米国けんきゅうにっき ○工大にあるヘンな門
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今日のエントリの前に気になるニュース。

<ヒマワリ>80万本が3日間で丸裸 持ち帰り自由で…高知
11月13日10時31分配信 毎日新聞

 高知県土佐市で地元農家が育てた約80万本のヒマワリが、わずか3日間で丸裸になった。10月28日開催の「出間(いずま)沖の花・花フェスタ」の目玉で、過去2年は霜が降りる11月中旬ごろまで楽しめた。今年はフェスタ後にテレビや地元紙などで大きく取り上げられ、渋滞が発生する盛況。花は自由に持ち帰って良かったが、「これほど早くなくなるとは」と農家も困惑している。

 ヒマワリの種は稲刈り後の田約3ヘクタールにまかれ、季節外れの満開ぶりが知る人ぞ知る人気。例年同様「持ち帰り自由」としていたが、今年は大量に取る人が続出し、みるみる減少した。軽トラックの荷台に満載していく者も現れ、今月1日には取り尽くされてしまったという。今はフェスタの際に撮影した写真と「ご期待に添えない状況を申し訳なく思っております」というわび状が寂しくたたずんでいる。


 民度の低さを垣間見たな......

2007_1113_Montana.jpg さて昨夜は一晩中、風が轟音をたてていてなかなか寝付けなかった。どうやらブリザードが通り過ぎたらしい。朝には銀世界になっていたのである。時差ボケも直ったみたいなので、今日からふつうに出勤。今日はKimが原子吸光の立ち上げを行うというのでその手伝いだ。別のラボに所属する日本人のポスドクが使いたいというワケで、今日中に使えるようにした。たぶん明日には測定できるだろう。それとワタシ自身の仕事である論文書き。なかなかすすまな~い。2週間ぶりに再開したので、どの程度書き込んだか忘れてしまった。故に読み直しから始める。(途中、何度か意識を失った......)夜には上記の日本人ポスドクから電話があり、iBookが壊れたらしくアドヴァイスを求めてきた。とりあえず、HDDからかすかに異音がするので、明日まで冷やしておくことを薦める。後でとりあえずバックアップのためにCDからOSをブートさせればいいのでは?と思ったのだが、今のOSXはCDブートできるのだろうか?
 そんなカンジでまったりと今日一日は過ぎていった。午前中にオートクレーヴの講習があったり○ーズマンにメールを出してサンプルを送る日程を伝えたりと、細かいことばかり。なかなか実験を始められないねぇ......

 さてさてワタシは今年からマジメに米国でのポジションを虎視眈々と狙い始めたワケだ。現実的な路線としてundergradeのcollegeを中心に申請書をばらまいている。要求されるのはCV(履歴書のよーなもの)、Research Proposal(そのまま研究計画書)、Teaching Philosophy(教育の抱負か?)、undergrade及びgraduateの成績書、そしてcover letterである。後はだいたい3人からの推薦書を手配しなければならない。そんななかワタシは修士の成績証明書を持っていなかったため、この間の帰国の折に○工大に英文成績証明書を発行してもらいに行ってきた。

 ひさしぶりの○工大、ド田舎キャンパス。(注、10ヶ月前もある理由で訪れているのだが、重要な写真を取り忘れていた......)今回、是非このブログにその門を掲載したいと思い、忙しい中、訪れたのである。(その際に昔のボスのラボにもちゃんと訪れましたョ。突然で驚かれましたが。)まずは見よ!このセンスを!!

TIT_200711_04.jpggallows_200711.jpgTIT_200711_03.jpg
昔は断○台みたいだなと揶揄したものだが......でもなんか似てません?資源化学研究所を一望


 この門、ワタシが在学中に作られました。出来る前まではちょっとキタイしてたんだな~。で、いざ蓋を開けてみれば、ナニコレ?ってカンジだぁ。ただの四角い門ならまだしもトップの変な角度のナナメ線に赤色の配色ははっきりいってセンスを疑った、ってゆーか時空を先取りしすぎだろ!まさに断○台という第一印象がしっくりくる。こんなものを毎朝、くぐるわけだから自分のココロがダイジョ~ブか疑いたくなるわな。
 さて一番右の写真はワタシが4年生、修士、ドクターと6年間を過ごした研究所。かつては4階で暮らしていた。久しぶりに会った同期のSくん曰く、「もう資源で過ごしたのと同じくらい米国にいるね」と言われてハッとしてしまったのはナイショね(^^;)

