米国けんきゅうにっき ミネソタからの来訪
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 先週の出来事になるのだが......ミネソタ大学から特別講演ということで無機化学の先生がいらっしゃった。実はこの先生とは顔見知りだ。というのはモンタナに来る前にMSU以外、2箇所からポスドクのオファをもらったのだ。そのウチの一つがカレの研究室。さすがに忘れているかと思われたが、会ったとたんに思い出したらしく、ひさしぶりみたいな声をかけられた。(ボスのDaveと話しているときもワタシの話題になり、冗談で"cooyouはダークサイドに進んでしまった"みたいなことを言っていたな......)そのあと同僚のDaliaとその先生とともに昼食をとり、そのあと簡単なディスカッション、講演と続いたのである。講演内容は銅の硫黄配位子を含む錯体。ワタシが研究している酵素の活性部位をターゲットとしたモデル化合物についてだ。どうやら最終的には機能的なモデルを目指しているらしく、質疑応答の場でその辺を聞いてみた。まあ知人が訪れるのは喜ばしいことだし、それにこういった有名な先生から錯体のお話を聞けるというのはココの学生にとってもなかなか刺激になると思う。

 この講演は水曜だったのだが、木曜日は経過報告。なんだか先月も経過報告書をDaveに出していたので、しゃべることが多くなったのだが、経過報告の雰囲気が”早く済ませろ”的だったのでなるべくちゃっちゃとする。でも日本でもそうだったけど、ワタシはいつもそんなカンジだったので、ちゃんと要点を伝えられていない様な気がしていた。のだが、翌日にDaveにナゼか誉められた。でも自分の中に残る不安は払拭できないのだよね~。

 金曜日は今度はリクルーター役をやらされた。来セミスタの新入生候補の相手だ。ジムでポスターセッションが開催され、そこで2時間ほど拘束される。(まあフリーランチが出たけど。)2人ほど話を聴いてくれた娘がいた。でもおしなべて生化学というより、環境学やら分子生物学に興味のある人たちが多かった様な気がする。

 ボスが来週から日本に行く。講演だ。内容はワタシの研究成果を話すということなので、スライドのアウトラインを話し合った。ついでに昨年からずっとかかりっきりの論文についても、その解釈を議論していたのだが、昨日から風邪を引いていたせいか、とんちんかんなことしか思いつかない。少し休息が必要なのかねぇ。

 昨日、日本にサンプルを送ったのだがシッピングスリップが無くなったと某フェデックスから連絡がきた。そういうわけで、パッケージ(今はメンフィスにある)を回収することになったのだ。ああ、アタマにくる~。だいたいどー扱ったらスリップが無くなるんだ!とやり場のない怒りにとらわれているところだ。(風邪を引いているのもわをかけているのだろうね......)

 まあこんなカンジでこれまでは過ぎ去った。いい加減、雪やまね~かな?

FC2blog テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:海外情報

【2008/03/04 07:52】 | 研究
トラックバック(0) |


Fumihiro
あーしまった!
月曜の朝のミーティング、完全に忘れていました。ごめんなさい。
まあ、どっちにしろ僕の研究結果はまだ外に出すのはPreliminaryすぎるので、
僕がいなくても関係なかったですかね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
あーしまった!
月曜の朝のミーティング、完全に忘れていました。ごめんなさい。
まあ、どっちにしろ僕の研究結果はまだ外に出すのはPreliminaryすぎるので、
僕がいなくても関係なかったですかね。
2008/03/05(Wed) 00:18 | URL  | Fumihiro #HfMzn2gY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。