米国けんきゅうにっき ナチュラルブリッジ
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 さっき郵便局に切手を買いにいこうと思い、クルマを走らせた。で、いざ自販機(郵便局内に設置してあり、カウンタがあいてない時間での利用できる)の前にたつと、なにやらメッセージが......スタンプの販売が現在、出来ません、と書いてあるのじゃ!これを知っていればラボに切手の買い置きがあるので、自宅からより近いラボに立ち寄ってから郵便局に行ったのにぃ~\(*`∧´)/と思ったワケ。まあ未だに米国の生活に慣れてない部分があるんだな~と改めて思う。(公共サービスに過度の期待をしてはイケナイとゆーことね)

 さて今夏のYellowstoneはもう一つ、トレイルを歩いた。Bridge BayとゆーYellowstone湖畔のヨットマリーナのあるビレッジから出ているトレイルだ。往復で約3マイル(4.8キロ)なのでお手軽なトレイルだ。

n_bridge2008_0803_122423.jpg
n_bridge2008_0803_114326.jpgn_bridge2008_0803_114335.jpg
Bridge Bayにはボートがいっぱい下から見るとこんなカンジ橋の向こうにヒトが......
n_bridge2008_0803_115320.jpgn_bridge2008_0803_115559.jpgn_bridge2008_0803_115757.jpg
上にくると結構、高いで、結構コワイワタシは橋のまんなかにいきませんでした


 この辺もクマ出没地域なのだが、まだまだこの時期は野生どーぶつをなめていたと思うね。それでもヒトが少ない時間だったせいか、静かすぎて結構、こわかった。だいたい小一時間くらい歩いただろーか?上の写真のようにNatural Bridgeが現れる。写真だとあんまり大きさがわからないんだけど、意外と大きい。特に右上の写真をみればわかると思うけど、橋の向こうにオジサンがいるよね?まあコレからスケールを想像してくれい。下から見上げるとあんまり高さを感じないのだが、上に登ってみるとずいぶん違う。50フィート(15メートル)ということだけど、もっと高かった気がするな。まあ、落ちたら重傷だとは思うよ。

 ワタシの手元にある"A Ranger's Guide to Yellowstone Day Hikes"という本のp91-93によるとこの石橋は14万年前の噴火による溶岩でできているんだそーだ。そして小川の流れが溶岩の亀裂に入り込み、それが冬の凍結による膨張ですこしづつ亀裂を押し広げる。そんな数万年もの繰り返しが最後にこのようなアーチを造ったのだそーだ。ついでに橋の上に立つなと書かれているな......(^^;)
 もう一つおもしろいことに、下段の真ん中の写真で橋の上に木が生えているのがわかるよね?これはトウヒの木(エゾマツのなかま)なんだこーだが、このような木が石の上のようなほとんど土のないところで生えているなんて興味深い!と書かれていた。行った時はまったく気がつかなかったけど、確かにそうだな~とは思った。でもワタシは橋の上には行かなかったけど、見る限りは橋の上はなんだか土っぽいもので覆われてもいたけどね。

FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2008/10/04 14:33】 | 国立公園めぐり
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。