 久しぶりのキャンパスはいろいろと新しいものが建っていて学生課を探すのに一苦労であった。でもどこが爆発したラボかわかってちょっとナチュラルハイであったのだ。

FC2blog テーマ:▼どうでもいい話 - ジャンル:日記

【2007/11/13 15:41】 | トウキョウでのできごと
トラックバック(0) |


ともみ
以前、teaching philosophy statementの書き方ワークショップみたいなものに出たことがあって、そこでマニュアル通りのスタイルで書くという不思議なジャンルの書き物だということを学んだのでした。ユニークな経験だとか、教えることについての自分ならではの考え方とかなんとかいうわりには、マニュアル化されているという点が矛盾してるなーと思ったり。
書き方サイトをご参考にされたのならきっとばっちりでしょう!

今週はずっと冷えるみたいですね。ついに冬がきてしまったようで、、。

Teaching Philosophy
cooyou
ともみさん、コメントありがとうございます。Teaching Philosophyってそーいうものなんですか!?何処かにウェブ(たしかアリゾナ大か?)で書き方みたいなサイトがあったのと、どこかの大学の先生がアワードを取ったとかいうstatementをアップしていたので、それらを参考にしましたが......

Macの修理屋さんのほう、友人に伝えておきます。彼はサンクスギビング明けに学会でそれを使うそうですが、大丈夫なのでしょうかね。

今日も妙に冷えますが、がんまりましょう!!

Mac修理屋さん
ともみ
Great FallsのMac修理屋さんの連絡先は、アップルに問い合わせれば教えてくれるはず。(電話番号もらったはずなのですが、すでに紛失してしまいました。。お役にたてずスミマセン。修理屋さんはナイスなおじさんでしたよー。)

就職活動おつかれさまです。Teaching Philosophy Statementって、実は書き方マニュアルがばっちりあって、そのフォーマットに従って書きましょうというジャンルの書き物だったりします。。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
以前、teaching philosophy statementの書き方ワークショップみたいなものに出たことがあって、そこでマニュアル通りのスタイルで書くという不思議なジャンルの書き物だということを学んだのでした。ユニークな経験だとか、教えることについての自分ならではの考え方とかなんとかいうわりには、マニュアル化されているという点が矛盾してるなーと思ったり。
書き方サイトをご参考にされたのならきっとばっちりでしょう!

今週はずっと冷えるみたいですね。ついに冬がきてしまったようで、、。
2007/11/20(Tue) 10:48 | URL  | ともみ #Qi8cNrCA[ 編集]
Teaching Philosophy
ともみさん、コメントありがとうございます。Teaching Philosophyってそーいうものなんですか!?何処かにウェブ(たしかアリゾナ大か?)で書き方みたいなサイトがあったのと、どこかの大学の先生がアワードを取ったとかいうstatementをアップしていたので、それらを参考にしましたが......

Macの修理屋さんのほう、友人に伝えておきます。彼はサンクスギビング明けに学会でそれを使うそうですが、大丈夫なのでしょうかね。

今日も妙に冷えますが、がんまりましょう!!
2007/11/20(Tue) 10:19 | URL  | cooyou #GH1R4l52[ 編集]
Mac修理屋さん
Great FallsのMac修理屋さんの連絡先は、アップルに問い合わせれば教えてくれるはず。(電話番号もらったはずなのですが、すでに紛失してしまいました。。お役にたてずスミマセン。修理屋さんはナイスなおじさんでしたよー。)

就職活動おつかれさまです。Teaching Philosophy Statementって、実は書き方マニュアルがばっちりあって、そのフォーマットに従って書きましょうというジャンルの書き物だったりします。。
2007/11/20(Tue) 10:12 | URL  | ともみ #Qi8cNrCA[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。