米国けんきゅうにっき Taggart湖とBradley湖
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Taggart_lake_trailhead.jpg 正月2日目。ここモンタナでは振り替え休日ということで大学は休みだ。気温も8℃まで上がって陽射しもさしているのだが、ものすごい風。あんまり外に出たくないお天気だな。そんなカンジで部屋でウダウダしているとメールが来た。この間、スノーチェーンをオーダーしたリセラーからだ。なんでも注文品がバックオーダーだとか。で届くのは4週間以内になるだろうと。マジかよ、これならAmazon.comでオーダーするのと同じじゃん!しかも$20ほど安いときてる。ただAmazon.comは品物がないとマジで放置されるからなぁ~。

 さて本年、2回目のエントリは景気良く昨夏にTetonに行ったときの写真を掲載だ。場所はGrand Tetonでも人気のトレイル、Taggart Lakeトレイルだ。登りもそんなにきつくなく、Teton連峰の雄姿を楽しみながら歩くことのできるトレイルで初心者にもオススメ(と地球の迷い方には書かれている)。私たちが歩いたのは下の地図の赤線と緑線の往復路。それなりの数のトレイルが縦横無尽に森の中を縫っているので、チョイスはいろいろだ。まあ今回の踏破距離は4.7マイル(約7.5キロ)だ。

Taggart_Bradley_map.jpgTaggart_lake_trailhead_01.jpgTaggart_lake_trailhead_02.jpg
今回の道のりねトレイルヘッドの様子少し行くと分かれ道
Taggart_lake_trailhead_03.jpgTaggart_lake_trailhead_04.jpgTaggart_lake_trailhead_05.jpg
クリークが涼しそうな音をたてているTeton連山の雄姿だねTaggart湖が見えてきた


 2つの湖畔を通るトレイルなのだが、Taggart湖とBradley湖にはちょっと高低差がある。前者は6900フィート(2100メートル)、後者は7000フィート(2130メートル)だ。数値的には大したことはないのだけど、個人的にはTaggart湖からBradley湖に向かうトレイルはスティーピィだった気がするなぁ......

Taggart_lake_trailhead_07.jpgTaggart_lake_trailhead_08.jpgTaggart_lake_trailhead_09.jpg
Bradley湖ね畔にある岩の上で昼食湖には小魚が
Taggart_lake_trailhead_10.jpgTaggart_lake_trailhead_11.jpgTaggart_lake_trailhead_12.jpg
お次はTaggart湖に向かうTaggart湖畔


 選んだトレイルのため、往路ではTaggart湖は遠くに見える程度で、高い方にあるBradley湖にまずはたどり着く。ちょうど良い岩場を湖畔に見つけたので、ここで昼食。実はGlacierのAvalanche湖の体験のため、食事中はかなりクマに警戒するようになった(当然、このときはクマスプレーを携帯していたのだが......)まあこのトレイルは人気があるみたいで、しばしば人が通っていったけどね。

 この岩場でしばらく休憩した後に、今度は復路でTaggart湖を目指す。今度は下りなのだが距離がちょっと多いのだ。Taggart湖畔には結構な人数の人たちが休憩していた。まあここまでくればクマのような野生動物は近づくこともあるまい。しばらくTetonの雄姿を堪能して帰路に。

 このトレイルは風景がすばらしいの一言だ。もし時間があるようでしたら、歩いてみることをオススメいたします。

FC2blog テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:海外情報

【2009/01/02 12:16】 | 国立公園めぐり
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。