を汲んでいるヒトもいた。

grinnell_200726.jpg
grinnell_200727.jpg
岩を越えると(ポインタで変化)分水嶺に沿ってSalamander滝が壮観

 さてAngel Wingの最後の登りになるちょっと手前でおもしろい植物をみつける。名付けてモジャモジャ。(そのまんまじゃん......ヾ(・・ )ォィォィ)

grinnell_200728.jpg
grinnell_200729.jpg
モジャモジャだモジャモジャの群集だ

 ああそういえばモジャモジャといえば、「のだめカンタービレ」に出てくる劇中アニメとその組曲を思い出した。どーでもいいけどね。

grinnell_2007210.jpg
grinnell_2007212.jpg
動画でも言っているように、最初、ココがGrinnell氷河だと思った。だが更に登るのが正解。かなり急な勾配
grinnell_2007213.jpg
grinnell_2007214.jpg
Upper Grinnell湖がちょっと見える間近にSalamander氷河今回の行程ね

 立て札のある場所は休憩用ベンチとトイレもあるスペースだ。最初、ココがGrinnell氷河だと思ったのだが、あまりにも小さな氷が岩壁に張り付いているだけなので、ちょっと拍子抜けだった。しかし、まだ上に続くトレイルもあるので、さらに上に行くことにする。(後で考えれば、かつてはココまで氷河があったのかもしれない。)この最後の登りはまさに昇天しそうなカンジだった。頂に来たときはすでにかなりグロッキー。向こうからやってくるハイカーの女の子に「あともう少しよ、ガンバッテ!」とエールを送られたので、もうちょいガンバるのであった。

FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2007/08/16 13:31】 | 国立公園めぐり
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。