米国けんきゅうにっき クリスマスはカツ丼だぁぁああああ~
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
 昨日はこっちではクリスマスという休日だったので、ゆっくり休むことのしていた。イブの夜に揚げたトンカツを利用して昼はカツ丼、夜はヒレカツ定食をクリスマスツリーを背景に、そして赤系のサンタ色の服を着て食した。当然、ビールやワインなどのアルコールも飲み、非常にただれた一日であった。そんな昨日とはうってかわって、今日は朝からラボに参上。ランチボックスにカツを携えてである。(一体、何枚揚げたのかはナイショである。)

 さて今日はなにを書こうかなと思ったのだが、コレと言って事件もナイ。日本のみなさんもクリスマスから年末年始という時期で殺気だっているハズ。ラボの方は隣のラボのイーさんと同僚のDalia、そしてFくんが居るだけだ。とりあえず休み明けのスターターとしてMポンがおいていったサンプルの同定を始めることにしたのである。といってもイブの日にBCAとBiuret法を行ったので、今日は原子吸光と無機硫黄の定量だけだが。明日はその無機硫黄の定量の続きとできれば酵素活性の測定を行う。そして28日からちょいとマジに実験を始めることにしよう、そうしよう。

 ところで先週ハジメに○ーズマンが再び、出現した。(Fくんにまたアレルギーが出ないか心配だ......)ワレワレは拉致られ、またGallatin Gateway近くのレストランに連行される。○ーズマンはココが大のお気に入りなのか、彼と来るのは2回目だ。できればLoganのステーキレストランに行きたかったのだが......じつわこの日の前日にもうちのボスと他、数名とともにAle Worksで夕食をともにし、そこではマヒマヒのサンドウィッチを頼んだのだ。そしてここではナニを血迷ったのかまたまた白身魚の変なムニエルを頼んでしまった。○ーズマンFくん、Mポンは肉系をオーダーしたにもかかわらずだ!!(まあFクンはちょっと哀しい究極サンドウィッチがやってきたのだが......)しかもワタシがオーダーしたそのディシュ、へんな付け合わせがあった。見た目はたくあんなのだが、味はゴム。噛んでいる最中にだんだん気分が悪くなってきたのである......でも○ーズマン、お世話になったとかで奢ってくださいました。感謝です<(_ _)>

 しか~し、ステーキが喰いて~!!

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2007/12/26 12:14】 | 生活
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック