米国けんきゅうにっき 夏のティトン、三度
FC2ブログ
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
 昨日はドカ雪が降った。部屋の前なんかは雪のバリゲードみたいなのが堆く積もっていた。そんな中、同じデパートメントの日本人ポスドクと食事をすることになっていた。集合場所がラボだったことと、うっかり食材を買い置きしておくのも忘れたので、試しにクルマでラボまで行ってみることに......いや~、危険この上ないですね~。ってゆーかまず氷点下20℃とゆーことで、全くエンジンがかからんのよ。まあ1週間ぶりにエンジンに火を入れたんだけどね。10回くらいかけ直して、やっと始動するも、10分以上暖気してもいっこうに水温のゲージが真ん中まで来ないんだよね。とりあえずラボまで行って、彼と合流したあとに、John曰く、"モンタナ一のバーガーレストラン"に行くことに。個人的にはここまで雪が降っていると、さすがに無理なんじゃないと進言したのだが、彼はどーしても行きたかったらしい(ちなみにワタシのクルマはセダンなので、間違いなく、こんな雪ではBozemanの外に出るのはムリ)。まあレストランの食事はおいしかったけど、改めて冬のモンタナという自然の猛威に圧倒されますた。

 さてそんな日曜日の朝も相変わらず氷点下24℃の極寒地獄。まあ晴れているので、見た目は暖かそうなんだけど......そんな意気消沈気味の風景とはオサラバして、ここでは夏のティトンの写真でもアップしよう!

2008_teton01.jpg2008_teton02.jpg2008_teton03.jpg
Moranの見えるあたりJenny Lake


 以前もどこかで書いたのだが、ワタシはTetonの風景が好きだ。その美しさはオレゴンのCrater Lakeと双璧をなすと思う(少なくともワタシが行ったことのある国立公園のなかで)。もちろんそれぞれの公園にはそれぞれの特徴的な美しさがあるのだけれども、Tetonはまるで絵画から飛び出してきたような光景を目の当たりにしたように錯覚してしまう。

teton_panorama01.jpg
teton_panorama02.jpg


 上のパノラマはそれぞれ左からMoran山を望む場所から、公園北口近くの湖からだ。特に湖が凪いでいたおかげでTeton連峰の姿が綺麗に湖面に映っていた。この間のHermitage Pointなんかも風とかがなければ、それは綺麗に連山が湖面に映し出されていただろうと思われるが、まああんだけボートが行き交っているんじゃ、かなわぬ願いかね。

FC2blog テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:海外情報

【2008/12/14 12:18】 | 国立公園めぐり
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック